通訳ガイド当校合格者真野 治子さん
2006年11月開講受講生
2007年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

私の学生時代は今のように留学が盛んではなかった為、諦めて会話学校に通って勉強していました。結婚して子育てもひと段落した頃に英語を使って仕事をしたいと思い、まず塾で小・中学生に英語を、次に日本語講師として外国人に日本語を教えました。この頃海外からの友人と一緒に歌舞伎を観たり都内を案内したりする機会があり、とても楽しかった経験から、いつかは通訳ガイドになりたいと思うようになりました。2000年に何の準備もしないで一次試験を受験してみましたが、全くお手上げの状態でした。一体どうしたらこの難問を解けるようになるのかしら?と新聞広告を見て富士アカデミーの説明会に参加しました。この時知念先生の温厚なお人柄に触れ、「勉強するなら絶対富士アカデミー!」と学校だけは決めました。ただ好きな英語だけではなく苦手な社会科も勉強しなければばらないし、何より自分自身に投資する決心がなかなかつきませんでした。子供の学費でしたら惜しまないのですが・・・親類・友人などから「やってみたら?」と背中を押して貰い、やっと決心して2007年11月に申し込みに行きました。受付のスタッフの方に「このトシでも大丈夫ですか?」と質問しましたが、実際授業に出席してみると同年齢の方々が活き活きと楽しそうに勉強しておられ、心配は吹き飛びました。

1.1次試験英語対策

私には単語の暗記が一番苦手でした。最初の3ヶ月は毎回の授業までに単語・熟語・時事単語をMDに録音して犬の散歩をしながら聴きました。これはとても有効でしたが次第に録音する時間が取れなくなり、挫折しました。単語には最後まで苦労しました。精読英文は必ず予習し、時間が無い時は単語調べと全体の流れをつかんで出席しました。題材は政治・経済に関する英文が多く内容がかなり高度でしたが、お陰で本番の試験問題が簡単に感じられました。毎回の小テスト・英作文、毎月の模擬試験をただこなすだけでしたが、振り返ってみると知らず知らずに難問に取り組む姿勢がついていたのだと思います。一次試験では、間違ってもいいからとにかく思い付く事を出来るだけ沢山書きました。

2.1次試験社会科対策

社会科は授業の後に復習し、日本史は山川の教科書を中心に、地理は白地図を使って何回も繰り返し覚えました。一般常識は過去問を解くと共に新聞の政治・経済欄に興味を持つようにしました。試験直前は少しでも点数が取れるように授業中に頂いた1問1答を復習しました。

3.2次試験対策

1次試験に全く自信が無く、オプショナルの2次対策クラスを受講していなかったので、合格通知を受け取ったものの「どうしよう?2週間しか無い!」と焦りました。すぐに富士に電話してセミ・プライベートのクラスを予約し、毎日通いました。実践に即した外人講師の授業を受けたお陰で、本番もそれほどあがらずに答える事が出来ました。

4.これから受験される方へのアドバイス

とにかく諦めないで教材をコツコツ勉強する事だと思います。模試の結果が悪くても復習でカバーすれば良いのでは?

5.富士のよかったところ

何よりも学費がリーズナブルで良心的であること。先生方はじめスタッフの皆さんが親身になって応援してくださること。
知念先生の授業はご熱心のあまり常に30分延長します!