通訳ガイド当校合格者大内 永子さん
2006年11月開講受講生
2007年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

中学・高校を通じて外国の演劇・映画が好きでその延長で大学は英文科へ。卒業後は貿易会社、旅行会社で働きましたが、会社で使う英語は書類を読めればO.Kの単純な英語で日々英語力は低下しつつある自分にあせりを感じていました。そんな時知人があるイベントを企画し、海外のお客様(画家)のアテンドを頼まれ、気軽に引き受けてしまったのがそもそもの動機につながります。結果を言うと、私はその方の通訳をするはめになり、その方はロシアの方で英語が母国語でないためか、私の英語力がひどかったためなのか、うまく通訳が出来ず、とてもくやしい思いと自分がはがゆく、穴があったら隠れてしまいたい非常にはずかしい思いだけが残りました。その後このような場面で常々と相手の言うことを適格に英語になおして伝えられるようになりたいという思いが強くなり、富士通訳アカデミーの門をたたくことになりました。

1.1次試験英語対策

単熟語集は授業の前には必ず暗記して頭に入るよう文章にして覚えました。精読用の中に見つけた違う意味や使いまわしは単語集の余白に小さく書いていたので、文や字だらけになってしまいました。時事単語集も日本文化に関する言葉をいろいろな英語雑誌、英字新聞(アサヒウィークリー)から時間があるときピックアップして余白に書き込み一緒に覚えるようにしました。精読用英文は必ず予習をして自分の出来なかった所を赤でチェックし、その授業が終わった後1回、その後テープをかりてもう1回、模擬テストのときもう1回復習してようやく頭に英語のいい回しが入るように思いました。受かった年と受からなかった年をくらべると復習に重点をおいて、文法(中学時代の)を見直し、二重否定や部分否定の構文を常にやっていたのでそれが合格につがったのだと思います。

2.1次試験社会科対策

社会科で1番苦手なのが日本の歴史でした。山川の日本史の教科書をただ読んでいても眠くなってしまうので本屋に行き山川出版の問題集、流れがわかる日本史Bテーマ史ノート、30日完成スピードマスター日本文化史問題集、30日完成日本史問題集、流れがわかる日本史Bノート、の4冊の問題集を買い教科書と併用してやりました。4冊とも視点がちがうのでとても勉強になりました。地理と一般常識は富士アカデミーの教材プラス新聞を読み過去問を勉強しました。

3.2次試験対策

1次合格がわかってからはたった2週間しか時間の余裕がないので、富士アカデミーのクラスにできるだけ毎日出席するのが一番有効だと思います。一人一人に細かい点もフィードバックして下さり、とても勉強になります。実際の試験では、こんなこと全然勉強しなかったぞ、という質問もバンバン聞かれるので、日頃からこんなこと聞かれたらこう答えよう・・・と用意しておくのがいいと思いました。

4.これから受験される方へのアドバイス

国土交通省の“ようこそJapan”キャンペーンのおかげか数年前より合格率が上がり問題も素直になってきているので、合格しやすい状況になっています。あきらめずに教材と富士アカデミーの先生を信じて勉強すれば合格する日は必ず来ると思います。

5.富士のよかったところ

少数制のクラスと毎回来て良かった(勉強になったという意味)と思えるタイムリーな教材と、すばらしい先生方。先生と生徒の距離が近くきめ細かい授業。2次対策も模擬インタビューを毎回本番さながらに行って下さるので、本番ではあがらずに落ち着いて自分の持っているものを出すことができます。