通訳ガイド当校合格者神保 よう子さん
2006年11月開講受講生
2007年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

英語をレベルアップしたいと思い富士アカデミーに入学しました。大学3年でボストン大学3年に編入し4年の夏帰国しました。大学卒業後は日本の航空会社及び欧州系の航空会社に勤務しました。主人の転勤でローマに3年滞在した折には、イタリア語を学びました。帰国後は英会話の講師、外資系企業のリロケーションの仕事などしておりました。

1.1次試験英語対策

単語集は見ているだけでは覚えられないので、辞書で例文などを調べ、センテンスの中で覚えるようにしました。覚えた単語をニュースで聞いたり小説で読む事で、定着したように思います。模擬試験の前には精読用英文の復習をしました。本試験の前にも富士の単語集、時事単語集、精読用英文、観光用語集の復習だけをしました。

2.1次試験社会科対策

社会はどの教科も大変でした。高校では世界史選択だったので高校レベルの日本史は初めてで時間がかかりました。山川の日本史を簡単にノートにまとめながら一回読むのに数ヶ月かかりました。二回目を読み終わったところで一次試験の日が来てしまいました。時間はかかりましたが自分でノートにまとめた事で覚える事が出来ました。地理は、まず地図帳で河川、湖、山脈、国立公園を赤ペンで書き込みながら勉強しました。その後白地図でもう一度知識の確認のため勉強して万全の備えで受験しましたが今年は温泉などわからない事がたくさん出題されて頭が真っ白になってしまいました。しかし国立公園など富士のテキストで勉強した事などで合格点がとれたと思います。

3.2次試験対策

一次試験が終了してすぐ二次対策に切り替えました。通常のクラスだけでなくオプショナルの二次対策クラスも続けてとりました。英語ではなく内容が問題という事がわかり二次対策のテキストを分かりやすくまとめました。授業に出席するうちに何となく慣れてコツもつかんで短時間に答を組み立てられるようになりました。時間を掛けただけ自信につながるのでたくさん授業をとられることをお勧めします。

4.これから受験される方へのアドバイス

一人では、出来ないことも、一緒に勉強する仲間、親身になって心配して指導してくださる先生方、親切なスタッフの方々のお蔭で続けられたと思います。勉強が出来る事に感謝して努力してください。 

5.富士のよかったところ

勉強量が膨大です。テキストのレベルが高い。英語を学ぶだけでなく、内容を理解するための知識 英米人の考え方も学べる。先生方がとても親切。親身になって相談にのってくださる。ネイテイブの先生のレベルも高い。
丁寧な上品な英語が学べる。