通訳ガイド当校合格者今井 寿美子さん
2008年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

通訳ガイドという仕事の存在は、かなり前から知っておりましたが、結婚後、夫の海外留学や勤務(共に英語圏)に付いて行っており、この試験を受けてみようという意欲も時間もありませんでした。日本に帰国してから滞在中にできたイギリス人やアメリカ人の友人達が来日する事が何度かありました。その度に案内を買って出たものの、何一つまともな説明が出来ませんでした。彼らは訪日の前に、日本についての案内書を読破してきており、基本的知識はしっかり持っているのに、きちんと英語で説明出来ない事に冷や汗をかいておりました。この経験が通訳案内士試験を受けてみようと思い立った直接の理由です。少し会話が出来る事と、日本の文化・歴史・社会制度等々をきちんとした英語で説明出来る事とは全く別物であることが分りました。そして、富士アカデミーという学校を知り、説明会に出向いて、考え抜かれた学校のシステムと知念先生のお人柄に触れ、ぜひここで勉強してみたいと思うようになりました。

1.1次試験英語対策

いざ通学し始めると、富士アカデミーの授業内容の質の高さと教材の量に驚かされました。単語・熟語・時事単語をきちんと覚えて授業に臨む事はもちろんですし(あたってしまうのでやらざるを得ません)、精読用英文は毎回知念先生がタイムやエコノミスト等々からその時にマッチした格調高いものが選ばれており、英語力向上のみならず、内容もとても興味深いものでした。予習していった自分の和訳は、知念先生のこなれた日本語に及ぶべくもありませんが、この予習と復習を繰り返す事で、確実に力がついたように思います。毎日の精読用英文、小テストの内容も月1回の模試に出題されるので、やりっ放しではよくない、良く考え抜かれたシステムである事が良く分ります。余裕があれば、Japan times等々の英字新聞に目を通す事も力になるでしょうが、一次試験についてはこの富士の教材を丁寧に学習していけば、十分だと思います。

2.1次試験社会科対策

社会科は、富士アカデミーの社会科講習を受けただけで、自分で特別に何かをやった(時間的余裕もなかったのが実情ですが)記憶はありません。歴史は山川の教科書にさっと目を通しながら、富士の授業を受けてリストアップしてくれた大切なポイントを重点的に学習しました。地理はやはり白地図を利用し、河川・山脈・湖等々を頭に入れていきました。温泉は苦手でしたが、ここはしっかりやっておく方がよい思います。一般常識については過去問と富士のまとめプリントをやりました。
その他に、毎日意識して新聞2紙に目を通すようにしていました。知念先生から「毎日自分から意識してニュースに接する事できちんと記憶も定着するし、新しい疑問も出て来るので、日頃からあらゆる分野のことに自分でアンテナを張って下さい」とアドバイスがありました。その事が後々、二次対策にもつながり、良い結果を生んでくれたものと思っています。

3.2次試験対策

富士アカデミーの二次対策も対策も大変充実していました。前もって教材プリントは配布されて、その内容をきちんと学習していき、当日その内容について先生から質問されるものでした。先生方により多少の違いはありましたが、当日のtopicsは決まっているものの、何をどんな風に聞かれるか当日その場まで分らないという緊張感は毎回とても新鮮でした。プロパー先生、リーチ先生にはとてもお世話になりました。プロパー先生は滞日年数も長く、日本についてのみならず様々な分野(映画・音楽・絵画等々)についての造詣も深い方でいらっしゃるので、どんな質問にも的確に答えて下さいました。リーチ先生は、生徒の答を辛抱強く待ってくれるので、こちらも焦ることなく自分の考えをまとめる事が出来ました。直前対策のセミプライベートレッスンでは少人数でのモックインタビューを1人ずつ練習するもので、他の人の答えを聞く事も大変参考になりました。最後に評価シートを頂けるので自分の改善すべき点も良く分りました。先輩方の二次レポートも、実際の面接を想像できるのでとても有意義でした。これから受験される方は過去問や二次対策の教科書にある質問について自分なりの答えをまとめて書いてみる事も効果があります。

4.これから受験される方へのアドバイス

この試験への準備を通して日本文化・歴史・習慣等々、日本人としてのアイデンティティを支えるものの大切さを学びました。若い頃、外国にばかり向いていた目が日本そのものに向けられ、現在も学んでいく事の多い日々です。私達日本人はとても誇らしい文化を持っている事にもっと自信を持ちたいと思いました。そしてもう一つ、マリナーズのイチローさん、知念先生の言葉ですが、「大きな目標を達成するには、目の前の1つ1つを確実に実行していく事が大切だ」というものがあります。この事も、この試験を通じて改めて実感している次第です。

5.富士のよかったところ

(1)一次試験用の教材・授業の質の高さとその量
(2)参加出来なかった授業の振り替えが出来、それもダメならCDも借りられる2重3重にサポートしてくれるシステム
(3)その手厚いシステムの割にリーズナブルな授業料
(4)知念先生はじめ山中先生・外国人講師の先生方・事務の方々の受講生に対する温かいサポートシステム
(特に知念先生のお人柄には誰もが感激します)
(5)二次対策・直前クラスを担当してくれる外国人講師の国々が多彩で色々な英語に触れられる事