通訳ガイド当校合格者桐田あかねさん
2008年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

結婚退職後、時間ができたので以前からやりたかった英語の勉強をはじめ、その過程で通訳ガイドの資格を知りました。海外旅行に行った折に添乗員さんや現地ガイドの方のお世話になり印象に残ったこと、外国人の方とコミュニケートする新鮮さと大好きな旅のミックス、いつかできたらな・・と思いました。
その後、妊娠、出産を二回繰り返しましたが細々と勉強を続け、やり直し英語5年目に富士通訳ガイドアカデミー大阪校の説明会に行き、入校しました。そこから通訳ガイド試験用の勉強を始め、その年になんとか一次合格。
二次は一度目は失敗しましたが、翌年合格することができました。

1.1次試験英語対策

富士アカデミーの説明会に参加するまでは過去問すら見たことがなく、最初に見たときには日本関連の単語や英作文に面食らいました。その後、過去問を手に入れ、解いてみたところ難解でとても合格ラインに達するとは思えませんでした。
富士でいただいた単語集も難しく、青ざめたものです。
結局、単語テストに合わせて単語を覚えること、精読プリントの予習、復習、それから普段の英語の勉強で乗り切りました。

2.1次試験社会科対策

知念先生が教えてくださるポイントをしっかりマークすること。
歴史は山川の日本史の教科書を精読しました。
地理は白地図に書き込んだり、コピーして部屋に貼るなどしていました。
一般常識はあまり対策できなかったのですが、テキストがよくまとまっていたので繰り返し読み返しました。

3.2次試験対策

実は一年目は一次の出来が悪かったことから不合格を確信し、二次向けの勉強に手をつけずに過ごしてしまいました。
思わぬ一次合格通知を見て、あせって詰め込みましたが不合格。二年目は夏までに『英語で話す「日本」Q&A』などの本を読み、秋からネイティブの先生と話す機会を作り、直前は面接コースを取りました。実際に話そうとすると、自分だけの勉強ではイメージできなかったことに遭遇するので、なるべく面接練習はした方がいいと思います。

4.これから受験される方へのアドバイス

ある程度の量の勉強は必要なので、あきらめずに続けること。
一年に一回の試験なのでプレッシャーがかかるときもあるかもしれませんが、今から思えば無駄なことはないと思います。
より深く学べる機会だと考えればいいかもしれません。

5.富士のよかったところ

良心的な受講料。アットホーム。
卒業生や元受講生に対して恩恵があること。
卒業後も研修等、次へつなげてくれること。