通訳ガイド当校合格者中村 千榮子さん
2008年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

ある航空会社の客室乗務員を経て、数年後、夫の大使館勤務に伴い、海外に住む。
自分の心の支えとなる何か資格が欲しかった。

1.1次試験英語対策

授業は毎回、富士アカデミーの単熟語集に基き一人一人を指名し、単語の意味を確認させることによって始まるが、これは単語を正確に覚えるのにとても役立った。その後、授業は英文精読・小テストから成り、小テストでは最新のニュースや、幅広いトピックス・英作文・時事単語・リスニング(ディクテイション)から構成されていて、これらすべて英語力をつけるのには大切で効率的であった。これらの教材にいかに真剣に取り組むかが成功の鍵だと思う。
また、ストーリーのある文章を多読することもお薦めする。

2.1次試験社会科対策

日本史:高校では世界史を選択していたので、日本史はゼロからのスタートだった。山川出版社の日本史は覚えることが多かったが、面白かった。詳しい年表をを横に置きながら読み進め、時には年表に書き込みながら時代や事象の関係を整理し、理解に努めた。
地理:富士アカデミーの白地図帳をベースに勉強。"なるほど日本知図帳"(昭文社)でいちいち場所を確認し、行ったことのある場所は思い出をたどりながら楽しく覚えた。また、この白地図帳にもより詳細な事項を追加書き込みし、自分の地理帳にし、まるごと覚えた。
一般常識:富士アカデミーの社会科テキストに加えて、就職試験用の参考書を買い求めて勉強。 試験直前には模擬テスト問題・過去問題を復習。

3.2次試験対策

オプションの2次対策クラスは入校以来、殆ど出席(週1回)。2次試験直前のセミプライベートクラスでは、模擬インタビューの後で各項目ごとにレベルが託されたevaluation listが渡されるので、そういうところが自分は弱いか、注意すべきところが分かりとても役に立った。
面接では問われそうな質問を予想し、自分なりの答えをノートに書いた。答えはオーハラ先生に教わったintroduction、fact-fact-punch line 方式でやると、よくまとまった。

4.これから受験される方へのアドバイス

英語・地理・日本史・一般常識、全てに言えることは疑問に思ったことは何であれ、納得いくまで調べて理解することが大事だと思う。特に英語は電子辞書でいつも調べるようにした。

5.富士のよかったところ

(1)まず、知念先生の日本語訳がすばらしい。また、生徒を合格させてあげようという熱意が感じられた。授業中、時に励ましをまじえて進められ、途中辞めようと思った時も続けられた。
(2)教室ではお互いに顔見知りになり、友達もでき刺激しあって励みになった。独学では合格できなかったと思う。富士で知り合えた仲間は今後も大切にしていきたいと思う。
(3)出席日が都合悪いときは変更でき、欠席すれば授業のテープを借りられるなど便宜が計られ、他にも柔軟性がある。
(4)富士に通い始めて以来、社会や経済の動きなどに一主婦であった私が、強く関心を持つようになり、また日本という国・文化・伝統を再認識し、広く地域を深めることができ、視野が広がったと思う。
(5)知念先生、岩淵先生、ブラウン先生、オーハラ先生、デビット先生、プロパー先生、タントラム先生など皆様印象深く、懐しく、良きご指導を仰ぐことができ、心より感謝しています。
また、カウンターのスタッフの皆様もご親切で、大変お世話になりました。
合格できましたのも、富士アカデミーの御蔭、皆様の御蔭!