通訳ガイド当校合格者高島 ゆう子さん
2008年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

20代の4年ほど、カナダで旅行関係の仕事をしていました。帰国後、一旦は日本語教師を目指し、資格も取得したのですが、残念ながらその仕事一本で食べていくことは難しく断念。英会話講師に転向して、数年前からは小学校で英語を教えています。中学校とは異なり、異言語でコミュニケーションをとることの楽しさを伝えることができる小学校での英語指導の仕事に、大変やり甲斐を感じておりました。
そんな私に転機が訪れたのは、昨年(2008年)の3月。カンボジア旅行に行った時のことです。実は、通訳案内士の仕事には、カナダに行く前から興味をもっておりました。帰国後、一度学校説明会に参加したこともありますが、難易度の割には仕事につながらないと聞いて、諦めていました。しかし、アンコールワットで出会った現地ガイドさんの仕事ぶり、堪能な語学力はもちろんですが、ツアーを盛り上げるエンターテイナーとしての能力と気配り、そして何よりも、自国の「美」を案内し語る、その誇らしげな様子を見ていて、「やはり私もこの仕事がしたい...」と強く思い、旅行から戻った翌日、その勢いで(苦笑)入学申し込みをしました。

1.1次試験英語対策

正直、入学した当初は、まさか5ヶ月で受かるとは思っていませんでした。「今年の受験はお試しで...」くらいに考えていたのですが、1、2ヶ月経つうちに、最初はお手上げ状態だった授業中の課題にだんだん手が出せるようになってきて、そうなると持ち前の負けん気がむくむくと頭をもたげ、「ここはひとつ攻めの姿勢で行かねば!」とその年の試験に焦点を合わせた勉強を始めました。

2.1次試験社会科対策

私は地理が免除でしたので、歴史と一般常識を受験しました。歴史はもともと好きでしたので、大学受験の時に作った整理ノートを引っ張り出してきて、それを復習しました。強いて言えば、もう少し写真教材を見ておくべきだったと思います。
一般常識は、付け焼刃の対策が最も難しい科目だと思います。昨年開催された洞爺湖サミットなど、時事的なものに関連することも調べ覚えましたが、ことごとくはずしてしまいました。英語の勉強と平行して、日ごろからニュースはもちろん、いろいろなものにアンテナをはっておくことが重要だと思います。

3.2次試験対策

やはり、面接試験攻略には慣れが一番重要だと思います。私は、1次試験後の2次対策用の講座と、直前対策の授業を2回受講しました。特に直前対策は受講料が大変リーズナブルで、仕事帰りに立ち寄れる場所に住んでいたならもっと取りたかったです。発音も含めて、いろいろなタイプの先生に慣れた方が良いと思ったので、できるだけ毎回違う先生の授業を取らせていただきました。先生も受講されている方々とも初対面で、毎回とても緊張しましたが、それが良い経験になったと思っています。
知っていることも英語で説明するとなると難しいものです。その辺りの練習も重要ですが、数回授業を取るうちに、私は都内の地理も含めて日本文化全般に対する知識が不足していることに気づかされ、 日本の文化を紹介する本を図書館で借りてきて、まず日本語の説明の部分を集中的に読みました。 どうしても英語力の方に気をとられがちですが、どんなに語学力があっても、語る中身をもたなければただの空の容器に過ぎないと思い、まずはその容器を満たすことを心がけました。

4.これから受験される方へのアドバイス

アドバイスなんて偉そうなことはとてもとても。
ただ、一つ言えるのは、もし実際に通訳案内士のお仕事をされたいとお考えでしたら、合格して現場に立つようになってからの方が、勉強が大変だと思います。私はまだまだ駆け出しで、分かったようなことは言えませんが、むしろ、そこから本当の勉強が始まると言っても過言ではないのではないかと、お会いする機会を得ることができた、素晴らしいベテランガイドさん達の姿を拝見して思いました。どの職種もそうかもしれませんが、このお仕事にも「役に立たないことは何もない!」「一生勉強!」知識を得、それを深めて自分を磨く「学ぶ」ことを楽しめる能力が必要なのだと深く感じます。試験勉強は本当に大変でストレスが溜まることだと思います。ですが、「学ぶ」ことを楽しむような気持ちをもって乗り越えていただけたらと思います。(などと、そんな悟ったような気持ちで、昨年試験勉強をしていた訳では恥ずかしながらないのですが... これは今の自分に対して、言い聞かせている言葉でもあります。)

5.富士のよかったところ

まずは、クラスの規模です。授業中は何度かあてられますので、ただ受身で聞いているだけの授業と違い緊張感がありました。時には悔しい想いをすることもありましたが、それが良い糧になったと思っています。授業の後、疑問点をすぐに質問に行ける点も良かったです。また、授業の振り替えシステムはもちろんですが、他の曜日に振替えることが難しい私の場合、授業のDVDをお借りできることも良かった点の一つです。しかし、一番大きかったのは、富士アカデミーが、自社でも旅行業登録をされ、ツアーなどを企画されている点です。私は、資格を取得してとにかく実際に仕事がしたいという気持ちが強かったので、卒業後、就業できる機会を得ることができるという点は、こちらを選ばせていただいた最も大きな理由の一つです。