通訳ガイド当校合格者梅田 学さん
2008年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

山中先生のご指導により英検1級を取得し、次の目標をご相談したところ、通訳案内士をご紹介頂きました。そういえば過去に外国の方から「招き猫って何?」と聞かれ、満足な答えが出来ず日本人なのに日本のことは何もわかっておらず、明確に伝える英語力もないので悔しい思いをしたことを思い出し頑張ることにしました。
幸いにも1次英語免除であるため、2次試験の準備を重点的に進めていきました。

1.1次試験英語対策

英語の試験は免除でした。

2.1次試験社会科対策

日本史に関しては山川の教科書を熟読することを中心として、高校の頃に習った知識を掘り起こすことに努めました。また写真問題に備えて図説日本史を購入し、暇があれば眺めていました。
地理は、国立、国定公園を中心に地図で確認し、それに関連する事項を、ノートを作成して整理していきました。
一番苦労したのはつかみどころのない様に思える一般常識で、日頃から新聞を読み、就職試験用の一般常識対策本を用いて準備しました。直前に社会科模擬試験を受験したのですが、出来が良くなく、ショックを受けてラストスパートするありさまでした。

3.2次試験対策

2次対策短期集中コース、直前セミナーをそれぞれ通信受講しました。地方在住のため教室での受講が出来ないのが残念でしたが、ブラウン先生の授業では質問に対する回答のコツ、英語的な発想など多くのことを学びました。CDを止めて、実際に自分の言葉で言ってみることを実践しました。本番の試験では予想もしていなかったことをいくつか聞かれました。日本のことについて、何を聞かれても慌てず、自分の頭で考え、自分の言葉で答える練習を日頃からするべきだと思います。
また、社会問題に関して自分の意見を聞かれましたが、これに対しては英検1級2次の準備で学習した内容と重複し、山中先生のご指導の自分の考えのネタのストックを作っておくことにより対応することができました。

4.これから受験される方へのアドバイス

通訳案内士の試験は英語、社会科と幅広い知識が要求されます。一見途方もなく範囲が広く、それぞれ無関係の様に思いますが、2次試験ではそれぞれが集約され、密接に関係してきます。
自分の知識の幅を広げるつもりで頑張って頂きたいです。

5.富士のよかったところ

親身になって相談にのって頂ける対応力の良さだと思います。
私にとって山中先生との出会いが今日まで英語の勉強を続けられてきた原点だった気がします。