通訳ガイド当校合格者伊藤 愛さん
2017年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

幼い頃に英会話教室に通わせてもらい英語を勉強する事に対する抵抗はありませんでしたが、ちゃんと英語を勉強し始めたのは学生になってからです。興味のあるものは熱中する性格のため英語は得意科目になりました。ただ学生になってからは英会話教室を辞め、文法とリーディング中心の勉強をしていたためリスニングとスピーキングは苦手でした。ガイド試験を受験しようと思った動機は、今までに何度か海外の方に日本文化を紹介する機会や日本のものを販売する経験があり、その際に上手く説明出来ず悔しい思いをしたからです。当たり前の様に食べていた日本のお菓子に興味津々な海外の子供や日本のデザインが美しいといいながらお箸や食器を選ぶお客様を見ながら、日本製品の素晴らしさを実感し、もっと海外の方に日本の良さを知ってもらいたいと思いました。しかし、日本を知ってもらいたいという気持ちはあるものの自分自身が日本について無知で日本語ですら説明出来ない状態であったので、ガイド試験の勉強をし、受験しようと決意しました。

1.1次試験英語対策

1次試験はTOEICにて免除でしたが、日本文化・観光説明に必要なボキャブラリーや表現を学ぶため1次対策授業を受講しました。「精読用英文」は、一文一文丁寧に読みながら不自然でない日本語に訳す事に毎週悩まされましたが、授業前までに毎回訳して授業を受けました。「授業で当てられる」「小テストが毎回ある」と緊張感を持って受けられる所が良かったです。「文化・観光・時事用語集」は通勤時間などの空き時間に活用し、少しずつ覚えました。

2.1次試験社会科対策

地理:総合旅行業務取扱管理者にて免除。
社会科一次試験対策でチェックしたところを地理白地図帳や写真資料を見ながら確認しました。

歴史:山川日本史教科書を読みながら1次試験対策授業でチェックした所で分からない所を調べながら勉強しました。時代ごとに勉強するよりも、「文化史」、「仏教史」と勉強していった方がその時代の特色が分かりやすく覚えやすかったです。写真資料がとても良くまとまっており見やすく役に立ちました。

一般常識:膨大な量と内容だったため、1次対策授業でチェックした所を覚えるだけで精一杯でした。頂いた「一問一答」を活用し暗記しました。

3.2次試験対策

1年目は、準備不足の為2次試験で不合格でした。2年目は、1年目の失敗を活かし、早いうちから2次試験に向けて勉強をしました。2次試験対策短期集中コースが始まる9月までは、「日本文化・日本事象英文説明テキスト」と「文化・観光・時事用語集」を使い勉強をしました。授業が始まってからは1年目の失敗点を考えながら、予習・受講・復習をしました。
予習では逐次通訳は、完璧に訳して覚えていかない様に気を付けました。実際の試験では、初めて聞く文章を重要箇所だけをメモし訳すため、完璧に準備して授業に挑むのは無駄であると気が付きました。
予習では、分からない単語のみ調べ、なるべく試験に近い状態で授業を受けました。
逆に「プレゼンテーション」は、丸暗記するほど読み込み、余裕があれば関連情報も調べました。
授業では、ブレイ先生がみな平等に当ててくれ発言とプレゼンの機会が得られたので段々と緊張しなくなりました。
当てられた際には絶対に答えるようにしていました。
復習は、授業でチェックした所を確認しながら自分なりに2分でまとまるプレゼンを考えました。
2次面接試験は、どれだけ練習し慣れる事が重要だと思うので2次試験対策コースはとても役に立ちました。

4.これから受験される方へのアドバイス

通訳案内士の試験は、膨大な量を覚えなければならず嫌になってしまうこともあると思いますが、旅行番組を見たり実際に旅行をしたり楽しく勉強するといいと思います。富士通訳ガイドアカデミーのテキストはどれも良いので繰り返し勉強すると良いと思います。

5.富士のよかったところ

・どの授業も面白く、通学が苦になりませんでした。アットホームな所も良かったです。
・教材が非常に良くまとまっており学習しやすかったです。合格後も忘れてしまった内容を見返すのに活用しようと思います。