通訳ガイド当校合格者AMさん
2018年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

学生の頃から外国に関わる仕事、外国語を使う仕事をしたいと思っていました。大学卒業後は、日本の飲料メーカーで多少は英語を使い、秘書の仕事をしていました。その当時はバブルの全盛期でしたが、日々の生活に物足りなさを感じ、何かを探していました。そして、カナダで日本語や日本文化の紹介をするプログラムを見つけて参加し、約1年間インターンとして活動しました。帰国後は日本語教師や英会話講師などをしていました。新しいことを見つけてトライするのが好きな私は軽い気持ちで通訳ガイドという仕事を見つけ、趣味のひとつのような気持でしたが勉強してみることにしました。そして、富士通訳ガイドアカデミーに巡り合いました。今から20年近く前の事です。その後、英語講師の仕事はずっと続けていましたが、子育てや趣味の仕事(語学以外)にも夢中になっていて、通訳ガイド試験の事はすっかり忘れ、年月が経ちました。数年前に最近の通訳ガイド試験は記述式ではなく、マークシート方式で受けやすくなっている、英語もTOEICで免除になるという情報が入ってきました。中途半端になっていた通訳ガイド試験を攻略したいとあらためて感じ、再挑戦を決め、再び富士通訳ガイドアカデミーの扉をたたきました。

1.1次試験英語対策

英語はTOEICで免除の予定でしたので特別に勉強をする予定はありませんでした。しかし、受験申込時に証明書が見つからず、英語の試験を受けなければならない状態となり、英語の問題集を1冊、日本文化を英語で紹介した書籍1冊を使って勉強しました。なんと試験直前に証明書は見つかりました。

2.1次試験社会科対策

2018年度の試験では地理と追加された新科目の通訳ガイド実務の受験が必要でした。その他の科目は前年度合格で免除。独学で勉強した時は問題集や参考書の選び方なのか科目によって明暗が大きく分かれ、地理は勉強した内容がほぼ出題されず全く歯が立ちませんでした。新しく追加された通訳ガイド実務と地理で確実に点を取るためにも専門の富士通訳ガイドアカデミーの教材を信じることにしました。時間が限られていたので7月の集中講座だけでしたが、受講しました。通訳ガイド実務は富士通訳ガイドアカデミーの教材のみで、他の事はしていません。先生がここは大事だとおっしゃったところは特に隅々まで読んで覚えるようにしました。地理も富士通訳ガイドアカデミーの教材を中心にして、自分が楽しむためにカラー写真のついたガイドブックや地図帳を参考にしながら旅行気分で学びました。あれこれと手を広げることよりも、反復が大事だと思います。

3.2次試験対策

試験後の9月から始まる2次試験通訳ガイド短期集中コースに申し込みました。全9回で毎回5つのトピックと通訳問題5つを使って学ぶのですが、本番を想定した模擬試験形式の練習が大変役に立ちました。日頃から英語で何というのかと疑問を持ったら、すぐにスマホや辞書で調べていました、今も。
トピックはよく読んだ後に自分の言葉で説明できるように英語で箇条書きにして、追加の情報も入れておきました。文章でまとめておくと実際にガイドの仕事をするときに資料になりそうです。私は完璧な文章にしてしまうと読むだけになりかねないので、自分がプレゼンテーションできるように自分の言葉でポイントを記すという方法を取りました。通訳問題に関しても予習では英作文をしておくというよりは、その通訳に必要な単語や熟語、言い回しなどをメモし、口頭で文を作るように心がけました。必要な情報はインターネットなどで調べておきました。授業後に模範解答例がもらえるので、こちらも声に出して復習し、大変参考になりました。
毎回の授業で行われる模擬試験形式の練習ではJohn先生がとてもユーモラスに分かりやすく、自信を持たせるようにアドバイスしてくださいました。日本人はこう考えるけど、外国人はこのように考えるなど、文化の違いをよく理解していらっしゃる先生ならではの授業でした。模擬試験では観光客の視点でいろいろな質問を投げかけて下さるので、困ったときにどのように考える間を取るか、とっさにどうしたら良いかなど沈黙を作らない練習もたくさんできました。
直前の全く予習無しの2次試験対策も5回受けました。これは5回と合格をかけて回数を決めたのですが、本番の雰囲気が体験できるのでとても良いと思います。
本番の試験では予想外の意地悪な質問をされ困り果てましたが、とにかく話すという訓練ができていたようで何とか乗り切ることができました。

4.これから受験される方へのアドバイス

あきらめないと決めれば、ゴールにたどり着けると思います。楽しんで勉強することが第一です。楽しめた分だけゴールが近づくと信じています。

5.富士のよかったところ

何よりも先生やスタッフの方々が超一流なのにとてもアットホームな雰囲気であること、そして低価格でも大変充実した授業であるという事です。授業の教材がオリジナルで試験に必要な内容がコンパクトにまとまっています。2次試験対策では人数が少なくても開講してくださったおかげで、お互いに気心が知れ、リラックスして練習し力を発揮することができました。
最後に、知念先生にとても久しぶりにお会いした時も(本来なら忘れていて当然なのに)変わらぬ笑顔であたたかく迎えて下さったことに心から感謝しています。