通訳ガイド当校合格者髙橋幸男さん
2019年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

学生時代にECCと言う英語のサークル(※あの有名なECC英会話スクールとは何の関係もありません)に入っていました。海外からの学生と交流する機会もあり、東京都内、箱根、日光などを訪問して英語で楽しく案内する経験をしました。
その頃に聴いたラジオ番組で現在もDJで活躍されている小林克也さんが「学生時代に運輸省の通訳案内業国家試験(当時)に合格して、観光ガイドのアルバイトをしていた」とおっしゃっていたのを聞いて、初めて通訳ガイドの存在を知りました。超難関の国家試験であることも知らずに「いつか自分も通訳ガイドになって外国人観光客を案内したい」と漠然と思ったのが40年前のことです。
就職後は、8年余りの海外赴任を含め仕事中心の日々を過ごして通訳ガイドへの思いも忘れておりました。人生とは摩訶不思議なものです。2018年初頭に友人と会食をした際、彼から「実は全国通訳案内士に合格した(何と彼は富士通訳ガイドアカデミーの卒業生でした)」との話を聞き、頭の片隅にあった40年前の「思い」(いつか自分も。。。)が一気に蘇り、勢いで通訳ガイド試験にチャレンジしてみようと決心しました。今回2回目のチャレンジで40年前の「思い」が叶い、とても嬉しく思っています。

1.1次試験英語対策

2.1次試験社会科対策

・2018年は一般常識のみが不合格でした。2019年に再チャレンジすることをすぐに決心、まずは必ず一般常識に合格するために迷わず富士通訳ガイドアカデミーの「社会科短期集中コース」を申し込みました。その理由は、合格した友人が「合格したのは富士通訳ガイドアカデミーの1年コースを受講したお蔭」と言っていたことを思い出したためです。受講して本当によかったです。充実したテキスト/模擬試験そして何より知念先生、岩渕先生のすばらしい講義は時間を忘れる程に集中して拝聴しました。
・過去一年間話題になったニュースを月間新聞ダイジェスト(2018年8月~2019年7月)で把握するように努めました。政治・経済・社会(文化~スポーツ)など、旬な話題を広く浅く自分でノートにまとめて、ひたすら憶えました。また気になる話題はネットで掘り下げてとにかく憶えました。

3.2次試験対策

2019年に必ず合格するために2次試験の準備を一般常識と同時に始めようと決めました。4月講通訳ガイド2次面接試験対策短期集中コース(10回)の通信クラスを受講しました。2次試験の全体の流れが理解できてよかったです。8月の一次試験(一般常識:自己採点44点)後、すぐに9月開講の2次面接試験対策短期集中コース(9回)を申し込み、プラス2次試験本番の4日前まで2次直前セミナーを3回受講しました。4月から合計22回受講することで2次試験の雰囲気に慣れ、質問に対して臨機応変に対応する練習を何度もできてよかったと思います。
特に、9月からの2次対策短期集中コース、直前セミナーは毎回本試験のつもりで準備をして受講しました。初めはかなり緊張しましたが、実践的な内容(プレゼン、通訳/ロールプレイング)を何度も練習できて本当によかったです。発表後のEvaluation sheetの評価では「良かった点」、「改善できる点」を具体的にアドバイスいただけたこと、質問に対してもその場で回答していただけたのがとても励みになりました。また、コースに参加しているメンバーから多々(話し方、言回し、知識)学ぶことができてとてもよかったです。よい刺激をたくさんいただきました。

知念先生の励ましの言葉「2次受験生の心得」(以下、いくつか列挙させていただきます)は励みになると同時に本番で最後の粘りが必要な場面で心のよりどころになり、助けていただきました。
・2次試験は「就職試験」と心得る。
→約10分の間に試験委員は「この受験生を通訳ガイドにしようかどうかの判断を迫られている」と認識し、スーツ着用で元気のよい挨拶でスタートして「やる気・誠意・熱意」を出しました。
・「落とすための試験ではなく、どうにか合格させたい」という趣旨の試験である。その証拠に答えに窮しているときは、よく試験委員が助け舟を出してくれます。
→本当にそうでした。助けられました。プレゼンで少し詰まりそうになった時に米国人の試験官が簡単な質問を投げかけてくれました。この助け船のお陰で最後まで和やかな雰囲気でスムーズに話すことできました。

4.これから受験される方へのアドバイス

もしも合格するために自分が必要とする学習方法・内容を模索されているのであれば、富士通訳ガイドアカデミーをお勧めしめます。富士通訳ガイドアカデミーを信じて一生懸命に日々努力すれば、必ずよい結果(合格)が出ます。

5.富士のよかったところ

独学の不安(学習方法・内容)が解消されたことです。 社会科短期集中コース(一般常識)と2次対策短期集中コースでお世話になりました。
授業内容のすばらしさで一気に「やる気モード」のスイッチが入りました。また、知念先生の2次受験生の心得「面接官をお客様と思って分かりやすく笑顔で説明する」のお陰で2次試験は最後までしっかりと対応することができました。
合格できたのは富士通訳ガイドアカデミーのすばらしい授業内容、先生方、そしていつも笑顔で励ましていただいたスタッフの皆様のお陰です、本当にありがとうございました。40数年前に四谷駅前の大学に通い、9月からの3カ月間は久し振りに四谷に通学ができて楽しかったです。かなりのモチベーションアップにもなりました。

今後の抱負
今回の合格でようやくスタートラインに立てました。来年の春サラリーマンを卒業します。第二の人生を通訳ガイドとして活躍できるようにこれからも日々精進していきたいと思います。