通訳ガイド当校合格者安藤 実さん
2020年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

もともと英語が好きで外国人と話すことが楽しく、いつかそれを仕事として活かしたいと思っていました。実は20年ぐらい前(?)に富士通訳ガイドアカデミーの通信講座で勉強していましたが猛烈に仕事が忙しくなり、講座は修了したものの受験には至りませんでした。その後、東京オリンピック開催の前にはなんとか資格を取りたいと思い、受験を決意しました。

1.1次試験英語対策

2.1次試験社会科対策

3.2次試験対策

2次対策の準備としては富士通訳ガイドアカデミーの直前対策講座を受講しました。1次試験の結果がわかるまではどうしても勉強に力が入らず、来年に向けての1次の準備をしたり2次の準備をしたりとどっちつかずでした。1次合格がわかったら、すぐに富士通訳ガイドアカデミーさんの2次試験直前セミナーを8コマ申し込みました。模擬面接で指摘されたことは確実に改善するように心掛け、また他の受講者さんのスピーチもとても素晴らしいので参考にさせていただきました。8回のトレーニングを通して「聞かれて答える」流れを体得でき、本番でも落ち着いて受け答えができました。また、講座の後半では三密やソーシャルディスタンス等のTimely Topicを頂き、これも本番直前まで目を通して覚えました。

4.これから受験される方へのアドバイス

1次試験の勉強は楽しいです。日本のことを再認識できます。思い立ったのならいつか必ず合格できます。あきらめずに頑張って下さい!2次試験は富士通訳ガイドアカデミーの2次試験直前セミナーをお勧めします。これは1次合格発表後に集中的に受講すれば十分間に合います。

5.富士のよかったところ

受付の方もとても親切、教室も清潔で安心して勉強に集中できます。そして2名のネイティブ先生についてはそれぞれ個性があって楽しく、ユーモアも交えて緊張を解きほぐしてくれました。模擬面接での指摘もとても的確で懇切丁寧に指導してくれます。富士通訳ガイドアカデミーは通訳ガイドを目指す人にとっては頼りになるメンターであり、さりげなく背中を押してくれるパートナーのような存在だと思います。本当にありがとうございました。