通訳ガイド当校合格者H・Tさん
2020年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

自分は、損害保険会社に勤務しており、2017年に役職定年を迎え、一線から退き若干のゆとりができました。
2013年から4年間、インド駐在として仕事に携わり、インドの文化や歴史に触れる有り難い機会に恵まれました。世界遺産などでは現地ガイドに歴史的な意義や逸話を聞くことがとてもためになったため、逆に自身が日本にて海外からの旅行者に日本の歴史・文化や良さを伝えたり、旅行をサポートしたいと感じたことが受験動機です。
また、日本を離れた4年間で、①日本には、世界に誇れる素晴らしさや良さ、安全、食文化があることを再認識するとともに、②インバウンド促進政策のお陰で、日本国内各地に海外からの旅行者が溢れるようになっており驚いたことが、通訳案内士の受験にチャレンジした背景です。
日本から離れ、国内観光から疎い生活が続いたため、2018年より2カ年計画で取り組み、2020年の東京オリンピックにも間に合うと考えたのですが、想定以上に各学科の試験が難しく合格まで3年を要してしまいました。
改めて、日本文化や歴史、生活様式や習慣を見つめ直す非常に良い機会となったと考えています。

1.1次試験英語対策

2.1次試験社会科対策

3.2次試験対策

4.これから受験される方へのアドバイス

他の合格者の方と比べると、十分な準備ができているとは思えませんが、2次試験への取り組みを通じて、個人的に感じたことをご案内します。

プレゼン・外国語訳対策に共通すること:

  1. 新しく難しい単語を覚えず、自分の言いやすいフレーズ、好きな決まり文句のストックを増やす(難しい単語・表現はいざという時に口から出ず役に立たないため)。
  2. ジャンル、トピック毎に定型的な言い方があるので、ジャンル毎に典型的なフレーズの骨格を整理して、ノート等に書き出す。いずれも1分位で終わる事を意識する。長いフレーズにした場合、言いよどんだり、かんだり、言い間違えたりしているうちにあっという間に2分が経過してしまう。
  3. コロナ禍のなかなので、医療関係や在宅勤務などのテーマに対応できる準備も追加する(わずかでしたが心理的に役に立ちました)。

5.富士のよかったところ