« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

安倍さん

安倍 道代さん

2007年度富士アカデミー新人研修受講生
朝鮮語通訳ガイド免許番号(登録番号)神奈川県K000031号

自己紹介

初めて韓国に語学留学したのが99年、8ヶ月ほど勉強したあと帰国し、会社員として働いていました。2002年のワールドカップの年にワーキングホリデービザを使い再び韓国で1年を過ごしました。2006年度の通訳案内士試験(韓国語)に合格後、2007年5月に通訳ガイドデビューしました。現在会社員ですが通訳ガイドで自立できるようがんばります。合格発表後、しばらく休んでいたタイ語とスペイン語の勉強を再開しました。いつかはこちらのほうでも通訳案内士の試験に挑戦したいです。

私のモットー
とりあえず何でもやってみる!

旅行の概略

日程: 2008年7月3日(木曜日)
お客様: 仕事で来日され、四日目の午後を観光にあてられた6名、プラス日本人1名合計7名のお客様でした。
明日は帰国なので最初で最後の観光です。
訪問箇所: 築地、浅草、秋葉原

ガイディングの実際

12:45 晴海客船ターミナルでお客様にお会いしました。自己紹介をして築地場外市場に向かいます。
13:15 築地で昼食にご案内。
14:30 浅草見学。雷門で集合写真を撮り、仲見世でショッピングしながら浅草寺見学。
浅草神社も合わせて見学をし、二天門から車に乗りました。
15:50 秋葉原のヨドバシカメラで大急ぎで「ぷち萌え」大量買いのお手伝い。
16:10 メイドカフェにご案内。メイドさんと写真を撮られたお客様もいて、それなりに盛り上がりました。
18:20 新宿にて下車。終了です。

ハプニング

お客様との合流場所がお聞きしていたところから300メートルくらい離れた場所で、合流に手惑いました。ラッキーなことに300メートルですからすぐに移動は出来ましたが、これが1キロだったら・・・と思うと、ぞっとします。

新たな発見

「プチプチぷち萌え」というおもちゃ、お客様が購入したがって、私に説明をしてくれました。最初はぜんぜん思い出せなくて、何度か聞いてやっと「ああ、そういえば・・・あのことか・・・」となんとなく思い出しました。やっぱりある程度ヒットした商品は知っておかないと、ですね。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

「日本の建物はなぜこんなに色が暗いのか?」「萌え、とは何か?」など。

このツアーで特に準備したこと

このツアーのためではありませんが、いつか仕事で行くことがあるだろうと調べておいたメイドカフェの細かい情報(例えばアルバイトは何歳以上か、時給、秋葉原にどれくらいの数の店があるのか、など)が役に立ちました。

このツアーで特に配慮したこと

日本人の同行者が1名いましたので、韓国人のお客様がお話しされた小さな希望などもなるべくお伝えするようにしました。出張で来日され、最初で最後の観光ということなので、お土産などにも気を使ってご案内しました。

旅を終えて

今回は何といってもお客様のお出迎えをできなかったことが一番申し訳なかったです。ラッキーなことにお客様がちょっと遅れたためにそれほどお待たせはしませんでしたが、かなりあせりました。

私のお勧め観光スポット

「メイドカフェ」、難しいですね。人数が多いと、メイドの話す言葉を通訳するのも大変ですし、「萌え」がなかなか理解できなかったようです。ただそれなりに楽しんでいただけました。はじめは誰も明度と写真を撮りたがらなかったのですが、一番年の若い人に無理やり写真を撮らせるようにしたら、それからかなり盛り上がった気がします。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

前回の試験の邦文の問題を見ました。難しかったですね。でも、合格しないと前には進めないですよね。頑張ってください。私は専業でガイドをしているわけではありませんが、試験に合格し、ガイドの仕事ができて本当によかったと思っています。

Short Essay

「源氏物語に学ぶ女性の気品」という本を読んでいます。源氏物語が大好きで、いつか少しでもいいので源氏物語をお客様にわかりやすく紹介できれば、と思っています。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ