« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

荒島さん

荒島 恵さん

富士アカデミー2010年関西新人ガイド研修受講生
通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN00345号

自己紹介

旅が好きで、去年は100日以上旅先で過ごしました。
自由気侭な個人旅行、海外のお客様をご案内する旅行、同じ旅でも違う味わい、楽しみがあります。
通訳案内士という職業を選んでよかった、と心から思っています。

私のモットー
Be Prepared
どんなときでも慌てることなく落ち着いて対応するには、「備えること」が大切だと実感しています。

旅行の概略

日時: 1月31日 9:00〜17:00、京都観光
お客様: アメリカ人ご夫妻2名様
訪問箇所: 金閣寺、二条城、三十三間堂、清水寺、地主神社、平安神宮

ガイディングの実際

お客様のご要望にあわせる相談観光というお話でしたが、初めての日本ということで、わたしのお勧めした場所に行くことになりました。 ハイヤーの車窓から見えるものすべてに興味を持たれ、文化の違い、住宅事情、ペット、漢字・ひらがな・カタカナの使い分け、など多くの質問をうけました。
知的好奇心の強いお客様で、会話を楽しんでいらっしゃるように感じました。
また神社や寺では、年代や時代背景などの固い話よりも、ちょっとしたエピソードから見える日本人像について興味を持たれていました。 奥様は清水寺の参道にあるお店に目を輝かせ、買い食いしたり、抹茶茶碗の値段の高さに驚かれたり、とても楽しんでいるご様子でした。

ハプニング

特にありませんでした。

新たな発見

漬け物、湯葉、おせんべいなど日本的な食べ物に大変興味をもたれていたことは驚きでした。
わさび入りおせんべいを涙目で「辛いけどおいしい」と召し上がっていました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

二条城において車寄せの話をしたところ、馬はどこにつないでいたのかと聞かれました。

このツアーで特に準備したこと

直前までお客様に対する情報がなかったので、初来日の場合とそうでない場合などを考え、様々なルートをシミュレーションしました。
また、お医者様ということがわかったので、日本とアメリカの医療事情の違いなどを調べました。

このツアーで特に配慮したこと

ハイヤーでの8時間ツアーでしたので、時間通りホテルに戻れるように時間配分に気を使いました。

旅を終えて

お客様の楽しそうな顔と「楽しかった。ありがとう」の言葉に、「こちらこそ喜んでいただき、ありがとうございます」という気持ちでいっぱいでした。ああすれば良かった、こうすれば良かったという思いはいくつもあります。
この気持ちと一期一会の心を忘れないよう、常に自分を"brush up"していきたいと思います。

私のお勧め観光スポット

二条城、銀閣寺

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

暗記に焦点を置くと、途中行き詰まることもあります。そういう時は、外国からのお客様をおもてなしをする場面を具体的に思い浮かべながらテキストを開いてみてください。声に出して文章を読むと、どうしてもつかえてしまう箇所がでてくるかもしれません。そういう時は自分の使いやすい言い回しに換えることにより、だんだんと内容が身に付いてきます。これは試験勉強にも有効ですし、ガイドになってからも絶対に役立ちます。
頑張ってください!

Short Essay

ガイド当日は寒波と雪の大荒れの天気予報でしたが、幸いなことに交通機関が止まることもなく、寒いながらも一日中よい天気でした。しかし、もし悪天候であったとしても雪の金閣寺が見られるから、それも美しくていいなぁ、とも思っていました。 どんなハプニングが起きても、プラスの面を見つけることができれば、結果はオーライだと思っています。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ