« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語

浅川さん

浅川 悦子さん

富士アカデミー2007年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号第EN02361)

自己紹介

学生時代、特に好きでも得意でもなかった英語になぜか結婚を機に目覚め、勉強をスタートしました。英語は生涯勉強していくつもりです。

私のモットー
諦めなければ、それは失敗ではない。(誰か著名人の言葉にありました)

旅行の概略

日程: 19:00〜23:00
お客様: イスラエル人22名
訪問箇所: お台場、都庁(展望台)、新宿(歌舞伎町)

ガイディングの実際

ツアーリーダーの男性が英語が流暢で、その方とどういうルートで回るかなど打ち合わせしました。その方は親日家で日本に詳しく、バスの中では現地語で皆さんに説明していました。私は時々聞かれる事に答える程度で済みました。最後の方は結構皆さん話しかけてきて下さって、楽しい一時でした。

ハプニング

ハプニングというか、初仕事だったので充分に下準備をして臨んだのに、ツアーリーダーの方が仕切って、はっきり言って楽なお仕事でした。 お客様の要望とドライバーさんの要望との狭間で四苦八苦しました。

新たな発見

お台場へはプライベートでも下見の時でも、大体行くのが昼間で、いつも大勢の人で賑わっているのに、平日の夜しかも雨が降っていたからか、お店などは閑散としていて、いつもと雰囲気が違っていました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

夜、お台場で制服姿の高校生数名をみかけて、こんな時間まで授業があるのか!?と聞いてきました。 都庁の展望台で昼と夜ではどちらが綺麗か?と聞かれました。

このツアーで特に準備したこと

団体と聞いて、バスの中で話す事をまとめ、携帯をマイクに見立て練習しました。(今回は必要ありませんでしたが)

このツアーで特に配慮したこと

全員とは無理でしたが、一人一人とコミュニケーションをとるよう心掛けました。

旅を終えて

仕事までの一週間は胃潰瘍になりそうな位ドキドキしましたが、実際お客様と話す時はとても楽しかったです。

私のお勧め観光スポット

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

最近読んだイタリアの映画監督の言葉です。
「終わりというものはない。始まりというものもない。人生には無限の情熱があるだけだ。 始まりと思うのも自分、もう終わりと思うのも自分。」お互い頑張りましょう!

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ