« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語11

平島さん

平島 玲子さん

富士アカデミー2004年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 埼玉県第869号

 

自己紹介

私のモットー
お客さまは色々な目的で来日されるにせよ、世界各国数ある中から他のどの国でもなくわざわざ「日本」を選んで来てもらっていることへの感謝を忘れずに!

旅行の概略

日程: 2007年4月6日〜14日 9日間
お客様: オーストラリアのお医者様とそのご家族38名と現地添乗員1名
訪問箇所: 1日目 大阪(関西空港迎え・大阪城・道頓堀)
2日目 奈良(唐招提寺・平城宮跡・奈良公園・東大寺)
3日目 姫路・神戸(姫路城・神戸港メリケンパーク・震災メモリアルパーク・灘の酒造見学)
4日目 京都(西陣会館・金閣寺・高台寺にて茶道体験・清水寺・舞妓さん付きの夕食)
5日目 京都―三島―箱根(新幹線で移動・芦ノ湖遊覧船・ロープウェー・大涌谷)
6日目 箱根―横浜(忍野八海・富士山5合目・横浜港・中華街)
7日目 東京(新宿御苑・新宿・銀座・お台場・トヨタショールーム)
8日目 東京(皇居・浅草・フリータイム)
9日目 東京(成田空港送り)

ガイディングの実際

桜を見ることが主な目的とのことで桜がもつか心配していましたが、本当に絶好のタイミングで満開の桜を楽しんでいただけました。

お客さまは同じメンバーで他の国にも何度か旅行されているらしくお互いに仲が良くグループの雰囲気が良かったためとてもガイドしやすかったです。現地からの添乗員がいるということで最初はプレッシャーも感じましたが、お客さまの人数が多かったため色々な面で協力しあうことができ、とても助けられました。。

ハプニング

4月の旅行シーズン真っ盛りということでホテルで禁煙ルームが用意されていなかったり、お部屋が狭かったり、バゲッジダウンをしてもらえなかったり、土日は混雑がひどかったり、渋滞で予定していた酒造の開館時間に間に合わなかったり(急遽他の酒造に変更)、食事場所でベジタリアンの食事があまりにひどかったり、お客さまが予想外にショッピングが大好きだったり、、、、挙げればキリがありませんが、それぞれエージェントの方と添乗の方と相談しながら切り抜けました。

新たな発見

ショッピングの際「MADE IN JAPAN」ということに強くこだわりを持っている方が多く、いまや洋服から何まで他国で作られていて品質も良いことを何度も説明しても、どうしても日本製でないと、というこだわりには驚かされるとともに少し嬉しい気もしました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

仏像のポーズの違いの意味や、性別、また茶道はどんな機会にするものなのか、などの質問を受けましたが、皆さん一番熱心に聞かれたのは舞妓さん・芸妓さんについてのことでした。

また、日本で医師のことを「先生」と呼ぶのはなぜか、という質問には戸惑ってしまいました。

このツアーで特に準備したこと

お医者様の団体ということで、日本の医療制度、医療事情、医師になるには、などを調べました。また、関西方面がメインということで下見に行き、各訪問箇所について原稿を作りました。また、事前にエージェントの方から、ツアー中に歌を歌ってほしい(!?)とのリクエストがあったので日本の歌の歌詞を紙に書いたり、テープに録音したりしました。(実際はみんなで合唱しました♪)

このツアーで特に配慮したこと

お年寄りの方が多かったので歩く速度に気を付けました。

旅を終えて

ツアー前は長期間であること&不慣れな関西方面の訪問箇所が多いこと&お客さまがお医者様ということで、不安と緊張とプレッシャーでどうなるかと思いましたが、お客さまが本当にみなさま良い方ばかりで、私自身も楽しく過ごすことができました。

最終日には、お客さまが作詞されたという私の歌(!)をみなさんで歌ってくださり、思わず泣いてしまいました。色々と勉強不足を感じた点はたくさんありますが、不安が大きかった分、ツアーを終えた後の達成感と開放感(?)は何とも言えません。

私のお勧め観光スポット

雪の残る富士山は、多くの方が「ツアー中で一番良かった!」 とおっしゃっていました。 また、姫路城や清水寺、そこからのびる産寧坂も評判が良かったです。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

ガイドは、この仕事をしていなかったら一生会うことのなかったであろう人々と出会い、時を共に過ごし、思い出を共有できる、なんともいえない魅力を持つ職業だと思います。勉強中、嫌になることもあると思いますが、負けずにがんばってください。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ