« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語

堀さん

堀 美加さん

富士アカデミー2006年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)第EN02136号

 

自己紹介

はじめまして。今年の2月に通訳ガイド試験に合格した堀美加と申します。
富士アカデミーには2005年11月に入学し1年間通いました。
といってもあまり真面目な生徒ではなかったのですが。。。

私のモットー
「何でもまず自分が楽しむ」
自分が楽しんでやっていなければ人を楽しくさせることはできないと思います。
何でも楽しんでやっている人を見るとこちらも自然に楽しくなってきますよね。ガイドはお客様を楽しませるエンターテイナーでありますが,まず自分がやっていることを楽しむことが大切だと思います。それが自然とお客様を楽しくさせることにつながるのではないでしょうか。

私のガイド物語

初めての仕事はフランス人のご夫婦の都内半日観光ガイド。
といってもフランス人通訳がついていて(ガイド資格無し)その通訳の補佐という少しイレギュラーな仕事。次は侍体験プログラム(真剣で藁を切ったり本物の手裏剣を使ったり)の通訳ガイド。そして次にいきなり3日間の大仕事!中央区と姉妹都市のオーストラリアサザランド市中央区表敬訪問団ツアーガイドという大役でした。

旅行の概略

お客様はオーストラリアのサザランド市の市長を始め議員や上級議会職員方ご夫婦13名というそうそうたるメンバー。
移動は3日間ともバスでした。
日程は1日目は築地魚市場,お昼は墨田川沿いにあるホテルの32階のレストラン、中央区のプラネタリウムのある郷土資料館、夕飯はお蕎麦、夜は東京湾花火大会見学,その後日本の居酒屋体験という長い1日。
2日目からは箱根に向かい,箱根レイクホテルで昼食,桃源台から箱根町へ芦ノ湖遊覧船で渡り,関所跡・資料館、箱根神社見学後ホテルへ。
ホテルでは夜の親睦会が盛り上がり,この日も長い1日に。
3日目は大涌谷(あいにくの雨),箱根美術館、山のホテルで芦ノ湖の素晴らしい眺めを見ながらの素晴らしい食事、その後東京へ向かい,浅草でショッピング、車窓から東京タワーや国会議事堂,皇居を見学、夕食は品川プリンスホテル39階の素晴らしいレストランで最後の晩餐,その後ホテルまでお客様をお送りして任務終了!

ガイディングの実際

今回は通訳ガイドが2人ついたので気分的にはすごく楽でした。2人で分担してネタを作ったり。でも動くバスの中でマイク片手に地図や何かを広げながら説明するのは結構バランスを取るのが難しい。何か良い方法はないものでしょうか。2人だったので1人が資料を広げたりして助け合いましたが。
1日目は慌しく移動でバスの中でゆっくりガイディングする時間はありませんでした。訪問先では区の方が説明をしてそれをガイドが通訳するという形。下見はしていたものの,区の方がどのような説明をするかという打ち合わせみたいなものは全くなかったので少し緊張しました。
2日目3日目はたっぷり(笑)ガイディングの時間があったのですが,まだまだ未熟で深い話をするだけのネタのストックがなく,単発的なガイディングになってしまったと反省。

もう一人のガイドの方がいろいろ引き出しの広い方で本当に助けられました!
説明用の地図とか写真を用意したり,折り紙で富士山を折ったり。
3日間もバスで移動すると話だけでは飽きてしまいますので,視覚に訴えたり作業をしたり,手を変え品を変えという感じでしょうか。あとはやはり目に見えるものを瞬時にタイミングよく説明することの難しさを実感。「あ,あれは確か。。」なんてためらっているうちに通り過ぎちゃったり見えなくなってしまったり。

ハプニング

1日目,宿泊先のホテルにお客様を迎えに行き,まず挨拶に自己紹介と段取りよくやろうとしたらいきなり、「携帯を日本で使えるようにしたいがどうすればいいか」と質問攻め!

しかも他のお客様に隅の方に呼ばれ,訪問団の中の1人がその日の朝に具合が悪くなり病院に行ったのだが連絡をどう取ったらいいかと言われ、焦りまくりました!オーストラリア英語も日ごろ聞き慣れないので分かりづらく大変でした。結局,病院に行ったお客様ご夫婦はその日の夜の飛行機で帰国することになり,いきなり2名欠けた状態でツアーは始まりました。

新たな発見

通訳ガイドと言うと,英語でガイディングすることばかりに気を取られがちですが,実際はツアーをスムーズに進行させるために時間管理がとても大事であるということに改めて気づかされました。お客様が興味を示しているとついつい説明に熱が入り、時間を忘れてしまうことが何度かありました。それからこれは当然と言えば当然のことなのですが,やはりリスニング力は大切です。いろいろな国籍のお客様がいらっしゃるので大変ですが,日ごろからもっと生の英語を聞く習慣をつけなければと思いました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

とりあえず目に映るものは全て質問の対象になる可能性があります。 ビルの窓ガラスに張られた非常口を表す赤い三角のシールとか,なんでもない彫刻とか。

このツアーで特に準備したこと

お客様が全てオーストラリアの方ということが分かっていたので,日本とオーストラリアの人口の比較などをまとめて大きい紙に書き,バスの中で説明するときに見せました。 また東京都や神奈川県の地図を拡大コピーして説明するときに使いました。

このツアーで特に配慮したこと

親善ツアーなのでとにかくフレンドリー,笑顔、ユーモア精神を大切にしようと思いました。

旅を終えて

仕事を引き受けておいて,だんだん近づいてくると緊張してきて逃げ出したくなりましたが(笑),お客様はフレンドリーだしすごく協力的で本当にやってよかったなと思いました。
いろいろプレゼントもいただき,最後は別れるのが少し辛くなりました。
と同時に自身の未熟さを痛感した旅でもあり,もっともっと英語とガイディングに磨きをかけなければと反省。

私のお勧め観光スポット

築地魚市場(お客様がとても喜びます)
箱根(特に芦ノ湖遊覧船、大涌谷、箱根美術館)

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

私のように付け焼刃の知識で何とか合格できた人間は合格して実際に仕事を始めてから大変です。仕事の前のネタ作りや日本のことを資料で見直ししたり。私の場合はとりあえずギリギリでも受かればいいやという気持ちで勉強していたのですが,皆さんは実際に仕事をすること想像しながら,このネタは面白いなとか,これはこうやって説明しようとか考えながら勉強するといいと思います。それが実際に仕事をするときに必ず生きてくるはずですから。もうガイドとしての一歩は始まっているのです。ぜひ合格してその知識を本番で生かしてください。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ