« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

今井さん

今井 寿美子さん

富士アカデミー2008年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 神奈川 第EN01254号

自己紹介

個人、団体のお客様、会議に参加のお客様のアテンド、インセンティブツアー等など、様々なツアーにチャレンジしています。

私のモットー
来日されたお客様に、一人でも多く日本フアンになって頂くこと。

旅行の概略

日程: 10月3日(木)午前中2時間
お客様: 5名
訪問箇所: ワイナリーや美術館等を経営されているアメリカからの個人客で、
ホテル〜築地を担当しました。

ガイディングの実際

当初お客様10名の予定が当日5名となりましたが、スル―のガイドさんお一人ともう一人のガイドさんと合計ガイド3名での態勢となりました。築地市場の場内を廻る時は、2名程度のお客様を個人的にご案内する形で、お客様が立ち止まられ興味を持たれた事について説明したり臨機応変に対応致しました。

ハプニング

新たな発見

使用済みの発砲スチロールのレサイクルに興味を持っていらっしゃる方がいました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

まぐろをご覧になりたかったようで、カツオを見ても何を見ても「まぐろか?」と尋ねられました。

このツアーで特に準備したこと

今回築地業務でご一緒したガイドさんと1週間前に築地に行き、動線確認(場内と場外)、トイレチェック、休憩出来る場所等を調べましたが、実際は場内のみの見学となりました。

このツアーで特に配慮したこと

お年を召した方々だったので、築地で怪我をされたり転倒されないよう細心の注意を払いました。

旅を終えて

2時間程のツアーで、5名のお客様の中には、築地3回目という方もいらっしゃいましたが、興味深げにたくさんの魚や築地で働く仲買人さん達を写真に収められていました。
お客様にとっても築地の魅力は奥が深いようだと思いました。

私のお勧め観光スポット

真夏の仁和寺、冬の旭山動物園、六義園

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

今までの経験を全て生かせる楽しい仕事です。是非、現場に立つ日を実現させて下さい。

Short Essay

新しい事にチャレンジし、改めて日本文化の魅力に浸っています。また、何を読んでも、どんな映画を見てもガイド視線が顔を出し、メモを取ってしまうので奇異な目で見られています。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ