« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

大内さん

神保 よう子さん

富士アカデミー2007年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)東京都EN02375号

自己紹介

2006年11月開講生。
唯一の英語の国家試験に挑戦することで日本史、地理、一般常識も勉強でき、改めて日本のすばらしさを認識しました。現在は、英会話講師・通訳をしています。

私のモットー
”愛をこめて生きる。”マザーテレサの言葉より

旅行の概略

日程: 3月13日(金曜日) 11:00〜17:00
お客様: アメリカ人学者御夫妻、アメリカ人男性1名、会社の方日本人1名
訪問箇所: 皇居〜明治神宮〜昼食〜増上寺〜浅草

ガイディングの実際

帝国ホテルに10時30分に到着し、会社の方と打ち合わせ。
最初はアメリカ人女性1名の予定でしたが、ご主人様、他のアメリカ人、日本の会社の方もご一緒で合計4名。ハイヤーもジャンボが来ていました。ドライバーの方とも電話でご挨拶し行程を確認。金曜日なので道が混むだろうとの予想でした。しかし、お客様はゆっくりお茶をのんでいらっしゃり結局出発したのは11時30分。皇居を見たいとのことでしたが車窓からにしました。江戸時代、江戸城、徳川家、天皇について説明。お堀、石垣、黒松、正門などに感動されました。国会議事堂の前を通り表参道ヒルズを説明しながら明治神宮へ。酒樽、鳥居、手水舎、参拝の仕方など説明いたしました。人工の森なのに自然にみえるので感心しておられました。絵馬にも大変興味があったようです。 その後東京タワーを説明しながら、13時にとうふ屋うかいに到着。懐石料理、お庭、調度品に大変満足されたようでした。お部屋の中に水屋があり、茶道、お茶碗なども説明しました。増上寺を車中から見学した後お客様二人をホテルに送り、奥様と浅草まで参りました。雷門から説明しながらお買い物もしていただき、本堂でお参りし、おみくじも引いていただきました。浅草神社へ。二天門から16時15分に車にのり帝国ホテルに17時に到着しました。

ハプニング

アメリカ人女性1名ということでしたが、実際には4名だった事。
出発が30分も遅れてしまった事。

新たな発見

クリントン国務長官が明治神宮でお神楽を見学されたので、お客様も見学したかったようです。
申し込めば御祓いをうけて、お神楽を見ることが出来るので、そのような企画も時間があれば面白いと思います。今回は実現しませんでした。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

長崎・広島はどこかと聞かれました。原爆投下にご興味があるようでした。
日本人はどうして太っていないのか?食事以外に健康診断ではメタボ診断もあると説明。
日本はなぜ安全なのか?銃が合法でないと説明すると大変驚かれました。
食事中は豆腐の大豆が遺伝子組み換えでないか気にされていました。。

このツアーで特に準備したこと

前日15時頃、行程が決まりましたので急いで増上寺の下見に行きました。

このツアーで特に配慮したこと

18時30分には次の会食が予定されていましたので、17時に帝国ホテルに戻るように時間配分に気をつけました。

旅を終えて

お客様は明治神宮、浅草寺、浅草神社でお参りする日本人の姿に感動されました。
日本への理解を深めていただけてガイド冥利につきます。
次回は桜と富士山を見に来日したいと言っていただきました。

私のお勧め観光スポット

皇居東御苑。二の丸庭園、江戸城跡だけでなく三の丸尚蔵館の作品もすばらしいです。
鎌倉と江ノ島から見える富士山。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

富士で勉強している皆様へ。
4教科バランスよく勉強することと、二次対策を怠らないことが合格の秘訣です。
Dreams come true.頑張ってください。

Short Essay

近代化を遂げながら独特の伝統、美しさを守ってきた日本を紹介できることは幸せです。
ささやかでも国際相互理解に貢献できます。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ