« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語

真野さん

真野 治子さん

富士アカデミー 2007年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN02320号

自己紹介

2006年11月開講生。富士アカデミーのご指導のお陰で通訳ガイドになるという夢が叶えられました。

私のモットー
「この次は家族(友人)と一緒に又日本に来たい」とお客様に言って頂けるよう、楽しいツアーを目指しています。

旅行の概略

日程: 2日間 都内観光
人数: ポーランド人33名 (お客様30名、添乗員1名、日本語・英語ガイド1名、
日本在住コーディネーター1名) 通訳ガイド1名
お客様: 電気会社関係者のツアー
訪問箇所: 1日目 (浅草・東京タワー)
2日目 (靖国神社・秋葉原・皇居・原宿)

ガイディングの実際

[1日目]
16:00 ホテル出発
16:45−17:15 浅草観光 (浅草寺・宝蔵門・浅草神社)
17:45−18:45 東京タワー観光
19:30 新宿到着
[2日目]
9:40 ホテル出発
10:00−11:45 靖国神社
12:15−14:30 秋葉原 (ショッピング・昼食)
15:00−16:30 東京駅〜大手門〜二重橋散策
17:15−18:15 原宿散策 (代々木公園前〜竹下通り)
19:00 新宿到着

ハプニング

連休の土日の観光だった為、東京タワーではエレベーター待ちに約20分。
2日目は皇居散策に時間を取った為、原宿到着が遅くなり明治神宮参拝ができず、原宿散策に変更。

新たな発見

30名のグループなので人数確認には一番気を配りました。ポーランド流の数え方は・・・”London bridge is falling down~”の歌のように二人でアーチを作り、お客様が次々にくぐって行きます。くぐった人数を数えればOK!正に目から鱗。 浅草・秋葉原ではこの方法でやりましたが、さすがに原宿の竹下通りではスペースが無く名簿を読み上げて点呼を取りました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

ツアー初日、覚えたてのポーランド語を交えて”ジェンドーブレ(Hello)My name is Matono.”と自己紹介したら、「マリヨーラ」というポーランド名を頂戴し、それからずっと私はマリヨーラと呼ばれました。
明るくて気さくなお客様で二日間楽しくガイドできました。

人、人、人で歩く隙間も無い竹下通りを見て、ただひと言 ”Shock!” 人口3800万人のお国からいらしたのですから当然ですね。

このツアーで特に準備したこと

靖国神社の遊就館は特に時間を取ってあったので念入りに下見しました。
実際には日本史に詳しいコーディネーターの方に説明して頂きました。

このツアーで特に配慮したこと

人数が多いのでガイディングはできるだけバスの中で済ませ、現地ではワンポイントだけ言うように心がけました。

旅を終えて

英語圏のお客様ではなかったので、私が英語で説明した後、添乗員の方がポーランド語に通訳しました。その為お客様に伝わる頃には車窓から見える建物が通り過ぎてしまう事が度々あり、難しさを実感しました。
今回のお仕事では日本語も堪能なガイドさんがポーランド人の視点からガイドをして下さり多いに助けて頂きました。バスの運転手さんの協力もあり、場所・時間の変更にも拘らずスムーズな観光が出来ました。

私のお勧め観光スポット

東京タワー展望台のlower deck…
上の階は混んでいても下は比較的観光客が少なく、カフェもあって夜景を楽しめます。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

通訳ガイドになりお客様を案内している時、充実感をしみじみと感じています。
地道に勉強を続ければ貴方の夢が現実になります!

Short Essay

お客さまを退屈させない話題を沢山持てるように日頃から心がけています。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ