« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語

中島さん

中島 信子さん

富士アカデミー2001年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 長野県第48号

 

自己紹介

私は、国宝・善光寺のある長野市に在住しています。一昨年末でそれまで勤務していた地元の放送局を退社したのを機に、通訳ガイドに力を入れようとしています。長野では、まだ通訳ガイドそのものに対する認識がまだまだというところで、なんとかPRしたいと、県内のガイド仲間が集まって何ができるか、今話し合っているところです。

私のモットー
笑顔で誠心誠意!!

旅行の概略

日程: 2008年1月29日(火)
お客様: 今回やらせていただいたのは、東京半日コースのガイドでした。
お客さまは、ヨーロッパの医療関係の方が14名、日本人の方が2名、合計16名。
 2名の日本人の方は企業の接待係ということで、英語が流暢で私はその方たちの指示に従うという立場でした。
期日とコースは以下の通りです。
訪問箇所: 京王プラザホテル新宿(11:45〜)→浅草(昼食・今半別館)→江戸東京博物館→東京タワー→京王プラザホテル新宿(18:45着)

ガイディングの実際

ホテルのロビー(3F)の出口からバスに乗り、挨拶と、当日のスケジュールの案内、浅草地域のことや浅草観音の歴史、何故日本は左側通行なのかなどを解説しながら浅草へ。昼食後、浅草寺境内の案内と仲見世通り散策。それから江戸東京博物館へ。中が広いので集合場所をしっかり決めて、見学開始。興味のありそうな展示のところで解説。特に水と江戸庶民の生活の結びつきについて話しました。(模型もそれに関連したものが多いので)また、当時の浮世絵などの印刷技術についてや、本屋も現代と同様、流行の着物の柄やおいしい食事処、芝居の案内などの情報を扱っていたことなども解説しました。東京タワーでは、お台場や羽田空港方面の夜景に特に人気がありました。そして無事ホテルに帰着。

ハプニング

出発前に、ドライバーさんと打ち合わせをしたところ、昼食場所ついて、ドライバーさんは、別の場所を考えていました。(なんと「今半」という名がつく和食店が浅草地区だけで3件もあるとか!)私は「今半別館」の地図を持っていたので、お客様と再度確認し、宝蔵門の側の店に無事到着しました。

新たな発見

東京タワーの解説をするとき、エッフェル塔と比較をすることが多いのですが、ヨーロッパからの方々は、エッフェル塔に誇りを持っていらっしゃるようで、女性のお客様から、高さだってそれほど変わらないし、エッフェル塔のほうが美しいと思うと意見をいただきました。お客さまのバックグラウンドを良く知って、臨機応変に対応すべきだと痛感しました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

医療関係の方のせいか、日本の平均寿命は、女性が85才にもなってこれから日本はどうするのかと少子高齢化について質問されました。
また、日本の古いものは博物館などでは見られるけれど、日常生活はどうなのか。東京はニューヨークのようで、ヨーロッパのように古いものを大切にしていないのではないかという指摘もありました。生活に根ざした日本らしさというものを外国の方は知りたいのだなと思いました。

このツアーで特に準備したこと

江戸東京博物館は展示内容が多いので、何について話したらよいか、下見をして考えました。

このツアーで特に配慮したこと

天候が曇りのち小雨だったので、浅草における見物時間の設定に気を配りました。

旅を終えて

私は、まだ新米ガイドなので、解説するとき、笑顔でと思いながら、思うようにならず、また唇も渇いてあせりました。水のボトルを持参するようにと、新人研修で言われたことを失念し、後悔しきり。でも最後にバスの中で「今日は楽しかったですか?」とお客様にお聞きしたところ、yes!と言う声と拍手をいただけたので本当に嬉しかったです。それが、通訳ガイドのやりがいなのだなと実感しました。

私のお勧め観光スポット

日本の美をテーマに展示することの多い出光美術館が好きです。展示を見終えて、ロビーの窓から皇居の森の方角を見渡すと、ほっと気持ちが落ち着きます。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

一歩一歩前へ!!  通訳ガイドは外国の方と触れ合うことで自分自身と向き合うことのできる素晴らしい仕事です。頑張ってください!

Short Essay

放送局に勤務している時には忙しくて出来なかったこと,例えば書道や、手芸も好きなので、ボビンレースというベルギーなどで織られているレースに挑戦しています。書道ももう少しうまくなれば、外国の方の前でも書けるかなと夢は膨らみます。最近読んだ本は、「日本人のしきたり」(青春出版社)、日本の行事について改めてそうなのかと納得しました。ツアーには、電子辞書(百科事典付、和英、英和付)、を持っていきます。ガイド中は開けませんが、直前に思いついて調べたいことも分かるので。 

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ