« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

奥田さん

奥田 明子さん

富士アカデミー2008年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN02555号

自己紹介

富士での御仕事は今回で二度目になります、奥田明子です。
ガイド試験には2009年度に合格することができました。ガイドとしましてはやっと一年たちました。

私のモットー
初心を忘れず、いろいろな事に興味を持って知識を深め、お客様に楽しんでいただけるガイディングを目指す。

旅行の概略

日時: 4月16日(金) 16:00〜19:30
お客様: オーストラリア人男女9名
訪問箇所: 浅草(浅草寺、仲見世)日本橋、銀座、皇居、国会、赤坂

ガイディングの実際

浅草寺雷門前に16:00にお客さまとお会いしました。雷門でお寺の縁起、建物の説明をしました。雨模様で大変寒かったため短めに済ませ、まずは、本堂でのお参りをした後、仲見世での買い物には1時間とる約束をしました。1時間後の集合場所は宝蔵門の軒下にしました。トイレも近く分かりやすく安心してみな仲見世に出かけました。私は3人のお客様と一緒に仲見世をまわりました。
浅草寺からはミニバスの中で東京の歴史を少し説明しました。(お客様で仲見世で徳利を買われた方がその徳利に書いてある東京の文字を尋ねてくださり良いきっかけになりました。)そののち話は日本酒になり焼酎の種類に発展しました。ついでに夕食のレストランのしゃぶしゃぶの話もしてしまいました。
ほどなく日本橋に着き、やはり仲見世で日本橋が描かれた浮世絵を買った方が目を輝かせ、他のお客さんは上を走る高速道路を見て、きれいな橋なのに残念だと洩らされるなど、いろいろな反応がありました。
銀座では歴史を話し、ブランドショップのまえを通り木村屋と和光のはなしをしました。
そこから、交通渋滞がひどく時間ができてしまったので、皇居と天皇陛下や皇室のはなしにつなげました。
(皇室のカレンダーでお写真を見せると興味を持たれました。)
そののち国会議事堂で政治のしくみを話そうとしましたが、みなさん眠くなりやめました。
すぐ首相官邸から赤坂へ外堀通りに入り無事レストランへと到着しました。
レストラン「しゃぶ禅」の掘りごたつにみな喜んでいました。
オーダーをお手伝いし、業務を終了させていただきました。

ハプニング

新たな発見

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

このツアーで特に準備したこと

このツアーで特に配慮したこと

旅を終えて

私のお勧め観光スポット

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

ガイド試験は英語力を強化されるのは必須ですが、他の英語の試験と大きく違う点があると思います。
ガイド試験は日本の事象、歴史、文化をできるだけ多く正しく知り英語で説明することが求められます。
ときには、机上の勉強を離れ、町に出て目の前にあるものを英語で説明してみたら、どうなるか考えて歩いてみるのも、有効なことではないでしょうか。がんばってくださいね。

Short Essay

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ