« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

佐伯さん

佐伯 典子さん

富士アカデミー 2007年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN00544号

自己紹介

通訳案内士登録をして5年目になります。
合格直後は、何とか仕事に繋げたいと、積極的にいろいろな研修に参加し、営業活動などもしました。
このところは、この5年間の間にいくつかお仕事をさせていただいたエージェントからの仕事をポツポツさせていただきながら、専ら英語力の底上げをしておりますが、そろそろまた、営業活動をしようかと思っています。

私のモットー
やるかやらないか、迷ったらやる方を選んで、全力で準備する。

旅行の概略

今回は、世田谷区のハーフマラソンに参加するオーストラリアからの招待選手ご夫婦がお客様で、11月9日から12日までの3日間の中の第1日目の世田谷246ハーフマラソンのコース下見、世田谷美術館、区役所および区議会への表敬訪問が私の担当でした。

ガイディングの実際

私の担当は、ガイドというよりも通訳業務がメインでした。
まず、世田谷区役所を出発して、お客様がホームステイをしているお宅に迎えに行くところから始まりました。奥様の方は、とてもお話し好きで、旦那様は笑顔の素敵な方でした。
その後、マラソン計測員の平塚さんも交えて、車窓からマラソンコースの下見を通訳しました。
平塚さんは楽しい方で、終始なごやかに楽しくお話ししました。

その後、世田谷美術館にあるレストランで昼食後、美術館に入りました。
当日の企画展での作品鑑賞において、モダンアートでしたので、ちょっと分かりにくいので、それぞれ部屋で展示されている作品の概略をご説明しました。当日は、副館長様もご一緒に回ってくださり、最後に当日の企画展の作品の写真が載っている本をプレゼントされて、お客様は大喜びでした。
その後、区役所に戻り、区長表敬訪問、区議会に移動して区議会議長表敬訪問をしました。
区議長は英語が堪能でしたので、そちらでは、国際課長の隣に座って、区議長とお客様が談笑されるの適宜通訳するという役目でした。

ハプニング

前もってうかがっておりましたが、区長挨拶では予めいただいていた原稿とは違うことをお話しされましたが、関連した内容でしたので、何とかやり抜きました。区議会表敬では、区議長が英語で流暢にお話しされたので、良かったのですが、ゲストと区議長が、弾丸のようなスピードで休みなく話されましたので、それをすべて課長に通訳するというわけにはいきませんでした。

新たな発見

今回初めて世田谷を訪れて、世田谷の広さと、ゆったりとした雰囲気、坂の多い地形や、世田谷区の海外との交流が多いことに感心しました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

今回の表敬で、日本側の方々はオーストラリアのような国土の広い国から来ているお客様が、世田谷に来て、さぞかし狭く感じているのだろうというような印象を持っていると思っていたようですが、お客様は西オーストラリアのバンバリーという小さな市から来ているので、逆に世田谷はとても広いとおっしゃったのが意外でした。

このツアーで特に準備したこと

表敬訪問が最も気がかりな部分でしたので、過去に担当された富士のガイド体験談がないか調べてみました。そしたらなんと、富士の合格祝賀会で素晴らしい話術で体験談をお話ししてくださった河野貴代美さんが担当なさったことを知り、かなりプレッシャーになりました。河野さんにもメールして、アドバイスを仰ぎ、とにかく最大限の準備をしようと思いました。いただいた式辞次第の翻訳はもとより、話がどのように展開するか推測すべく、区長のブログもチェックしました。マラソンの下見で使われそうな言葉を推測するために、インターネットで、過去に実際のコースを走ったいろいろな方のブログを読んだり、他のマラソン大会での記事で、道路の表現などを探しました。世田谷美術館は、下見をして、パンフレットをもらい、美術館の概略と企画展のことを説明できるようにシナリオを作りました。

このツアーで特に配慮したこと

とことん準備をして、本番はできるだけ楽しもうと思いました。

旅を終えて

自分自身の表敬訪問の担当が、大過なく無事に終わって、安堵と幾分の達成感に浸っておりましたが、11月11日、FM世田谷で、世田谷246ハーフマラソンの実況中継を聞いていましたら、なんと偶然にも、今回のゲストランナーのお二人がインタビューを受けて、その通訳を担当している傍島さんの通訳も聞くという幸運に恵まれました。傍島さんのすばらしいインタビュー通訳を聞いて、今はもっともっと頑張らなければという思いです。今回このような貴重な機会をいただけたことは本当にありがたく、これからも一つ一つの仕事に全力で臨みたいという思いでいっぱいです。

私のお勧め観光スポット

世田谷美術館。アクセスは不便ですが、砧公園の中にあり、展示会場だけでなく、屋外屋内のところどころに面白い作品が展示してあります。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

"Luck favors prepared." 頑張って勉強してきた人には、きっと幸運がありますよ。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ