« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語

渋谷さん

渋谷 由春さん

2009年度 富士アカデミー新人研修セミナー受講生
通訳ガイド免許番号(登録番号)埼玉県 第EN00504号

 

自己紹介

通訳ガイドは学生時代にとりたい!と思った最初の資格でした。
それから紆余曲折ん十年?昨年ようやく長年の夢をかなえることができました。

私のモットー
一期一会。出会いを大切に。

旅行の概略

日時: 2010年1月26日(火) 9:00〜17:30
お客様: 北海道、兵庫、千葉からのお客様。皆さん日本人。総勢17名(うち子供1名)
訪問箇所: マイクロバスにて9:00に東京駅丸の内口を出発。
東京タワー、築地、二重橋、浅草、お台場で下車して観光(築地はランチ)。途中、車窓から国会議事堂、官邸、表参道、渋谷、六本木ヒルズ、増上寺、歌舞伎座、秋葉原、仏壇通り、アサヒビール本社、国技館、相撲部屋、吉良屋敷跡、月島等を案内。

ガイディングの実際

平日だったので道路渋滞もなく、また観光地で待たされることもなく時間的には余裕をもって行程を進められました。当日は天気にも恵まれたので、各下車ポイントで降りた後も、お客様と話しながら楽しくご案内でき、まさにガイド日和。それほど寒くない冬晴れの日は、都内観光にはよい時期かもしれません。

ハプニング

東京タワーをでるところでバスの中で歓声が!何事かと思って聞いてみたら、ジャニーズ事務所に所属する有名人がいたとのこと(テレビの収録にきていたのでしょうか)。
こういう思わぬハプニングに出会えるのも東京ならでは、と実感!

新たな発見

お客様のなかで、築地がルートに入っているので参加してみたという方がいらっしゃいました。
築地は、今まさに旬なスポットだと実感しました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

築地はどこが美味しいですか?という質問がありました。やはりランチの関心は高い!
また虎ノ門の地名の由来は?という質問も。
地名の由来については主だったところは調べておいたほうが安心です。

このツアーで特に準備したこと

前の週に築地と皇居は場所の確認も含めて、訪ねておきました。
皇居は中国人の観光客が多くて、びっくり!現在の中国パワーを見せつけられました。

このツアーで特に配慮したこと

ガイドというとどうしても場所の案内に重点を置きがちですが、ひとりよがりにならないよう、お客様へのおもてなしをまず考えるようにしました。後、できるだけ多くのお客様に少しでも声をかけるようにこころがけました。

旅を終えて

今回参加されたお客様は9割が女性の方。
そのせいか歴史的な説明よりも今の話題のほうが受けがよかった気がします。
築地のランチは皆さん楽しんでいただいたようでした。
また食べ物の話題は世代、男女を問わず一般受けがいいようです。

私のお勧め観光スポット

探してみると旧日銀、皇居、東大、国会議事堂など都内には無料で案内をしてくれる場所が沢山あります。こういうところを探訪してみると新しい発見もあるし、知識も実践的につくのでお勧めです。
また昨年訪れた迎賓館はここが日本と思えないほど素晴らしかった! 5月ごろに内部見学の公募をしているので、よければ応募してみてください。必見です(もちろん無料)!

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

仕事を終えたとき、お客様から「有難う」「Thank you!」と感謝の言葉をいただけるのが なんといってもガイドの仕事の醍醐味。感謝の言葉をかけてもらえる仕事というのは、実はそんなに多くありません。覚えなくてはいけないことが沢山あって大変ですが、お客様と一緒に楽しみ、感謝してもらえるこの仕事はとてもやりがいがあります!合格してガイドをしている自分をイメージして、今を頑張ってください!

Short Essay

ガイドには、案内する場所の知識が必要なのはもちろんですが、同時に相手が何を望んでいるのかを察して、それに臨機応変に対応することが必要になります。歴史に関心のない方に歴史の話ばかりしてもつまらないでしょうし...そういう意味で、いろいろなことに関心を持つようにしています。
あと、どの地域にどんな食べ物屋があるかという情報も欠かせない!というわけで時間とお金に余裕があるときは、道場荒らしならぬレストラン荒らし?に励んでいます。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ