« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語17

菅野さん

菅野 典代さん

富士アカデミー2006年度2次セミナー・新人ガイド研修受講生
通訳ガイド免許番号(登録番号)神奈川2121号

 

自己紹介

仕事を始めて1年目。毎日が修行です。

私のモットー
ストレスをためない
都合の悪いことは都合よく忘れる

旅行の概略

10月30日午前9時〜午後1時半、お客様6名(インドネシア・シンガポール)
浅草(散策)、皇居・国会議事堂(車窓から)、東京ミッドタウン(昼食)

ガイディングの実際

浅草・・・浅草寺・浅草神社・仲見世をご案内、日本の宗教事情を説明
皇居・・・車窓から皇居の歴史・天皇と将軍の違い等を説明
国会議事堂・・・車窓から建物の説明、日本の政治事情
東京ミッドタウン・・・最近の都市開発・消費事情等の説明

ハプニング

特にありませんでした。

新たな発見

浅草寺で菊の展示を見て、非常に興味を示されていました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

東京ミッドタウンを造った意義を聞かれました。

このツアーで特に準備したこと

9月に首相の交代があったばかりでしたので、その辺の事情について。

このツアーで特に配慮したこと

お客様がビジネスマンでしたので、日本のサラリーマン事情など  関心のありそうな話題を選びました。

旅を終えて

非常に熱心に話を聞いてくださり、感動しました。

私のお勧め観光スポット

明治神宮

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

(HEJ社長の受け売りですが)成功する秘訣は成功するまであきらめないことです。

Short Essay

会社の招待旅行などでは英語の堪能な日本人担当者が同行することが多いのですが、  英語を話す技術に限ってみれば私などとてもかなわないと思うことがあります。  だからこそ、何を話すかがガイドの命だと痛感します。毎日360度アンテナを  張っているような感じですが、今日のように日本人の担当者から興味深い話だったと言っていただくとやりがいを感じます。 

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ