« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語10

多田さん

多田 弘幸さん

富士アカデミー2006年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 埼玉県第EN00390号

自己紹介

31年間の会社員生活から早期退職し、第二の仕事として通訳ガイド業を立ち上げようと奮闘しています。

私のモットー
日本をより好きになってもらい、リピーターになってもらうように心がける。

旅行の概略

日程: 2009年12月12日(土)
お客様: 日本企業の招待客でタイの電力省の公務員 38人と日本人オルガナイザー様 4人
訪問箇所: ホテル・ヴィラフォンテーヌ汐留〜国会議事堂(車窓)〜皇居前広場〜浅草寺・仲見世〜遠州屋(ランチ)〜上野駅前(一部下車)〜秋葉原・万世橋(一部下車)〜上野公園駐車場(ピックアップ)〜秋葉原(ピックアップ)〜ホテル・ヴィラフォンテーヌ汐留

ガイディングの実際

前日にお仕事をいただき、急に発生したツアーのようでした。朝8時ホテル出発で、この日は観光でゆっくりされる日とのことで、時間はたっぷりあり、午後はフリータイムで日本人オルガナイザーと私で分担して、小グループをアテンドするという内容でした。

楠公駐車場は8時半オープンなので、あまり早く着かないように、国会議事堂を回ってもらいました。
二重橋では写真撮影などで、かなり列は長くなりましたので、私は日本人の方の近くにいて、バスの中の外国人向けよりも、レベルアップしたガイディングを心がけました。
日本人の方にもガイドの話を聞けて得したと思ってもらいたいからです。

二重橋前の欄干のアカンサスの葉のデザインを見ながら、日本の近代建築の黎明期をコメントするというもので、一人の方は港区出身でしたが、私も港区の南海小学校出身で、話が盛り上がりました。

浅草寺では本堂内のお守り売場が超人気となり、多くの方が各種のお守りを買われていました。
まるで、お寺の販売促進の通訳になったようでした。一人で3個買われた方もいました。

遠州屋は田原町の駅の近くにあるてんぷらとお刺身の創業43年のレストランで、大人数の団体に適していました。お座敷でリラックスしたムードでした。

ハプニング

秋葉原では数人のグループをアテンドしていましたが、地下鉄で渋谷へ行く人もいて、次第にバラバラとなり、ゲストの希望でバスのピックアップの時間も当初予定より遅く設定され、オルガナイザーさんの指示で、ガイドは予定通り18時まででOKとのことでしたので、秋葉原にて終了させていただきました。

新たな発見

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

ランチのときにタイの女性の方からシナモンロールがどこで買えるかという質問を受けました。
サンリオなどは行程に入っていませんでしたが、秋葉原でキャラクターが買える可能性が高いと思っていましたが、同じグループでアテンドすることはできませんでした。

このツアーで特に準備したこと

このツアーで特に配慮したこと

一部離団、その後合流というのはインセンティブでよくあるパターンと思いますが、意図的な離団と積み残しの区別。

旅を終えて

今月は長いツアーが連続して大変でしたが、タイミング良くこのツアーを担当できて幸運でした。

私のお勧め観光スポット

横浜。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

一時休止していた英文週刊誌タイムの購読をまた始めました。結局は英語の仕事をやる以上、タイムの論旨が自力でとれるかどうかがプロの原点と思います。お互いに頑張りましょう。

Short Essay

今月、別のツアーで3年前の合格祝賀会の講演会でお世話になった高宮暖子さんに偶然再会しました。感激!

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ