« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語14

辻村さん

辻村 学さん

富士アカデミー2005年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)東京都第5784号

自己紹介

30年間勤めた会社を2006年いっぱいで早期退職し、高校生の頃から好きだった英語を活かして日本文化を紹介できるガイドの世界に飛び込みました。

私のモットー
出来るだけ事前に計画を立て、準備する。

旅行の概略

2008年4月17日(木)。ベトナム人3人(40〜60代の男性)。二人は英語がほとんどわか らず。残りの一人は結構わかる人でしたが、わからないこともしばしばありました。
品川プリンスメインタワー9:30〜東京タワー〜銀座(車窓より)〜浅草(三定での天丼のラ ンチを含む)〜皇居(二重橋前)〜有楽町ビックカメラ〜品川プリンス16:00少し前

ガイディングの実際

品川プリンスに9:20分頃到着。運転手さんに電話し、車番を確認。現在位置は、ホテル まで、後2キロの位置とのことでした。皆が揃ってから、再度、電話して玄関前に車を 回してもらうことにしました。
観光の依頼元の日本の企業の方がいらっしゃっていたので、その方と行き先について打ち合 わせ。事前には、東京都内ということしか聞いていませんでした。まず、東京タワーに行 って、それから浅草に行ってくださいとのこと。二重橋前も提案しましたが、後は、雨に なるかもしれないので、国会議事堂や新宿の高層ビルを車窓で見せてあげてということで した。

お昼は天ぷらでいいか確認すると、いいでしょうとのこと。また、ランチ代はお客様に 払ってもらうことになっていることを説明。東京タワーの入館料もかかることを話 すと、会社に請求してくださいということでした。 その会社の方は仕事なので、会社に向かわれました。気分的には、むしろ、楽にな りました。

出発前に、運転手さんと行程について打ち合わせ。ジャンボ・タクシーの拘束時間につ いても確認。予定の3時半を、10分とか15分過ぎても問題ないとのこと。追加料金は、 30分単位でかかるとのことでした。

まず、東京タワーへ。品川からなので、15分ぐらいで到着。車を降りる際に、運転手さ んが、駐車場は2Fに当たるので、1Fに降りてチケットを買うように ということを言っ てくれました。

(東京タワー)
150メートルの高さの第一展望台へ。ゆっくりと一周しました。英語のわかる人と、や りとりは主にしました。必要に応じて、あとの二人のためにベトナム語に通訳してくれま した。下を見るとお墓が見えました。すると、あれは我々、皆が行く世界だねと言って、 笑わせてくれました。レインボー・ブリッジの名前は、口頭で言ってもなかなかわかって もらえなくて、紙に書いてわかってもらいました。250メートルの第二展望台にも行きた いようでしたが、検査中で行かれませんでした。一階下に階段で下りて、床の一部がガラ スになっている”Look Down”という場所から下を見たりしました。

エレベーターで4Fに降りて、更に階段で3Fに降りると、お店を見たいというので、し ばらく見てもらいました。まだ、両替をしていなくて、米ドルしか持っていないとのこと で、ドルが使えるかお店の人に聞いたのですが、無理でした。また、タワーの中には、両 替出来る場所はありませんでした。両替は、浅草に行ってからしようということになりま した。
次は浅草に向かいました。30〜40分で浅草に着くとのことでした。 時間を考え、車の中からケータイでお昼の予約を入れました。11時45分で、天ぷらの 「三定」で席だけを、とりあえずお願いしました。はじめ、「葵丸進」に電話したのですが、 予約で既に一杯とのことでした。今は、ケータイがあるので、本当に便利ですね。

(三定でのランチ)
雷門の前で車を降り、すぐに「三定」に行きました。 用意していた天丼と天ぷらの写真が載っている紙を見せて、どちらがいいか聞くと、天丼がいいというので、天丼を注文することに。汁物もほしいというので、おすましも頼みました。天丼は並で、イカ、ナス、魚、エビの天ぷらが載っているものでしたけど、おいしかったです。皆さん、箸を上手に使って、残さずに食べていました。食後にはすぐに楊枝を使っていました。

(浅草見物)
まずは、雷門のところで記念写真を撮っていました。写真は結構好きなようで、いろんな場所で撮ったり、あるいは撮ってほしいと頼まれました。 香炉のところでは、皆さん、煙を肩や頭にかけていました。 お賽銭箱のところでは、皆さん、お賽銭をあげてお祈りをしていました。 帰りは二天門の近くから車に乗る予定だったのですが、お店を見ていたら、結局、雷門の方まで戻ってしまいました。ひとりの人は、お土産にキーホルダーを11個買っていました。

運転手さんに電話をして雷門の方に車を回してもらいました。バスではなく、ジャンボ・ タクシーなので、このような時は小回りが利いていいですね。 皆さん、結構、トイレが近いみたいで、車に乗る前に、観光案内所のある建物のトイレに行きました。

(皇居二重橋前)
車を降りてから、雨が降り始めてしまいました。ホテルで傘を借りてきて、車を降りる時に、傘を持って降りるように指示して良かったです。  二重橋前で、中に入れないのかと聞かれ、1月1日と12月23日の天皇誕生日の二日間は、中に入れるということを説明。しばらくすると、二重橋を渡っている人が見えました。それで、あの人たちは事前にインターネツトで申し込んで許可を得たことを付け加えました。中に入りたそうでした。  帰りがけにベトナム人の団体さんに偶然会いました。  楠正成の銅像のある駐車場の近くに交番がありますが、そこの近くにある桜の木は、まだ、結構咲いていました。ここでも記念写真を撮っていました。

(ビック・カメラ)
買い物をしたいというので、車窓から国会議事堂や新宿の高層ビルを見るのをやめて、有楽町のビック・カメラに行きました。30分の予定で入ったのですが、50分でやっと出ることが出来ました。ビック・カメラやヨドバシカメラに行く時は、要注意ですね。  時計売り場で、1万円以上買えば、消費税が外国の方は免除になると聞きました。結局、時計は買いませんでしたが、香水を二つ買うことになり、金額も1万円を超えます。ところが、消耗品的なものは対象ではないというのです。ここで店員さんの一人が知恵を絞ってくれました。カードを作ってくれて、一個目の香水でポイントをためてくれました。そして、二個目の香水を買う時にそのポイントを使ってくれたのです。470円安くなりました。香水を買った方も納得してくれました。

(握手をしてお別れ)
もっと居たかったようですが、遅くなると車のお金を払わないといけなくなると言って、 帰ることにしました。ホテル到着は、ちょうど4時ぐらいになりそうで、車の渋滞ということで処理しますので、追加料金はかかりませんという運転手さんの優しいお言葉がありました。ホテルには、16時少し前に到着。お客さんの方から握手をしてくれました。言葉は思ったほどは通じなかった面もありましたが、一日一緒にいると情も移りますね。

ハプニング

ハプニングというほどでもないのですが、三ヶ所訪問してやっと両替出来ました。まず、ホテルなら間違いないだろうということで、まず、浅草ビューホテルに行きました。でも、宿泊者以外は両替出来ないとのこと。仕方がないので、どこで両替出来るかを聞くと、歩いて7分ぐらいの郵便局で出来るとの話。カーナビで検索してもらい、近くの西浅草郵便局に行ったところ、小さな郵便局のためか、両替出来ないとのこと。田原町駅前の郵便局だと出来たらしいのですが。結局、ランチの後で、雷門近くの三井住友銀行に行って、無事に米ドルを日本円に両替出来ました。

新たな発見

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

このツアーで特に準備したこと

実施日の一週間前ぐらいから何日かかけて、皇居二重橋前・東御苑、明治神宮、竹下通 り、オリエンタル・バザー、浅草(三定含む)、品川プリンス・メインタワーに行っておき ました。
また、浅草でお昼を食べることを想定し、いくつかのお店の電話を控えておくと共に、メニューを調べてカラー印刷しておきました。

このツアーで特に配慮したこと

英語の理解が不十分の様子だったので、数字や理解してもらえない単語を紙に書いて理 解に努めました。
また、お客さんの希望に出来るだけ沿えるようにしました。

旅を終えて

言葉があまり通じなくても、お客さんの希望に沿えるように努力すれば、わかってもら えるものだと思いました。

私のお勧め観光スポット

汐留の電通ビルやコンラッド(ホテル)から眺める景色はすばらしいです。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

諦めないで勉強を続ければ、道は開けると思います。頑張ってください。  また、たまには、観光地を訪問するのも気分転換にもなり、将来の準備にもなり、いいと思います。

Short Essay

「箱根人の箱根案内」、「東京・江戸を歩く」、「第1回江戸文化歴史検定出題公式解説集」を購入してきました。箱根について勉強したり、江戸文化歴史検定を受けてみたいと思います。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ