« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語13

鳥路さん

鳥路 美紀さん

富士アカデミー2006年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN00395号

自己紹介

ガイド資格を取得後時々ガイドの仕事をしています。
毎回仕事はチャレンジングですが、様々な経験を積んでいきたいです。

私のモットー
“継続は力なり”
“何事も前向きに捉えて前進あるのみ”

旅行の概略

日程: 2月10日(木)、11日(金)午前10時から午後6時まで
お客様: 50代後半のヒスパニックのアメリカ人ご夫妻
訪問箇所: ハイヤーで都内観光(浜離宮、明治神宮など)にご案内致しました。

ガイディングの実際

10日午前9時半前にお客様の宿泊先ザ・ペニンシュラ東京に到着。9時半過ぎにドライバーさんとミートして挨拶。この度の行程は前日まで都内観光としかわからず、お客様から事前リクエストも特になく会ってから聞くことになっていた。10時過ぎにロビーでお客様ご夫妻とミート。前日アメリカから到着したこともありこれから朝食をとりたいとのことで私も同席して二日間の日程を相談した。
お客様は前日に私がホテルに送ったお勧めの都内観光スポットを記したファックス(ファックス送付はエージェントからの指示により)を見ながら築地市場、浜離宮、東御苑、浅草、国立博物館の日本ギャラリーに行きたいとのこと。また日本絵画や室内飾りとしての陶器を買いたい、ランチは天ぷらと神戸牛が食べたいとのことだった。翌日が祝日で市場が休みなのでまず築地市場からスタートすることにした。
また翌日の天気予報が雪だったので晴れている第一日めになるべく屋外観光ができるようにした。
ご夫妻が日本庭園が好きとのことだったので、この日は築地の後、浜離宮、昼食後明治神宮、銀座のギャラリー(ホテルコンシェルジュの方に調べてもらった。)に行くことにした。この日のランチは天ぷらがいいとのことで、お金はいくらかかってもいいからとのことだったのでお店に詳しい知人に聞いて六本木ヒルズにあるミシュランスター付きの天ぷら店「みかわ」に席予約した。また、翌日の神戸牛のお店もホテルコンシェルジュの方に聞いて席予約をしておいた。築地の場内市場に到着したのは10時45分頃で仲卸のお店もほぼ片付けに入りつつあったが、何とか鮮魚を陳列している所を見ることができて、ご主人もさかんに写真を撮り、市場はきれいだと何度もおっしゃっていた。浜離宮では植木好きなお二人が多くの松の木を喜んでゆっくり散策した。
その後昼食まで時間があったので六本木近くの八芳園にお連れした。八芳園はお茶室など利用せず、庭園散策のみは難しいかもしれないがその際は頼んでみるとドライバーさんもおっしゃって下さったが、結局散策することができた。庭園入り口の早咲きの桜も少し咲き、見事な盆栽もありかつ当日何組かの婚礼があったので着物やドレスを着た新郎新婦の写真も撮らせてもらい、ご夫妻もとても楽しまれたようだった。
ランチは1時半から1時間少々かかったが、お店はこじんまりとしているが味も、お店の方の対応も良く英語併記メニューあり、掘りごたつ式の席に座れたのでお二人も満足されていた。
明治神宮には表参道を通って行ったがブランドのお店が立ち並んでいるのをみて、奥様は驚かれていた。明治神宮では手水舎で清めた後参拝をして散策を楽しまれた。4時近くになり寒くなってきたので、ホカロンをお客様に渡して銀座の画廊に向かう。画廊では(コンシェルジュの方から予め予約しておいた方が細かい対応頂けるとのことだったのでお昼ごろに予約しておいた。)いくつか気に入った作品があったが購入はされず、その後一度ホテルに帰り荷物を置いて銀座に再び向かった。お二人だけで銀座の画廊など自由散策したいとのことで、お二人と車を降りてこの日は業務終了。

翌日は天気予報通り早朝から雪が降り、とても寒かった。お客様もこの日はこの度の日本を含むアジア旅行の最終観光日で恐らくお疲れだったのだろう、ロビーに現れたのが10時半過ぎでこれから朝食を取り身支度したいとのことだった。前日同様朝食に同席させてもらい、観光予定について話し合った。
天気が終日悪そうなので当初の予定を変更して屋内の観光施設を希望された。そのためまず上野の国立博物館日本ギャラリーに行くことになった。またお昼も神戸牛ではなく(急遽その日のディナーに東京の友人が神戸牛のお店に連れて行ってくれることになったとのことで)遅めの午後2時半頃に何か他のものが食べたいとのことだった。お二人が身支度のため客室に戻られた後コンシェルジュの方に銀座の和食、洋食のお店をいくつか聞いておいた。12時頃スタートして皇居を車窓から見て、日本橋、秋葉原を通り上野の博物館へ。途中お昼の希望を聞いてそばをトライしてみたいとのことになり、銀座の「権八」の席予約をする。(奥様が海老、貝、蟹の甲殻類が食べることができないので、鴨なんばんなどあるかどうかお店に確認した。)
博物館ではお二人とも日本美術が好きなので自由に見学したいとのことで、1時間少々鑑賞。とても満足されたようで、雪が積もり始めた博物館前庭で写真撮った後、ランチを取りに銀座に向かう。ご夫婦で鴨なんばん、焼き鳥丼など召し上がったが、大変気に入ったようでお店の名刺ももらう。その後銀座の陶器を扱うギャラリーに行ったが値段が高いとのことで他を見てみたいとのことだったので、知人から教えてもらっていた日本橋高島屋にお連れする。高島屋に入った時、デパートの雰囲気が気に入ったようで1時間ほど自由に買い物をされた。そして銀座のアンティーク専門店を見てから午後6時頃ホテルに帰着。

ハプニング

2日目に雪が降ったことでしょうか。その他は特になかったです。

新たな発見

この度訪れたレストラン、画廊は全て銀座で、銀座はおおよそ全て揃うと改めて実感した次第です。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

(皇室の話の際に)天皇陛下の長女清子さんが結婚後皇室を出て一般人になった話をした時になぜ皇室の女性は一般人と結婚後皇族でなくなるのか?

このツアーで特に準備したこと

個人のお客様の場合多いですが、この度も事前に行程の詳細やお客様からのリクエストがなくいろいろな場合を想定しましたが、きりがないので主要な観光地(浅草、浜離宮、皇居、六本木ヒルズ、秋葉原など)はしっかりと案内できるようにしたく、事前に下見して英語でのスピーチ練習をするようにしました。 また、VIPのお客様と聞いていたので、都内の主要な場所の高級レストランを調べていくつかピックアップしておきました。

このツアーで特に配慮したこと

  • 天気予報ではツアー2日とも寒く、特に2日目が雪の確率が高かったので特に夕方は屋内施設に入れるように行程を考えました。
  • 個人旅行ですので、最大限お客様の希望にかなうようにコミュニケーションをよく取るようにしました。

旅を終えて

この度のお客様は日本の伝統芸術(庭園、盆栽、陶器など)と和食が大変お好きで、訪問地やレストランはどこも気に入って下さったようで私もうれしかったです。しかし自分のこのような伝統芸術に対する知識は本当に浅いので、今後ぜひ学ばなくてはと思った次第です。

私のお勧め観光スポット

日本酒に興味のある方にはぜひ青梅市沢井にある小澤酒造が経営する沢井園をお勧めします。
ほぼ毎日無料の1時間程の酒蔵見学があり、日本酒の造り方を学ぶことができます。
酒蔵見学後は園内のレストランや料亭で美味しい豆腐料理を頂くことができます。
多摩川上流沿いにあり隣の御岳駅まで川沿いの歩道もあるので風光明媚な自然の散策も楽しめます。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

最近ガイドの仕事をしていると、あらゆる自分の知識、経験が生かされることを実感します。試験勉強で学んだ時事英語、一般常識、歴史、二次対策の授業の質疑応答等ももちろんそうです。
また現場ではお客様を含め多くの方々(旅行会社の方、ドライバーさん、ホテル、レストラン、お店のスタッフの方等)との協力と共同作業でツアーが成立して遂行されることを痛感しますので、とてもやりがいのある仕事と思いますので、試験勉強は大変かと思いますが、ぜひがんばって下さい。

Short Essay

最近NHKの木曜夜の番組「ぶらタモリ」が好きでよく見ています。
毎回東京のどこかの街歩きをしながらその場所の歴史を知ることができます。
前回赤坂の街でしたが、その中で迎賓館が出てきました。昨年秋に一時だけ迎賓館の前庭が一般開放された時があり主人と行った際に説明員の方が「迎賓館は明治時代のシンボル、モニュメントです。昭和時代は東京タワーで、平成は東京スカイツリーでしょうか。」と話されたことが印象深いです。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ