« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語2

内山氏

内山 慶子さん

2004年度富士アカデミー卒業生
通訳案内士免許番号(登録番号)千葉県EN00451号

自己紹介

この仕事を始めて漸く2年が経ちましたが、様々な経験、色々な人々とお会いすることが出来、本当に刺激的なお仕事だと思っております。

私のモットー
お客様に喜んでいただき、「日本に来て、良かった!」と、笑顔でお帰りいただくこと。

旅行の概略

日程: 2008年7月14日(月)14:00〜17:00
お客様: 外国人8名(インド人4名、クロアチア人2名、ルーマニア人2名(ご夫妻)
日本人オーガナイザー2名
訪問箇所: 浅草、東京タワー

ガイディングの実際

14:00 丸ノ内ホテル集合、集合時間に遅れるお客様があり、実際出発したのは、14:15
14:35 浅草着、浅草神社、手水舎でのお清め、香炉、五重塔、本堂、おみくじ等の説明後、仲見世でのフリータイム、雷門の説明をし、写真を撮ることを薦めました。
15:30 浅草出発
15:55 東京タワー到着 大展望台見学
16:40 東京タワー出発
17:00 ホテル到着

ハプニング

東京タワーで、地震が発生したらしく、下りエレベータ前で集合したものの、エレベータが止まっており、10分ほど足止めを食らいました。地震は、誰も気づかないほどの大きさでしたが、機械が敏感に反応した様子で、再開の目途も立たず、お客様、オーガナイザーは、夜の予定に間に合うか、やや不安のご様子でした。階段で降りる、とおっしゃったお客様も居ましたが、足の悪い方もおり、いずれにしても、エレベータが再開するまで、待たなければいけない状況でした。ただ、日本語が少し話せる、陽気なインド人の男性は、そんな中、別の日本人観光客の人たちと、楽しそうに写真を撮ったり話したりしており、場の雰囲気も和みました

新たな発見

3で述べたような、予想しない出来事が起こりうる、ということ。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

このツアーで特に準備したこと

このツアーで特に配慮したこと

オーガナイザーが同乗されていたので、常に、オーガナイザーと相談して、指示に従う、ということ。また、ツアー終了後の予定が詰まっていた様子でしたので、時間内に終了する、ということ。

旅を終えて

エレベータのハプニングのため、17:00の終了時間に間に合うか、とても心配でしたが、大事にはならず、17:00丁度にホテルに到着することが出来、ホッとしました。お客様も喜んでいたご様子でした。ハプニングが起こった場合に、慌てず、適切な判断が下せるようになるには、やはり、場数を踏み、色々経験することが大切だと思いました。

私のお勧め観光スポット

浅草。浅草寺と浅草神社があり、仏教と神道の説明が出来る。おみくじは大人気。お土産屋も豊富で、その他に雷おこし作り体験、提灯絵付け体験が出来るところもある。また、浜離宮方面行きの水上バスも出ている。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

あきらめずに続けて下さい。私も合格まで時間がかかりましたが、本当に自分がやりたかったことは、この仕事だったんだ、と今実感しております。

Short Essay

最近、日本のことを扱ったクイズ番組が人気ですが、私もなるべく見るようにしております。また、藤沢周平の映画、ドラマ等を見て、感動しました。時代劇は、当時の武士や町人の様子も伺え、当時の日本人の生活習慣や歴史の勉強になります。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ