« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語8

若松さん

若松 君江さん

2003年度富士アカデミー卒業生
通訳ガイド免許番号(登録番号) 千葉県第975号

自己紹介

都内の専門学校で教えながら、時々ガイド業に従事しています。

私のモットー
自分自身も楽しみながら、お客様にもガイド本に書かれていない日本の良さを感じていただきたいと思います。

旅行の概略

お客様: 石油開発会社 INTEXのイラク人研修生12名、日本人2名の都内観光ガイド業務
訪問箇所: 千葉幕張アパホテル前より都内 (皇居東御苑、二重橋、国会議事堂車中より、
東京タワー、西麻布アラジンにて食事、浅草) 観光

ガイディングの実際

8:10 ホテル到着、ドライバーさんに連絡、ロビーにてコース、駐車場所、時間配分を確認。
8:45 ホテル前にバスを駐車してもらい、ロビーにほぼ集合しておられた皆さんに挨拶し乗車してもらう。
8:55 出発。幕張の開発の歴史、千葉県の概要を話す。途中東京ディズニーリゾート、葛西臨海公園等の説明、朝刊に入っていたマンションの広告を持参していたので、サラリーマンが家を買うのに要するお金、地価の話、日本の土地利用の実際に触れる。都内に入り東京、皇居と話を移す。
9:30 大手門前到着 大手門、三の丸尚三館、二の丸、本丸と進む。富士見櫓を見ながら東御苑から二重橋に向う。途中写真撮影に夢中で、遅れ勝ち。お供の日本人によれば緑の少ない国に住む彼らには、この上ない風景だからとの事、納得。喫煙も予定時間を上回る原因となった。二重橋前で集合写真。
11:30 楠正成像前の駐車場出発。 予定していた東京タワーは、無理なので国会議事堂前官庁街を巡り、西麻布アラジン(昼食場所)に向う。
11:55 到着。
13:55 出発。東京駅、新幹線の話、浅草に向う。秋葉原駅前を通り、おたく文化、アニメ、メイドカフェに触れる。上野公園、浅草の歴史、浅草寺について。
13:40 浅草寺二天門前到着、浅草神社、本堂参拝、境内の説明概略。写真撮影に夢中の様子。晴天、3連休初日とあって、境内は芋を洗うような混雑。なかなか集合場所の説明も徹底しない様子。
14:50 自由時間 境内では太鼓と小太鼓が打ち鳴らされ、お祭りムードが漂っていた。リハーサルだとの事。
16:00 仁王門前集合 16:05集合完了。
16:15 出発 日本人の宗教の話をしながら、高速道路に乗る。混雑も予想されたが予定どおり。
17:02 ホテル到着。

ハプニング

喫煙と写真撮影に時間がかかり、東京タワーを断念せざるを得なかったこと。

新たな発見

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

皇宮警察の数を聞かれ、調べてあったはずなのに応えられず、申し訳なかったと思います。

このツアーで特に準備したこと

皇居東御苑のカラーコピー、建築中の東京スカイツリーの概要。

このツアーで特に配慮したこと

イラク人の母語はアラビア語であり、石油関係の技術者であることを配慮し、分かりやすいよう写真を用意した。

旅を終えて

英語でガイドをという要請ではあったものの、話す英語は母国語ほどに流暢とはいかないのは私も同じ。当然ながら、12名のイラク人の方々がどこまで私の英語で、日本と日本人を理解してくれたのか、不安ではありました。同行の日本人に拠れば、彼らの英語力が追いつかなかったのかもしれませんとのこと。ただ、戦後復興に寄与する人材でもある彼らが、2週間の研修半ばで、会社が用意した慰安旅行ともとれる東京観光を、母国の家族、同僚へのみやげとして、私と一緒に写真に収め、心から楽しんでいる様子は、ガイドをしなければ経験することのない感動でした。

私のお勧め観光スポット

千葉県佐原地区。知られていない、歴史に埋もれた寺や神社が多い。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

Short Essay

初めて会う外国人に日本と日本人を理解してもらう仕事は、いかにも意義深い。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ