« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

矢口さん

矢口 照雄さん

富士アカデミー2008年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)東京都第EN02576号

自己紹介

昭和18年生まれ、66歳、2008年度合格、青山学院大学洋学史研究会会員、日蘭友好協会会員
趣味は古文書学習、古典尺八

私のモットー
至誠通天

旅行の概略

日程: 2010年4月11日(日)8:30〜18:00
お客様: タイ人10名
訪問箇所: 箱根湯本〜大涌谷〜芦ノ湖

ガイディングの実際

マイクロバスで移動、自己紹介、日本国土、地形上の特徴、火山、気候、日本の四季、日本の政治機構、天皇の役割、日本の経済、農業等々を説明、特に温泉についてはその魅力、効用を強調。
昼食は、てんぷら、刺身、茶碗蒸しなどの日本食。
てんぷらの食べ方から刺身のわさびにいたるまで質問が殺到、まさに孤軍奮闘。
午後からは、大涌谷誕生の由来、芦ノ湖誕生の由来、箱根の関所について。まさに地理と歴史の先生。

ハプニング

自己紹介中、誕生日が12月5日であると言ったら拍手、ブーミボン国王の誕生日でタ イでは「父の日」とのこと。

新たな発見

北海道へタイからスキーに出かける人が多くなっているとのこと。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

環境問題に関心があり、原子力、火力、水力発電等について。
食料については「神戸牛」を知っており、ほかの牛肉との味の「差」について聞かれ困ってしまいました。

このツアーで特に準備したこと

インターネットでタイを検索、また箱根についても検索し英訳、2項の日本国土〜農業までを8割暗記(2次対策テキスト95〜97ページ)

このツアーで特に配慮したこと

みなさん初めての日本なので、なんでも聞いてくださいと伝え、誠意をもって対応

旅を終えて

西湘バイパスに入り小田原に向かっているとき、富士山が見えてきた。バスの運転手さんが今のうちに見ておくように、午後は見えなくなるからと。みなさん大喜び。このとき正直言ってほっとしました。
午後大涌谷へ行き昨年研修でそこから見たあの圧巻たる雄姿は晴れているのに見えませんでした。 それと、食事のときの質問攻めには自分だけでは7割ぐらいしか答えられなかったことを悔やんでます。
ご飯の上に振りかけられている赤紫色の粉、縁(ゆかり)を知らなかった。女将さんに教えてもらいながら同時通訳、しそ(紫蘇)(Beefsteak plant)が思い出せない。とうとう、しそLeafを梅干しといっしょに漬け乾かして粉にしたものと言ったらにっこり。まだまだ日本文化、事象の勉強をしなければならないと実感。

私のお勧め観光スポット

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

今回も前回同様マイクロバスでの移動でした。
箱根湯本に着くまで約2時間マイクを持ちっぱなし、お客さんが熱心に聞いているのがよくわかるのです、まさに授業の延長です。 1次試験まであと4カ月少々、Never Give Up

Short Essay

ケンペルやシーボルトたちが見た九州、そしてニッポン 宮崎 克則編

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ