« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

山田さん

山田 由起子さん

富士アカデミー2007年度合格者

自己紹介

富士アカデミーに2年間お世話になり、念願のガイド資格が取れました。通訳ガイド取得により、日本の歴史を勉強し、東京の名所旧跡を巡る機会を与えられて、普段の生活の中にも以前と違った興味がわき、楽しく毎日を過ごす事ができることに感謝しております。

私のモットー
ご案内したお客様が、日本に来て楽しかった、そして再び訪れたいという印象を残していただけたるよう、日々研鑽を積みたいと思います。

旅行の概略

日程: 2008年11月15日(土) 都内観光
お客様: ハンガリー人の男性1名
(当初2名の予定でしたが、イスラエル人の女性1名は飛行機のストライキの都合で帰国日程が早まり、キャンセルとなりました。)
訪問箇所: ホテルヴィラフォンテーヌ汐留(10:00)〜東京タワー〜増上寺〜浅草〜明治神宮〜
ホテルヴィラフォンテーヌ汐留(17:00)

ガイディングの実際

9:45頃に配車確認へホテル前に行くとドライバーさんから電話があり、ホテルの前には直前にならないと車を着けられないので、外に待機していますとの連絡があり。お客様をロビーでお待ちし、9:55頃にお会いし、日程の確認をして10:00に出発。当初、浅草とお台場など日本の新しいところと古いところを両方見たいとのリクエストでしたが、お会いしてみると伝統的なものにより興味があるご様子。天気予報によると午後から曇り、夕方には雨になるという事でしたので、ホテルから近い東京タワーに登って、東京の大まかな概観をご覧になってから、浅草などを訪問する事をお薦めし、東京タワーから回る事にしました。

10:10 東京タワー到着。土曜日でしたが、朝一番で行ったので、待つ事もなくすんなり入れました。展望台では、国会議事堂、六本木ヒルズ、ミッドタウン、お台場などを説明しながら一周回り、ご家族のお土産に東京のマグネットをご希望だったので、展望台の売店とフットタウン2階の売店により購入。
東京タワーから見えた増上寺をご覧になりたいとの事で、徒歩にて増上寺へ。
11:10 東京タワー出発。
11:20 増上寺到着。徳川将軍家のお墓がありますが、特別な日以外は一般公開をしていない旨をお知らせし、 水子地蔵、安国殿、本殿を見学。中は写真撮影もOKで、英語のパンフレットもあり。 仏教、お寺についても説明。
また、七五三の当日で、増上寺でも着物を着た子供たちが見られ、七五三の説明をしました。
11:50 増上寺出発。車を増上寺の裏手に回していただき、浅草へ。 途中、国会議事堂、迎賓館の前で停車して写真撮影。 その後、合羽橋で下車して、サンプルのお店を見学 昔は全部蝋細工だったが、今はほとんどプラスチックでできている。(お店の方の説明)
12:50 浅草到着。雷門近くで下車。雷門の説明。仲見世を通りながら、仲見世の成り立ちを説明。ここでもマグネットを購入。 雷おこし、揚げまんじゅう、煎餅などお菓子の説明もしましたが、食べ物にはあまり興味がないようでした。宝蔵門、手水舎を通り、11月16日(日)まで本堂再建50周年の行事の説明、浅草寺の成り立ち、本堂の天井画、おみくじ、そして浅草神社へ。 ここでも、七五三の子供たちが見られました。神社とお寺の違いを説明しましたが、 shrineという言葉自体をご存じないようでしたので、もっとわかりやすく説明をした方が よかったと反省しました。 その後、昼食へ。週末の浅草は混雑していて、予約ができなかったので、伝法院の方へ歩いたところで天ぷらのお店に入りました。カウンターから揚げる様子も見えて、とてもおいしかったので、お客様も満足しておりました。ただ、トイレが和式で、今回は男性で問題がなかったのですが、女性だったら大変だったなと反省し、グループの人数が多い時には浅草寺近くの洋式トイレがある場所で、トイレ休憩を取った方がよかったと思いました。
14:40 浅草出発。まだ、もう一箇所ぐらい寄れるお時間が会ったので、浅草から船で日の出桟橋まで行って、 車でお台場を回るか、明治神宮へ行くかお尋ねしたら、伝統的な日本をご希望でしたので、明治神宮へ行く事に決定。神宮外苑の銀杏並木を抜けて、明治神宮北門へ。 七五三で混雑していて、第3駐車場へ車を留め、小雨が降ってきたので、車に用意してあった傘をお借りする。
15:30 明治神宮到着。第2の鳥居まで歩く途中に明治天皇、明治神宮の成り立ちについて説明。手水舎、絵馬、お賽銭の傷の説明。ここでまたお寺と神社の違いを再確認。ずいぶん認識を深められたようでした。七五三のご祈祷を本殿の中で行っており、興味深くご覧になっておりました。また、結婚式の行列にも何組か会い、ビデオを取ったり、建物の中で行っている結婚の儀式について質問されたりしました。
16:30 明治神宮出発。
17:00 ホテルヴィラフォンテーヌ汐留到着。ホテル近くにあるのカレッタ汐留の46階からの夜景がきれいなので、場所を地図でご案内しお別れしました。

ハプニング

最後の見学場所の明治神宮で、ビデオのバッテリーが切れてしまい、充電する場所がどこかにないかと言われ、お守りなどを売っている場所にいる方にお願いし、5分ぐらい充電させていただきました。

新たな発見

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

明治神宮での結婚式の花嫁衣裳で、お一人は角隠しをかぶっており、もう一人は綿帽子をかぶっておられ、違いを聞かれました。係りの女性の方にお聞きしましたら、花嫁の好みで決めているそうです。
日本人としての常識の欠落をまた反省させられました。

このツアーで特に準備したこと

日程が決まってなかったので、自分なりにプランを考えて行きました。もちろんその通りには行かない事の方が多いので、可能性のある場所に資料をなるべく準備しました。 また、予めリクエストのあった浅草は下見に行き、車窓の景色がわからないので、はとバスにも乗り、確認しました。

このツアーで特に配慮したこと

旅を終えて

当初は1日観光、お客様一人で話題が続くか心配でしたが、お客様が私も訪れた事のあるハンガリーの方だったので、観光案内の合間にハンガリーのお話を聞かせていただいたり、お客様の気さくな性格のおかげでなんとか一日観光を終える事ができました。また、ドライバーさんにも恵まれ、観光のアドバイスや車窓から見える景色を車が通る少し前に教えて下さり、都内を車で運転した事のない私には本当に助かりました。 ツアー準備中にも富士の先輩方に偶然浅草でお会いし、ツアーのアドバイスをいただき、はとバスのガイドさんにもガイディングの内容など親切に教えていただき、今回のひとつの仕事でたくさんの方々の力添えをいただき、感謝しております。

私のお勧め観光スポット

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

ガイドの仕事はやりがいがあり、奥が深くそしてとても楽しいお仕事です。 勉強の合間に外に出かけ、実際のガイディングで必要な知識を今から増やしておくと、 後で有益ですし、息抜きにもなると思いますので、お勧めします。

Short Essay

日本の歴史や文化の知識について、たくさん引き出しを作り、話題を増やし。また、スピーキングのスキルもさらに磨いて、お客様に楽しんでいただけるガイディングを心がけたいと新たに思いました。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ