« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

山口さん

山口 吾往子さん


通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN00622号

自己紹介

2010年2月に通訳案内士試験に合格したばかりの駆け出しです。
今回2回目のバスツアーです。

私のモットー
出会いは一期一会
プロセスのひとつひとつを大事に、楽しもう!

旅行の概略

お客様: イギリスからのお客様16名+添乗員さん1名
日程: 10月17日(日)・19日(火)
10月17日(日) 京都:JR京都駅で新幹線ミート、二条城、金閣寺、ハンディクラフトセンター
10月19日(火) ホテルでミート、東大寺、春日大社観光、食事、乗せ込み後業務終了

ガイディングの実際

10月17日(日)
12:51 のぞみでお客様到着。
そのままバスに乗り込む。(八条口駐車場に10分限定で入れていただきました)
13:20 二条城到着
14:50 二条城出発
15:10 金閣寺到着
16:00 出発
御所の前を通り、ご説明
16:20 ハンディクラフトセンター到着
17:10 ハンディクラフトセンター出発
平安神宮、大鳥居の下をくぐりまして、青蓮院、知恩院の前を通り、祇園、八坂神社、博物館、
三十三間堂の簡単なご説明(車内観光)
17:45 東急ホテル到着
17:50 業務終了
 
10月19日(火)
8:20 京都東急ホテルでミート
8:30 出発
9:40 東大寺大仏前P
11:00 東大寺出発
11:10 春日大社P
11:55 春日大社出発
12:05 和み館にてランチ
13:00 お客様乗せ込み後業務終了

ハプニング

イギリス人の添乗員さんが、バスのなかでなるべく情報をあたえて、現地では、聞きたい人だけ説明を聞いて、あとは自由に動けるように配慮してくれ、といわれました。
現地説明メインでのガイディングストラクチャーを考えていたので、相当焦りました。
その場でなんとか考えて、なるべくご意向に添うようにしましたし、現地でも、何回か行き来して、こられた方に何回か同じ説明をしましたが、全員に行き届いているとはいえない状況で、これでよかったのかなあと思います。

新たな発見

東大寺、修学旅行や遠足のこどもたちが一生懸命英語で話しかけてきてくれたので、プチ英会話レッスン?
みたいな感じになっていて、お客様も楽しんでくださっていたのが意外で、おもしろかったです。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

「明治維新で侍がいなくなったってことは、侍はそのとき全員殺されたのか?」 思ってもみない質問でした。
いやそんなことはない、刀をとりあげられて、ちょんまげを切っただけだと答えましたが、明治維新というもの自体が、わかりにくいんだなあと思いました。今後、ちょっとガイディングを考えようと思います。

このツアーで特に準備したこと

初日京都で、バスのなかで基本情報を与えてほしい、現地では最低限のガイディングにしてほしい、といわれ、さすがに二条城二の丸はきちんと説明せざるをえないんだよとはいいましたが、金閣寺以降、なるべくバスのなかで基本情報をお伝えするようにしました。なので、19日奈良のために、なるべくわかりやすい形で、事前情報をお伝えしようと思い、そのようなvisual aidを大量につくりました。
ガイディングプランも大幅に、というか思っていたうちの8割くらい、前日(京都と奈良の中日)に変更しました。
今日がツアーのフリーデイで、ほんとうによかった!と思ったのははじめてです(笑)

このツアーで特に配慮したこと

とにかく事前に過不足なく必要な情報をお伝えすることと、将軍と天皇のちがい、神道と仏教のちがいのような、基本的なことをおわかりいただいたうえで、お寺をみていただくように工夫しました。

旅を終えて

正直、やっぱり現物をみていただきながら説明を、もっとしたかったなあと思います。
添乗員さんもお客様ですから、その意向には添わなければならない面もあるのですが。
それはそれとして、ありとあらゆるニーズにお応えする柔軟性と、事前の準備、その場でニーズにあわせてガイディングを変えるだけの実力が必要と、痛感いたしました。精進いたします・・・。

私のお勧め観光スポット

青蓮院は、とにかくお庭がなごめるし、静かで美しいお寺なので、おすすめです。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

ガイド試験にでてくることは、実践で役にたつどころか、必須事項ばかりだと痛感します。
ぜひ、丸暗記するのではなく、自分の言葉で、実際に外国の方に伝えるつもりでスクリプトを書いてみてくださいませ。難しい言葉は必要ありません。どうせ難しい単語でスクリプトを作ってみても、実践で口からでませんから(笑)やさしい単語を使って、どうやったらわかりやすく伝えられるかをご自分でお考えになって、できれば自分で声に出して説明してみられることが、いいと思います。がんばってくださいませ!

Short Essay

最近通訳案内士の有志で、嵯峨野ウォーキングツアーを企画しています。
鳥居本から野々宮神社まで歩くルートです。
実際にJR嵯峨嵐山駅で、外国の方にお声かけして、ツアーに参加いただいています。
よろこんでいただけるので、そんなとき、通訳案内士って本当におもしろい仕事だなあと思います。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ