« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語15

山口さん

山口 美穂さん


通訳ガイド免許番号(登録番号) 第EN00140号

自己紹介

京都生まれ、大阪育ち、現在は奈良に在住。

私のモットー
明るく楽しくいきいきと。

旅行の概略

お客様: イギリス人16名 バス中型車で移動
日程: 5月16日(日)・18日(火)
5月16日(日) 京都(二条城、金閣寺)
5月18日(火) 奈良(東大寺、春日大社)

ガイディングの実際

お客様は親子、ご夫婦、お友達同士でご年配が多く、よくまとまっていて、皆さん、よく私の話を聞いてくださったと思う。 また、ベテランのツアーリーダーさん(添乗員)の仕事ぶりを拝見する良い機会になった。
お天気にも恵まれた。

ハプニング

東大寺が遠足のシーズンで、保育園児から高校生まで学生の洪水だった。 大仏までなんとかガイドできたけれど、その他の仏像、東大寺模型、柱の穴などはあまりにも人が多くて説明できなかった。

新たな発見

金閣寺の杜若がとても美しかった。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

二条城二の丸で「家具はどこにあるの?」
金閣寺の方丈をご覧になって「ここで芸者がお茶をたてるんですか?」
自由行動日の翌日「鴨川の堤防で蛇を見たんだけど、いつもあそこには蛇がいるの?」

このツアーで特に準備したこと

最初の印象が肝心なので新幹線からバスまでのルートと訪問箇所の下見を3回やった。
京都での仕事は初めてだったが、京都ツアーの翌日は皆さん自由行動日なので、いろいろ質問されることが予想され、英文のウオーキング・マップ、レストランガイド、商店街のガイドブックなどもあらかじめ用意し持っていった。

このツアーで特に配慮したこと

笑顔でお客様の反応を見ながら話す。

旅を終えて

とにかく一生懸命やった。
反省点・課題点は限りなくあるが、ガイドとして バスツアーに参加でき『また日本に来てくださいね。』とお客様に言えたことが嬉しかった。機会を与えてくださった富士通訳ガイドアカデミーには感謝している。

私のお勧め観光スポット

これからのシーズンだと奈良の矢田寺のアジサイがきれい。ならまちものんびりしたいときにおすすめ。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

大変楽しくやりがいのある仕事なので、勉強がんばってください。

Short Essay

京都は奈良と違って、侍や将軍の話をすることが必要。忍者の話も受けると思う。
あと日本庭園についても話が出来るよう自分の言葉でまとめておくことが必要。
新渡戸稲造の『武士道』、小学館『「日本庭園」の見方』 がおすすめ。
あと らくたび文庫ワイドの『京暦365日』も、持ってて良かった!の一冊。
これに載ってたお祭りを電話で確認。ツアーリーダーさんに喜ばれました。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ