« 私の通訳ガイド物語トップへ

私のガイド物語3

吉澤さん

吉澤 とも子さん

富士アカデミー2005年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号) 埼玉県第892号

自己紹介

仕事を突然辞めたため、心にポッカリ穴があいてしまった。若いとき自分は一体何をしたかったのだろうと考え「ガイド」を思い出した。それから勉強の毎日でやっと試験に合格した次第

私のモットー
日本に触れて、感じて、理解してもらえたらこんなに嬉しい事はない、といつも思う。

旅行の概略

日程: 12月11日
人数: 10名(スペイン人、イタリア人、フランス人、ドイツ人、日本人各々2名)
訪問箇所: 新宿モノリス地下駐車場11:00→浅草→秋葉原(車窓)→皇居→銀座(車窓)→
東京タワー→国会議事堂、築地→赤坂レストラン「ニンジャ」→
京王プラザホテル22:00

ガイディングの実際

待ち合わせ場所が分かりにくく、10分ほど遅れてお客様と合流。新宿のホテルから浅草に向かい、まずはそこで昼食を取った。日本人担当者の方は「浅草は1時間くらいでいい」とおっしゃったが、実際は外国のお客様がとても気に入り食事時間もいれると3時間以上いた。その後、秋葉原を通って、皇居に向かった。4時には閉まるのであまり時間がなく、警備の人に追われるようにして二重橋から離れたが皇居前広場から丸の内側をみて「東京は狭くて喧騒なイメージだったが、結構広くて素敵じゃないか」と感心されていた。夕暮れ時でボツボツ街に明かりが灯りだした頃東京タワーに向かった。イルミネーションがきれいで、関西出身で東京見物したことのない日本人担当者の方も含め、皆さんとても喜んだ。今、東京タワーは5年毎のペンキ塗り時期だから、足場も見られ「皆さんラッキーですね」?

お客様の意向であまり歩きたくないことと夜の時間帯が長い・・という制約もあって、スケジュール調整は最初から難しく、この後、苦労した。大方名所を見終えたのが17時。あたりはすでに真っ暗だ。赤坂のレストラン予約が19時。幸いレストランの予約を一時間早めることができたので本当に救われた。このレストランはニンジャが売り物なのでお客様は「初体験」にいたく感動されていた。結局、ホテル到着は21:00となった。

ハプニング

待ち合わせ場所が悪く、日本人担当者の方、ドライバーさん、私、三者三様のところで待っていた。今回は詰めが甘かったと反省。

新たな発見

そういえば、浅草でなにかが足りないと思っていた。鳩がめっきり減っていたのである。理由を近くの商店主に聞いてみた。  鳥インフルエンザが流行った時に「餌付け」を禁じたところ、急にいなくなったとのこと。これでフン害もなくなり、皆喜んでいるとの事。「natural hair tonicに気をつけて」はもう言わなくてもいいらしい。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

仏教で縁起の悪い日はいつ?
浅草香炉の煙で「髪の毛」は生えてくる?

このツアーで特に準備したこと

いつものように回るコースの再チェック、出発点である新宿、通る道路沿いにあると思われる面白そうなところの「江戸・東京」をチェックした。

このツアーで特に配慮したこと

旅を終えて

前日日本に着いたばかりのお客様もいたが、皆さん熱心に説明を聞いてくれたし、質問もしてくれた。ところどころで「良い所に連れて来てくれてありがとう」とお礼を述べられるのがとても印象的だった。私の万年初級のスペイン語も少しは役に立ち、是非続けて勉強するようにと勇気づけられた。少々拘束時間が長かったがお客様の紳士ぶりと温かさで疲れを忘れるようなツアーであった。

私のお勧め観光スポット

夜の東京タワー・・私自身も夜の東京タワーははじめてなので、楽しかった。  もし、晴れていたら夕闇の中でもはるか向こうに富士山の姿が見えたかもしれない。

勉強中の後輩へ一言励ましの言葉

京都などと比べると歴史的に新しいものしかない「東京」と思っていたが、知れば知るほど「味わい深い」。勉強中の皆さんも常日頃「江戸・東京」に興味をもって接すると、ガイドになった暁には大いに役に立つと思う。

Short Essay

ガイディングの最初の出だしにこだわる。これがうまく行かないと尾を引き、後悔が残るので徹底的に練習する。まだまだ反省の余地があるので今後も勉強を重ね、少しでもお客様に喜ばれるよう心がけたいと思う。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ