« 私の通訳ガイド物語トップへ

時友さん

時友 なぎささん

富士アカデミー2007年度
合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)EN02337号

自己紹介

2008年の春にガイド登録をすませ仕事をはじめました。個人・団体、短期・長期を問わずいろいろなツアーにチャレンジしています。

<私のモットー>
お客様の旅の一場面の中に笑顔で残るガイドになりたい。

旅行の概略

11月5日(土) プライベートカーによる日光一日観光(東照宮、三仏堂)
11月6日(日) プライベートカーによる鎌倉一日観光
(大仏、長谷寺、鶴岡八幡宮、国宝館、建長寺、円覚寺)

お客様はアメリカ人男性3名。
東京オフィスにてお勤めの男性Aさんが、アメリカ本社勤務で東京に出張中のお二人の同僚をご案内するツアー。Aさんは東京に数年滞在しており日光・鎌倉も何度も訪れているとのこと。

ガイディングの実際

前日お客様Aさんのアシスタントをされている方から電話があると聞いていましたが夕方になっても連絡がなかったため、こちらから待ち合わせ日時と訪問場所確認のご挨拶の電話をさせていただきました。配車の情報は富士アカデミーから連絡をいただきました。

[一日目]

昨年この時期に日光にいった時にいろは坂を三時間かけてあがったことが思い出されました。
お客様には前日の連絡の時に、混雑によっては訪問箇所の変更等ご相談させていただきたい旨お話しました。華厳の滝ではなく霧降りの滝をご案内するなどいくつか代替案は考えておきました。
車内ではお客様三名で仕事関係のお話がはずんでいるご様子。
一日の予定、お昼のご希望、簡単なドライブルートの説明、車窓の説明など、会話の合間にさせていただく。途中パーキングにて休憩。いろいろな屋台がでており軽食を楽しまれる。
9時にホテルを出て、東照宮がみえたのは12時半をまわっていました。

今回のツアーに昼食は含まれていませんでしたが、堯心亭と山のレストラン(霧降りの滝)を予約しておきました。富士屋ホテルの和食は現在昼間の営業をしていませんでした。
また、それ以外のレストランはどこも予約で一杯とのことでした。
和食をご希望でしたので、堯心亭にて色づいたお庭をみながら湯葉などを中心にした懐石料理をいただく。和室でテーブル席がないのが難点だが、どうにか足をくずしつつお昼をめしあがっていただく。
日光東武バスに電話していろは坂の混み具合が登り一時間半との事、確認しておく。
東照宮は時間をかけてみていただきたいと思いましたが、券売所にも長い列ができていました。
あせらずにひとつひとつ丁寧に説明を心がけましたが、長蛇の列を見て鳴き龍はお客様のほうからあきらめるとの一言。輪王寺の三仏堂は現在補修工事のため御堂全体がすっぽり覆われていますが、中は通常どおり見学ができます。東照宮も現在平成の補修工事が行われていますので、こういった地道な補修工事によって遺産が守られていることをお伝えし、ご理解をいただくようにしました。

二か所の見学がおわって3時半。東京で夕食の予約があるため、3時半には日光を出るようドライバーさんからもアドバイスいただいていましたので、お客様のAさんに再度混雑状況をお話し、中禅寺湖、華厳の滝へは寄らず東京に戻る旨了解をいただきました。
6時15分くらいに都内にはいり、夕食の予約は7時からでしたが、すでに準備できているとのこと、早めにレストランにご案内し一日の業務を終了しました。

[二日目]

昨日ほどの道路の混雑はなく、予定どおりすべての訪問場所をまわることができ、心配されていた雨もほとんど降らなかったため、お客様の満足度も高かったように思う。

お昼は長谷寺の近くの和食。
うなぎや天丼、かつ丼などカジュアルなものでしたがご満足されていたようです。

鶴岡八幡宮は七五三ラッシュ。
色とりどりの晴れ着で着飾ったお子さん、家族連れ、そして結婚式の行列も見ていただくことができました。特別な雰囲気を感じていただけたと思います。

ハプニング

鶴岡八幡宮の国宝館が特別展になっており通常より入場料が高くなっていた。
この点を富士アカデミーに確認していなかったので、急きょ電話し入場OKの確認をする。
前日までにきちんと確認しておくべきことであったと反省する。

新たな発見

一時期、客足が落ちていたという日光。にぎわいの様子をみて、安堵いたしました。
それでも昨年よりは観光客の数は少ないとのこと。一日も早く日光に外国人観光客が戻ってくるように願わずにはいられません。ただ、今回のようなお客様であっても高速道路で「福島」の表示がでると、「どのくらい離れているのか」「安全が確保されている距離なのか」と話題にされます。

面白い質問、意外な質問、難問、珍問

このツアーで特に準備したこと

日光での混雑状況による代替案と昼食場所の確保。

このツアーで特に配慮したこと

ご依頼主のAさんは大変な日本通。お客様の説明とかぶらないように注意しました。
また、混雑時期の観光地で、短い時間のなかで、いかにお客様の満足度を上げていくかが本当に難しいと体感いたしました。長蛇の列にあせることなく、見ていただきたいところはできる限り時間をおとりしてメリハリをつける、代替案を用意しておく、道路状況など逐次チェックしておく、などを配慮しました。

旅を終えた感想

私のお勧め観光スポット

先日、歌舞伎町をご案内し、ゲームセンターやパチンコ、マンガ喫茶、ホストクラブの看板、ゴールデン街などお見せしたら大変好評でした。また、神楽坂で路地などにはいって花街の名残を感じていただくツアーも、とくに写真が趣味の方には大変楽しんでいただけたようです。

Short Essay

先日新聞で皇室デザイナーもつとめた芦田淳さんの著書のなかの一節を目にしました。
「人間は常に自分の信じる道をただ一筋に進むこと。それが“人通りの少ない道”であろうとも」
息子が帝大を出ることが生きがいだった父の期待に背きファションデザイナーの道を志したそうです。心に残りましたのでご紹介しました。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ