« 私の通訳ガイド物語トップへ

川崎さん

河崎 佳子さん

富士アカデミー
2007年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)
東京都 第EN02317号

自己紹介

1988年から2005年1月まで、アメリカですごした浦島花子です。実は、日本人の方と日本語でお話する方が、緊張します。漢字も苦手です。2004年夏に見た琳派展に深い感銘を受けましました。日本の良さを再確認できたことは、アメリカで暮らしたおかげと思っています。日本の素晴らしさをぜひ、皆様にお伝えしたいと思います。

<私のモットー>
毎日が感動

旅行の概略

お客様: 2人(日本人)
訪問箇所: 明治神宮 (御苑 手水 本殿 絵馬 第ニ鳥居 酒樽 休憩所 車道) 都庁

ガイディングの実際

歩くことは好きなのですが、大雨の予報で心配しました。でも、傘は必要なく、仏滅にもかかわらず、結婚式を見ることもできました。

ハプニング

花菖蒲の季節でしたので、オプショナルで御苑の中を散策(拝観料500円)し、行程を変更

新たな発見

今まで、御苑への入り口の前を通り過ぎていましたが、自然の美しさに加え、御釣台や菖蒲田など、明治天皇の昭憲皇太后への暖かいお気持ちが今も伝わる御苑です。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

苑内の隔雲亭(tea house)は今も使われているのか。いつ使われているのか。

このツアーで特に準備したこと

花菖蒲が美しい季節なので、御苑の下見もしました。

このツアーで特に配慮したこと

当日は雨の予報だったので、新宿から都庁まで雨に濡れないようなルートを調べました。
午後から予定のあるお客様でしたので、時間の管理。
御苑を入れたので、表参道、竹下通りを省きました。

旅を終えた感想

難しいことですが、日本人のお客様となるべく英語だけで、ツアーを遂行するには、という課題。

私のお勧め観光スポット

今、睡蓮は枯れていますが、ツツジ、サツキ、花菖蒲の美しい時にぜひ、御苑へ。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

勉強する仲間と一緒に、field trip にでかけたらいかがでしょう。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ