« 私の通訳ガイド物語トップへ

小平さん

小平 明榮さん

富士アカデミー
2007年度合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)
東京都 第EN02284号

自己紹介

定年前に会社を退職して、ガイドの夢を叶えるために富士アカデミーに入学しました。仕事の関係上、英語を使ってきたわけですが、この学校でガイドのノウハウを学べたことは大きな成果でした。お陰様で、昨年よりガイドの仕事に従事しております。

<私のモットー>
自己の研鑽を積み、
日々努力をすること。

旅行の概略

富士アカデミーツアーズの Private Walking Tour

日程 3月22日(日) 10:00〜16:00(6時間)。 実際には9:30ホテルスタートになりました。
お客様 英国男性1名
旅程 八芳園、明治神宮、皇居二重橋、浅草界隈、両国国技館、江戸東京博物館

ガイディングの実際

お客様が前日の夜10時すぎにホテルにチェックインなさいましたので、お電話でご希望を
お伺いしコースを決めました。
当日は曇りでしたがお昼ごろから雨という予報でしたので、朝9時30分にスタートしました。

八芳園 樹齢200年以上の盆栽観覧を希望されていましたので、20鉢ほどあった盆栽に感動しておられました。ご自身でも自宅で盆栽を楽しまれているようです。
茶室見学後に裏千家のお茶のお点前を拝見し、お干菓子とお抹茶を味わう、この作法を英語で説明しました。
お客様がお茶を気に入られておかわりを飲み干しました。
明治神宮 原宿駅で下車し、参道に入って明治天皇、明治時代の檜の鳥居、酒樽などを説明し、御水舎では手を洗い、拝殿で5円の説明をしてお客様にお渡しし拝礼。
丁度この日は日曜日で、白無垢の花嫁さんが巫女さんたちと境内を歩かれておりましたので、お客様は写真を必死で撮っておりました。
大感激の様子で笑みがこぼれ、私も嬉しくなりました。
二重橋 ここでは江戸幕府、明治時代、皇居やお城の話をいたしました。
皇居を中心に国会議事堂、東京タワー、丸の内のビル群などが見渡せますので、江戸城からスパイラルに江戸の街が発展したことがよくわかる場所だと思います。
浅草仲見世
浅草寺
歩き疲れてお腹もペコペコになり、日本のお蕎麦に興味があるということで、鴨南蛮と天ぷらを召し上がられました。体も温まって味もよく大満足。
あまり蕎麦のことは知らないようで、食してから納得していました。
時間が押せ押せになり35分で終了。
仲見世はずっと居たいようでしたが、宝蔵門、浅草寺雷門の説明をし、参拝して終了しました。
両国国技館
江戸東京博物館
江戸東京博物館に入る前にお客様が大相撲の大ファンということで、国技館を外から見学(あいにくイベント開催中で、相撲博物館の中には入れませんでした)。
江戸東京博物館では、江戸時代の武家屋敷や両国橋を中心にした芝居小屋などのジオラマがあり、どのコーナーも楽しんでおられました。

ハプニング

八芳園は盆栽見学のために急遽予定に入れたので、お茶の予約など考えておりませんでしたら、茶室をご覧になってからお客様がお抹茶を飲んでみたいということになり、茶室の奥の方にいらっしゃった方にお願いしてみましたら、快く引き受けてくださり、裏千家のお点前を拝見し抹茶を楽しむことができましたが、何が起こるかわからないのがプライベートツアーですので、お客様のご希望に叶うように常に気を遣うことが必要ですね。
この茶席はいつも予約のお客様でいっぱいですので、運が良かったのかもしれませんね。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

お客様ご自身が浮世絵を集めていらっしゃるらしいのですが、江戸時代の婦人が化粧をしている浮世絵のレプリカを買いたいとの事で、博物館の中の2つの店の浮世絵を全て探したのですが見つからず、東京滞在中にお時間があれば太田美術館に立ち寄ってみたらどうかお薦めしておきました。

このツアーで特に準備したこと

天気があまりよくなく、富士山は期待できなかったので写真を持参したこと。

このツアーで特に配慮したこと

当日は東京マラソンの日で皇居や銀座、浅草は35,000人ものランナーで埋め尽くされ、交通規制があると聞いておりましたので、この周りを避けて西方面からスタートすることにしました。またお昼すぎから雨と強い風が予想されましたので、外を散策するところをまず最初に訪ねようと計画しました。
使用交通機関は東京メトロ、都営地下鉄、JRで、バスは交通渋滞の心配がありましたので使いませんでした。

旅を終えた感想

プライベートでのWalking Tourは初めての経験でしたので緊張いたしましたが、お客様が日本の文化・歴史に造詣が深く、一緒にいて私も良い経験をさせて頂きました。
旅の途中でお客様の靴の紐が切れたので、地下鉄構内(日比谷駅)のMister Minuteを思い出し助かりました。体力を使うツアーですので、お客様の体力に合わせることも必要ですね。
車内でも混んでいましたので、殆ど座ることなく歩き回りましたから。
公共交通機関も、頭の中で乗り継ぎ・乗り換えなど臨機応変に対応できることが大変だと痛感いたしましたし、プライベートである以上、お客様のニーズに最大限近づけられるよう努力し、対応しなくてはいけないと思いました。

私のお勧め観光スポット

柴又の帝釈天、矢切の渡し、水元公園の水辺の散策。寅さんの映画で有名ですが、私はこの帝釈天の彫刻の美術は素晴らしいものだと思いますので、ぜひ皆さんに味わっていただきたいです。
水元公園もバードサンクチュアリーがあり、都会の中で水辺の散策をするにはとても素晴らしいところです。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

ガイドの仕事をしていますと広範囲な知識と経験が必要だと痛感します。
英語の勉強と一緒に色々な雑学をぜひお勧めしたいです。
自分の興味のある分野から始められてはどうですか?
絶対に後々役立つことばかりですので。ガイドの仕事はやりがいがありますので、
皆様、あきらめないで頑張って下さい。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ