« 私の通訳ガイド物語トップへ

河野さん

河野 貴代美さん

富士アカデミー
2006年度合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)
第EN00498号

自己紹介

都内のプライベートツアーを主体に、団体・宿泊のツアーもたまにやります。ガイドデビュー以来毎年の年間平均稼働日数110日。家事と両立させつつ頑張っています。また、居住地市役所の外国人相談窓口担当員として、日本在住の外国人のお役に立てるよう月数回通訳業務をしています。

<私のモットー>
明るさと行動力を発揮して、お客様が楽しく過ごせるように心掛けます。

旅行の概略

インドから出張で来日の4名(インド人2名&日本人2名)のインセンティブツアー

お客様 インドから出張で来日の4名(インド人2名&日本人2名)
旅程 当日朝成田に到着し、翌日から会議があるという日程の合間の都内観光。
プライベートのバンを利用したツアーで行き先は大まかには設定してあり、
当日お客様と相談して臨機応変に対処するパターン。

ガイディングの実際

水天宮前のホテル〜車窓(秋葉原・上野)〜浅草寺・仲見世・伝法院通り〜車窓(日本橋・東京駅・丸の内界隈)〜皇居二重橋〜車窓(国会議事堂・官庁街)〜ファミレスでランチ〜車窓(東京タワー・増上寺・銀座)〜 秋葉原ヨドバシカメラ〜ホテル

ハプニング

ベジタリアンのお客様で、内一人は魚の出しも不可のビーガンでいらしたのでお蕎麦はそばつゆが不可。野菜の天麩羅を塩で頂く案も提示しましたが、昼に揚げ物は重いとの事で、結局ファミレスでのランチにしました。メニューにあった「ホウレンソウとベーコンのソテー」をベーコン抜きにして貰い、ホウレンソウだけで出して貰いました。その他フライドポテトお注文していらっしゃいました。もう一人はチキンはOKだったので比較的選択肢はありました。

このツアーで特に配慮したこと

インド駐在中の日本人のお客様は関東出身ではないとの事で、彼らにとっても格好の都内見物でしたので、英語で案内した後に日本語でも詳細をお伝えしました。「勉強になった」と喜んで頂けました。
また、インセンティブでしたので事前に「触れない方がいい話題はありますか」と確認をしました。
「何を言ってもどこに連れて行っても構わない」との回答でした。

ランチ込で4時間のツアーでしたので、ドライバーさんに移動時間を確認しながらツアーを進めました。ランチ後に「秋葉原で買い物したい」と仰ったので「東京タワーの展望台に行く予定ですが、お買いものされるのであれば東京タワーは車窓見学となってしまいますが...」と実状を説明し、日本人のお客様にもあくまで当初設定された終了時間を守ってツアーを進めても良いかの確認もしました。
もし延長をご希望となれば日本側担当者の許可が必要なのでそれが気掛かりだったからです。

旅を終えた感想

原発の話題は殆ど出ず、あまり気にされていないようでした。 都内の観光は全く支障がないので、もっと海外に発信して観光客を呼び戻さないといけないと思いました。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

この春は観光客が激減しましたが、キャンセルされたお客様は必ず訪日を再計画される筈です。
それがこの秋か、来春かはわかりませんが、インバウンドが復活する日は必ず来ますので、その日の為に準備してこの厳しい時期を充実したものにしましょう!

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ