« 私の通訳ガイド物語トップへ

長岡さん

長岡 正幸さん

富士アカデミー
2015年度合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)EN04244号

自己紹介

2014年12月に富士アカデミーに入学しました、長岡正幸と申します。2015年の通訳案内士試験に合格しました。仕事を通じて習得した異文化対応力、語学力を使い、日本の文化・歴史とその深さを訪日外国旅行者に伝える仕事を使命と感じ、日本文化の原点である『調和』の心を伝えたいと思います。
又日本の食への意識の高い訪日外国人に『日本の食』の素晴らしさを伝えるガイドの仕事にやりがいを感じます。

<私のモットー>
『夢を追う』

旅行の概略

ツアー: 富士箱根 One dayツアー
日程: 2016年4月4日(月)
お客様: バーレンから来られた30代後半のご夫婦
訪問箇所: 富士ビジターセンター・富士スバルライン一合目・河口湖の近くを経由して箱根・姥子―桃源台間ロープウエイ・芦ノ湖遊覧船・帰路東名経由で東京までの9時間のツアー

ガイディングの実際

  1. ホテルは東京ペニンシュラ、前日に自己紹介を兼ねたpick upスケジュールのメッセージを残し、予定の連絡を行った。
  2. 当日お客様の名前を書いたカードを準備してロビーで待機。
  3. Private carでお二人をご案内するツアーでしたので、ホテルを出発してからお別れするまで、9時間のツアーをスタート。
  4. お客様は結構スマホで事前に日本の情報を理解して訪日されている様子でした。ホテルを出てまもなく皇居・国会議事堂の横を通り過ぎたので各々のポイント・概略を説明、特に議事堂を通過する際には、日本の議院内閣制・消費税値上げの議論と夏場の参議院選挙の話題で盛り上げていきました。当日は朝から結構な雨が降っており、富士山に行っても何も見る事が出来ない可能性もありましたが、そんなことはおくびにも出さず中央高速に乗ってからは先ほど通過した皇居と日本の皇室の現状・日本の文化、特に稲作・米に対する日本人の考え方と春秋に行われる祭・日本食の歴史と神社・仏教の関係、年末年始の日本人の過ごし方、住宅事情、通勤生活など今まで2次対策授業で詰め込んだ知識を総動員してお客様の反応を見ながら、富士ビジターセンター到着までの2時間の間説明しました。
  5. ざあざあ降っていた雨が富士ビジターセンター到着前頃より、なんと不思議、奇跡的に晴れ間が広がり太陽が挨拶してくれました。お客様も非常に喜んで、一部雲で隠れているものの富士山が姿を現し富士山をバックにお二人の素晴らしい笑顔の写真がとれました。富士山の世界遺産への登録と文化的背景、富士五湖の説明などなど浮世絵の事も絡めて説明。
  6. ビジターセンターで確認したところ、雨の影響で雪崩が発生し1合目までしか行けない事を確認。富士スバルラインにとにかく行ってみよう、と言う事で行きましたがやはり1合目までが限界でした。お客様も他の場所で富士山の写真を撮りたいとのご希望があり河口湖近くの公園に行き、河口湖をはさんで富士山をバックに素晴らしいツーショット。お客様もニコニコでした。お客様もよく勉強しており、最近外国でも知れ渡ってホットスポットになっている、富士山をバックに五重塔と桜を楽しめる場所に行けないか質問があり。このスポットはテレビ・新聞などで報道されている新倉山浅間公園の『忠霊塔』の事だとすぐピンときましたが、今回は訪問できない旨丁重にお断りをしました。
  7. お客様がイスラム教でポークは不可との事前情報に基づき、御殿場・箱根のレストランに前日打診をしておいたので、昼食の頃合いに桃源台到着となり、ビューレストランで芦ノ湖と海賊船を眺めながらの昼食をとりました。お子様が小学生・保育園児の男の子二人との事でしたので、日本の教育制度及び最近の待機児童の問題を説明しました。保育園に通っている奥様としては身につまされる話題でもありましたが、日本の現状を理解して頂く話題で良かったかな、と思っています。
  8. 富士山できれいに晴れていた天気が箱根ではどんよりとした雲に覆われてしまい、海賊船に乗っている間中ガスが濃く垂れこんでおり何も見えませんでした。九頭竜神社・箱根神社の説明を楽しみにしていたのですが、鳥居も見えなかったのでちょっと迫力不足でした。箱根町で海賊船を降りた後、時間的にゆとりがあった為、関所の前の土産物屋さんに寄りました。箱根の関所(入り鉄砲と出女)の説明と東海道53次など定番の説明をした後、ご夫婦でお子様用のお土産を探して買われていました。
  9. 時間も押して来て箱根町出発が15:30頃、朝は雨の月曜日で東名高速は混雑もなくすいすい東京に向けて移動。この間乗っていたセダンの話(トヨタのクラウン・ハイブリッド)・日本の流行の車、日本車のリッター当たりの走行可能距離・ガソリン価格・郊外に住むサラリーマンの生活などを中心に話をしました。バーレンでは一般的には日本のマンションと同じような住宅に住んでいる人が多いが、金持ちは一戸建ての家に住んでいるとの事。ちなみにお客様ご夫婦は一軒家でベンツ3台をお持ちの由でした。又ガソリン価格は日本では大体レギュラーでリッター当たり100円、と説明したところ産油国のお国では35円程だそうです。
  10. 奥様はPhotographerでスマホにたくさんの作品を保存されており、拝見しました。中東地域の風景・人物などわれわれ日本人にはめずらしい写真ばかりでした。私もスマホに保存している自慢の我が家のワンちゃん、神社・仏閣・鶴岡八幡宮・円覚寺・建長寺の写真などをお見せしました。次回訪日時は是非京都・奈良を訪問し寺院・神社・日本庭園を訪問したいとの事でした。秋口にもお子様お二人を連れてこられる予定だ、との事でした。その際連絡頂ければFuji Academy Toursでおもてなしを致しますと宣伝もさせて貰いました。
  11. 東名高速は混雑もなく順調で、途中海老名でトイレ休憩を取ることにしました。日本のレストエリアを見学し、その便利さ・多様性・文化に驚かれていました。 一休みと言う事で、一緒にカフェラテを傾けながら、遠くに桜を眺め雑談をしました。 ご主人から、最近のニュースで日本の潜水艦がフィリピンに寄港した、との話があるが、との問いかけがあり、最近の日本を取り巻く安保状況、日米安保、又国会で日本の安全をどの様に守るか熱い議論が続いており、沖縄でも政府と沖縄県との間で米軍基地の対応についてやり取りがあることを説明、ご夫婦からはバーレンでも米国基地があり 難しい問題も多いとの話をされていました。その後一路ホテルに向けて出発、東京に入ったところで、東京の住宅事情・渋谷の若者文化・秋葉原のおたくカルチャー(仲間と行ったメイドカフェ・フクロウカフェの話をしたところ、是非行きたい〜と言っていました)・代々木と表参道など東京の顔を紹介するうちにホテル到着でした。

ハプニング

  1. 富士スバルラインが1合目までしか行けなかった
  2. 富士スバルラインに入る手前で、『富士は日本一の山〜』と言う歌が流れてきますが『さすが、日本のテクノロジーは素晴らしい』とのコメント
  3. 箱根ではガスが垂れ込め湖上では何も見られなかった

新たな発見

一般的な日本の説明内容は、お客様が良くわかっているので、日本文化・日本人のものの考え方・神社・仏閣(神道と仏教の区別が分からない人がほとんど)などの日常的な説明が必要。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

日本の食文化への興味は想像以上。
連日高級な寿司・神戸級ステーキ、てんぷら等食べまくっている様でした。
日本に来る楽しみは『おいしい日本食を食べ、素晴らしい自然と触れ合う事』だそうです。
特に砂漠の国バーレンでは望めない日本の自然に対しては特別な思いがある様でした。

このツアーで特に準備したこと

・富士アカデミーの2次試験対策に使用した資料の復習
・富士山・箱根近辺の地図・資料の確認

このツアーで特に配慮したこと

・当日の天気
・食事(ポークはダメ)

旅を終えた感想

合格してから初めてのアサインメントでしたが、リラックスしてお客様と一緒にツアーを楽しめました。

私のお勧め観光スポット

富士山ツアーでは新倉山浅間公園『忠霊塔』を入れて頂けるとお客様が喜ばれるのではないかと思いました。

Short Essay

やはり、日本文化の素晴らしさを日ごろから実感する事、日本の歴史・文化を説明する為
常日頃から知識をため込んで、引き出しを多く持っておく事が必要だと感じます。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

富士アカデミーの2次対策講座はすばらしいです。 逐次英訳・日本事象の説明は、単に試験対策だけではなく実践でそのまま使用できる内容を網羅しています。
この内容を理解しておけば、皆さんは素晴らしい 『ツアーガイド』になれる事、間違いありません。
皆さんと一緒にガイドの仕事を出来る日を楽しみにしています!!

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ