« 私の通訳ガイド物語トップへ

中野渡さん

中野渡 直子さん

富士アカデミー
2009年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)第EN02830号

自己紹介

英検1級に運良く受かったので、通訳案内士に挑戦しました。 学習を通じて、日本の歴史、文化などを理解し、人に伝えていく仕事がとても好きになりました。

<私のモットー>
「尽くす」
いかなる仕事でも、お客様に「尽くす」気持ちを決して忘れてはいけない――。
学校を出て、会社に入社したときに新人教育で、上司に言われた言葉です。
それ以来、この言葉をモットーに仕事をしてきました。

旅行の概略

日程: 2010年11月21日(日)
お客様: マレーシアからのご家族6人
(ご両親と20代の娘さん2人・息子さん1人、8才の娘さん1人)
訪問箇所: 富士5合目、箱根大涌谷、芦ノ湖遊覧、箱根町から旅館へ。

ガイディングの実際

11月21日(日)は月曜日に休みを取ると土曜日から4連休になるという中日で、しかも紅葉真っ盛りのシーズンであった。9時に都内のホテル発であったが、その時点で中央道は大渋滞、ということで東名道で御殿場まで行くことにした。下の日程でわかるように、どこへ行っても渋滞と混雑に巻き込まれ、結局8時間半の行程で観光は遊覧船に乗った30分だけという悲惨なものとなってしまった。

9:00 出発(中央道はすでに渋滞とあったので東名道を選択)
11:00 御殿場着
12:30 富士スバルライン近く(ドギーパーク)到着。お子様(8才)は車酔い。
時間がないため、富士山は断念。(富士山は雲の中、何も見えず。)
13:30〜14:00 風車の美華ガーデンレストランのあるパーキングで休憩。富士山少し見える。
14:40 桃源台到着
ロープウェーは上下ともに50分待ち。卵ゆでている小屋までは時間が遅く、
もう行けない。遊覧船と両方乗ることも不可。
遊覧船を選択(こちらも駐車場まで長蛇の列)15:00は満席で出港。
15:10 臨時便出港。
15:40 箱根町到着(おみやげ購入)
16:00 箱根町港前のレストラン「トラウト」で食事。
16:30 箱根町から旅館へ
17:30 旅館チェックイン

ハプニング

タクシーのドライバーさんもこんな大混雑は見たことないというほど、どこへ行っても大渋滞、大混雑だった。結局、ずっと渋滞の中、乗れたのは30分の海賊船のみという悲惨な旅行になってしまって、ほんとに残念だった。

ロープウェーの待ち時間が50分(上でも下でも)も異常だったが、海賊船さえ乗りきれず、臨時便を出すほどの大混雑とは想像を絶するものであった。 桃源台から箱根町まで、通常なら車でも20分くらいのものであるが、1時間以上かかった。桃源台から箱根町まで船で30分位なので、降りてからタクシーが来るまで、時間をつぶすことも考えなくてはいけない。今回は、昼食をまともに取っていなかったし、芦ノ湖の魚が是非食べたいというお客様のご要望で、近くのレストランへ行って、ちょうど良かった。

新たな発見

この時期、中央道が混雑しているので、都心からは7時発くらいでないと富士山へは行けない。
シーズン中に東名道の御殿場から富士山スバルラインへ向かうのやめたほうがいい。
御殿場まではそれほど渋滞していないが、そこから山中湖へ出て行く道はほとんど動かない状態。

御殿場から箱根を越えて行く道の途中に白い風車がよく見える。
これはレストハウスで、中華料理のバイキングを食べさせてくれる。
駐車場からの富士山の眺めは最高。ただ、日本に来て中華料理のバイキングを食べたいかは疑問。今回のマレーシア人の方々も中華はいらないとのことだった。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

魚に興味がある方で、芦ノ湖では誰でも釣りができるのか、どんな魚が釣れるのかを聞かれた。魚については、富士箱根が載っているガイドの参考書にも載っていたので、それを勉強していて助かった。

富士スバルラインの入り口で音楽が鳴る道路があり、どうして鳴るのかと聞かれた。
事前に「富士の山」の歌の出だしも歌って、このフレーズだからよく聞いてと話したが、実際は冒頭のメロディーではなく、「ふ〜じ〜は日本一の〜やま〜」という最後のフレーズだった。

このツアーで特に準備したこと

ツアーの一週間前に下見で富士・箱根に出かけて、ある程度の渋滞は覚悟していたが、これほどではなかった。中央道や、行く先々での英語のパンフレットを用意して、お客様にお渡しした。富士山の爆発の歴史なども英語のパンフレットに載っていて、私の説明とあわせて興味深く見ておられた。 富士山が見えないことも予想して、富士山の写真や、浮世絵なども用意して見せて説明した。

このツアーで特に配慮したこと

渋滞は予想していたので、車中であきないようにいろいろなトピックを用意したが、皆、お疲れのようで結構眠っていたので、ゆっくりお休みいただいた。また8才の女の子は、車に酔ってしまって、車中で吐いていたので、途中で車を止めて、新鮮な空気をすってもらったりした。
途中からまた元気になったのでよかった。

旅を終えた感想

タクシーの運転手さんも経験したことがないとおっしゃるほどの大混雑だったが、もう少し、うまくいろいろなスポットをお見せすることができなかったかと悔やまれる。お客様からも、いつも箱根はこんなに混んでいるのかと聞かれたが、この時期、連休の中日という日程が、こんな混雑を引き起こしていると説明したが、ほんとに残念な旅だった。
旅館ではゆっくりと温泉につかっておいしい料理が食べられたかなーという思いが残る。

私のお勧め観光スポット

今回のように御殿場からいく場合、富士山の南側のスカイラインを行くのもありかもしれない。
途中にあるスキー場、スノータウンイェティは10月半ばにはオープンする。南の国からのお客様は雪をみて喜ばれるだろうと思う。ただし、スカイラインの5合目は、レストハウスも一軒しかなく寂しいので、5合目で少し過ごしたい人にはスバルラインをお勧めします。

Short Essay

最近の一押しはKindleです。これはAmazonで購入できる電子ブックですが、今のところ、洋書を読むのに特化した製品です。システム手帳を一回り大きくしたサイズで、いつでもどこでもAmazonから洋書を購入することができ、あっという間に電子ブックにダウンロードされます。単語の頭にカーソルを合わせるだけで、欄外に意味が表示されて(英和辞典も利用可能)、とても便利です。
ペーパーバックは印刷状態が悪かったり、字がとても小さかったり、分厚かったりで、非常に読みづらかったですが、これは字の大きさも調節できるし、自分が今全体の何パーセントくらい読んでいるかもわかります。長時間読んでも目が疲れず、いつでもどこでも開いて読むことができます。
チェックした単語にハイライトをつけることもでき、またその単語の一覧をAmazonの自分のページでチェックしたり、フラッシュカードのようにして復習もできるという優れものです。
日本語でも英語でも語学ができるかどうかは本を読めるかどうかだと思っています。
読書量が多ければ言語の能力もあがると思います。このKindleは、今のところ英語の本にしか対応していませんが、英語を勉強している人には、是非おすすめの道具です。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

今、勉強していることがそのまま仕事に直結できるのが、通訳案内士だと思います。
英語ももちろんですが、地理・歴史・一般常識など全てが役に立ち、また仕事についても勉強は一生続きます。またいろいろ日本にいる外国人が英語で日本の観光スポットについて書いているブログを読むのもとても勉強になります。
最近の一押しは、自称おたくのUS Navyの人のブログです。http://punynari.wordpress.com/
今年の一般常識で出た、エヴァンゲリオンの第三新東京市指定土産などが箱根で売っているなどこの人のブログで知りました。幅広く、いろいろなことに興味をもって、楽しんで勉強してください。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ