« 私の通訳ガイド物語トップへ

大八木さん

大八木 智子さん

富士アカデミー
2009年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)
第EN00385号

自己紹介

もともと旅行が大好きで海外旅行の添乗員をしていました。 今度は日本の魅力を外国人に伝えたいと子育てをしながらガイド資格を取得、現在新人ガイドとして勉強中です。

<私のモットー>
その国の印象を決めるのは、旅先で出会う人々だと常に思っています。 日本に来て良かったと思っていただけるよう誠意をもってお客様に接するよう心がけたいです。

旅行の概略

2011年12月23日(金・祝) ハイヤー(ミニバン)での京都市内観光


お客様: シンガポール人のインド系イスラム教徒のご家族4名様
(ご夫婦・ロンドンで弁護士をしている娘さん・アメリカ留学中の息子さんの家族旅行)
訪問箇所: 竜安寺〜金閣寺〜二条城〜平安神宮〜知恩院〜清水寺

ガイディングの実際

前日の新幹線が途中なんらかのトラブルで一時間以上停まり、夜遅く京都に到着されたそうでお疲れだったのか、ホテルの待ち合わせに20分ほど遅れて来られましたが、幸い祝日の朝ということで交通量も少なく、すぐに時間を取り戻せたので良かったです。
竜安寺では禅と石庭や侍との関係について、金閣寺・二条城では将軍と幕府や天皇についてご説明しました。そのあと京都御所の近くで昼食にお連れしました。天皇誕生日だったこともあり、現在の天皇や皇室についても少しお話しました。平安神宮・知恩院から清水寺へ向かう途中、車窓から祇園の芸妓・舞妓さんの話もしました。帰りの清水坂で少し渋滞しましたがなんとか新幹線の時間に間に合ってほっとしました。

ハプニング

清水寺の参道でお買い物された際に日本円がなくなってしまい、京都駅で両替所にご案内しました。
少額ではクレジットカードを使えない店がほとんどだったので、「シンガポールではどこにでも両替所があるけど日本には少ないね」とおっしゃっていました。そういう意味では日本はまだまだ他の国に比べると外国人旅行者にとって便利な環境が整っていないなあと改めて感じました。

新たな発見

平安神宮で日本酒について説明すると、シンガポールでは日本食だけでなく、日本酒を使ったエステサロンが人気だと教えてくださいました。また車窓からモスバーガーの看板をみて、シンガポールにも日本のモスバーガーがあるよとおっしゃっていました。

面白い質問、意外な質問、難問、珍問

「仏教では殺生を禁じているのに、侍は守らなくていいの?」
「侍はどうしてハラキリしなければならないの?」
「大政奉還の後、将軍や侍はどうなったの?」

このツアーで特に準備したこと

イスラム教徒の方でしたので豚肉を使わないレストランのメニューをあらかじめ予約しておきました。

このツアーで特に配慮したこと

限られた時間内に6箇所すべてを訪問できるように順番を入れ替え、なるべく移動中に次の訪問先についてのおおまかな説明をしておき、現地での説明時間が長くならないようにしました。
また久しぶりのご家族の再会だということがわかったのでご家族の楽しい会話の邪魔にならないように気をつけながら話をしました。

旅を終えた感想

とても仲の良いご家族でツアーの雰囲気も良く、日本について興味をもっていろいろと質問してくださったのは嬉しかったです。また金閣寺ではお守りを一生懸命に選んだり、平安神宮では神道式の参拝をしてみたり、清水寺では托鉢僧にお布施をしてみたりと積極的に参加しようとしてくださっていたのがとても印象的でした。

私のお勧め観光スポット

京都の路面電車・京福電車(嵐電)沿線には、太秦映画村や竜安寺・等持院などお寺もたくさんあり、特に春は桜のトンネルの中を走っていくのがおすすめです。

Short Essay

今回のお客様はご家族ということもあり、私の子供のことが話題にでると親しみを感じていただけたのかとてもリラックスした雰囲気で会話がはずみラッキーでした。主婦兼ガイドという立場を活かして普段の日本人の生活や家族についても感じていただけるようなガイディングができればいいなと思いました。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

ガイド試験で勉強する日本の歴史や文化はどれもガイドの仕事に不可欠な知識なので、今のうちにしっかり勉強しておけば、必ず役に立つ日がやって来ます。ガイドになってからのほうが勉強しなければならないことは多いですが、常に知識を深めていくことができる素晴らしい仕事だと思います。
そしてなによりもお客様に笑顔でありがとうと喜んでいただくことが最高のご褒美だと思います。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ