« 私の通訳ガイド物語トップへ

鈴木順治さん

鈴木 順治さん

富士アカデミー
2009年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)
EN00711号

自己紹介

定年後の余暇の活用・楽しみの一つとして興味をもち、資格を取得。38年間ある大手の化粧品メーカーに勤務し(典型的な終身雇用ですね)、営業・人事・国際部門・社会貢献部門(主として経理)など、異種の幅広い分野を経験しました。これらの今までのキャリアーは全て、通訳案内士の仕事に非常に役立っていると思っています。国際部門時代は駐在を含め、フランス、イタリア関係の仕事に従事し、言語としてはラテン系の言葉の方が好きで、相にあっていると感じています。

<私のモットー>
引受けた仕事に対しては常に責任をもって全力で対応する。そのため当然ですが下見(事前に現場を見る、歩いてみる、周囲の状況把握)に重点を置き、また案内する場所の情報をその都度、日本語と英語で復習して臨んでいます。
ここ2年間少し長いツアーを含めて活動日数は年間約50日から60日ぐらいです。

旅行の概略

日程: 2013年12月8日(日)
お客様: アメリカ人4名(ご夫婦・息子・娘さん、North Dacota、アメリカ中北部で、カナダの国境)

ガイディングの実際

8:55 東京タワー着 タワーは9時からオープン、土曜日とはいっても朝が早くまた東京スカイツリーの影響か来場者は少ない。富士山ははっきり見えず少しがっかりしていたが快適な東京の展望を楽しめた。
9:30 明治神宮 玉砂利を歩き、手水舎で身を清め、鳥居で邪気を払って本殿を参拝。森の静寂と雰囲気には日本的なもの、よさを感じて非常に感激。また、手水舎、参拝のパフォーマンスも、面白そうで興味深く楽しんでくれた。奥様は絵馬に願い事を書き奉納。結婚式が次から次へと行われ、興味深く見ていたが、娘さんはウエスタンスタイルの方がきれいだとの感想を述べていた。
11:00 皇居東御苑 都心の広いスペース、自然を楽しんでいた。奥様は花や植物が大好きでBeautiful!! を連呼して写真を撮りまくっていた。
11:50 浅草 全般的にあまり関心を示さず。仲見世通りで、黄粉の串だんご、人形焼各1個ずつ賞味しただけで、お土産ものは一切買わず。昼食は寿司(奥様、娘さん、ソバ(ご主人、息子さん)。
14:25 東京駅(丸の内北口)成田エクスプレス乗車券購入
15:03 東京駅発―成田空港へ (お見送り)

ハプニング

特になし。天気がよくて暖かく快適なツアーでした。

新たな発見

  • これは新たな発見ではありませんが、東御苑の天守台にある英文説明の「donjon」(天守閣)、について、この単語は4人とも知らないと言っていた。以前に何度も経験しているが、一般的な英単語ではないようである。
  • 今回利用した車両会社はワゴンタイプのタクシーを約200台所持しており、利用者は外国人、日本人約半々との事。時間管理が厳しく15分単位で、8時29分に出発したので14時30分着では超過料金になるなどと言われ、料金と時間管理が細かい。
  • これも新しい発見ではありませんが、成田エクスプレスの切符は一階入口の券売機では購入できず、緑の窓口で購入せねばなりません。地下1階、2階の券売機では購入できます。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

  • ご主人(リタイア)、息子さんがともに銀行員で日米間、世界の経済や金融関係の話が多くとても有意義で楽しく勉強になった。私は新駐日大使のキャロライン ケネディ氏(the first female ambassador to Japan)の日本での人気・話題、を紹介したら非常に喜んでいた。
    また、中国の新防空識別地帯設置(New air defense identification zone)や、北朝鮮のミサイルや核開発の問題についても深い関心を示していた。
  • 日本式の快適なトイレは、ノースダコタではまだほとんど普及してないそうで、東京京のトイレの清潔さ、街や道路がきれいに整備されていることを賞賛していた。

このツアーで特に準備したこと

観光スポットの定番で今までに何度も経験しているが、初心に帰り再度英語と日本語で関連項目の本を数冊眺めてみた。

このツアーで特に配慮したこと

ワゴンタクシーの運転手さんとの時間管理。

旅を終えた感想

全てスムーズに行き、お客様にも喜んでもらえたと思う。
普段から時事的な話題を持っておく必要性を感じた。

私のお勧め観光スポット

広島の安芸の宮島(多くの外人観光客が感動したと言っています)。
姫路城(今年の3月に修理が終わっています、創建時の形がそのまま残っている数少ない城の一つ)。

Short Essay

通訳案内士は見たり、聞いたりする程格好のいい仕事ではありません。ステップアップの一段階と考え、更なる飛躍を目指してください。普段の生活は、住まいが東京ディズニーリゾートエリアで、歩くのが好きなので周りの風景を眺めながら1日2万歩以上歩いています。
そのためか、176cm、67kg、と昔の名前で、否、昔の体形で生きています。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

Anything is possible.

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ