« 私の通訳ガイド物語トップへ

高橋さん

高橋 自朗さん

富士アカデミー
2009年度合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)神奈川県第EN01383号

自己紹介

2009年に会社生活35年に終止符を打ち、翌年、2月にガイド資格を取得。その後、富士通訳アカデミー様の関東・関西研修に参加。同じガイドの仲間と友達になり、以降、有志でガイドの自主研修グループを立ち上げ、この4年間、自主研修を東京、横浜、鎌倉、川越、日光等で続けて参りました。
と同時に江戸東京博物館の英語ガイドもやらせて頂いており、今まで、220組程度のご案内をさせて頂いております。厳しい世界でございますが、ここでも同じ仲間の支援を得て何とか5年目となりました。これらの活動は自分一人で行うのは、非効率で継続が難しく、本当に皆様方のお陰だと感謝致しております。

<私のモットー>
一期一会を大切に悔いの無い人生を過ごすこと。"日日是好日"なり。

旅行の概略

富士・箱根カーツアー

日程: 2014年6月12日(金) 8:00〜17:00の9時間
お客様: フィリピンからの5名のご家族(事業家)、ご夫婦2名(日本は3度目)+子供達3名(22歳〜30歳、日本は今回が初めて)、リーダーは、この中の30歳の娘さん(毎回、誰がリーダーか、最初に確認し、その方の支持に従うことにしています。)
訪問箇所: 富士五合目、大涌谷、芦ノ湖海賊船
その他: ホテルは新宿京王プラザ

ガイディングの実際

ホテルを出た時は、曇り、首都高速を走りつつ、いつものように説明開始、どの高速を選ぶべきか、運転主さんと打ち合わせ。今日は中央高速が、特に問題なかったため、こちらを選択、そのまま、大月ICへ向かう。次に、ICで富士五合目が開催しているか否かを直接五合目に電話。すると、今日は、"なだれ"により、現在は閉鎖中とのこと。これはまずいと思い、取り敢えず、お客様に聴取、五合目閉鎖中でも、まず、そのまま行き、行けるところまで登りますか,否か?返答はそのままで良いとのことでした。やはり一合目でStop,でもお客様はそこで写真撮影。(この一合目には我々のみならず、他のグループ・ツアー顧客も、多多おられました。主に中国人の方でした。)さらに、今日は曇りで富士山も見えずという状態。
なんとか少しでも富士の思い出を作ってもらおうとし、時間の制約があるものの、お客様の了解を得て、今度は、富士ビジター・センターにお連れしました。そこで、Video等で富士山の説明を聴いてもらいました。
すでに昼時に入っていましたので、運転手さんと相談の上、"道の駅"にて食事をして頂きました。
皆様、うどん、そば、カレー等、フィリピンにもある日本食を楽しんでおられました。
食事が終わりますと、12:30頃になりましたので、急遽、桃源台へ向かい、時間の節約の為、大涌谷まで直接車で行き、そこで、散策後、ロープウエイで桃源台へ戻り、海賊船に乗船してもらうことにしました。
天気予報によると、昼ごろ、少し雲が上がってきて、晴れになる可能性を伝えていました。
願わくば、富士の裾野では、富士が見えなくても、箱根、大涌谷等では絶景が見うればと望みをかけていましたが、結論としてここでも見えませんでした。
これは少しまずいなと思い、大涌谷では、少し多めに時間を取り、噴煙のでている一番上の辺りまで、旦那+子供さん3名に登っていただきました。(奥様には、残念ながら、足が悪く、下でお待ちいただきました。)
大涌谷散策後は、そのまま、ロープウエイで降り、到着、15分後に海賊船に乗船し、箱根街へ到着、少し休憩後、リムジンに乗っていただきました。
帰路は、道路も混んでおらず、途中で1回パーキングにて休憩時間をとるも、ホテルには、何とか16:45に到着することができました。

ハプニング

上記でも述べていますが、富士・箱根カーツアーでは、毎回、天候、道路状況、曜日等により、ホテルへの到着時刻が大幅に左右されます。一方、お客様にもご満足していただく必要もあり、この辺りのさじ加減が難しいものと思っております。 今回は、全く、富士は見えず、その為に2〜3の代替案を組み入れましたが、芦ノ湖を降りた際、足の悪いお母さんは少し不満のようでした。(富士が見えないこと、旅程が忙しいこと等)ただ、他の4名の方はまずまずのツアーだとの印象でした。

新たな発見

最近の富士へ行きたいというお客様の中には、一部、どちらかというと、富士山のみを見ることを目的に、これらのツアーに参加したいという方もおられるようです。これは、難しく、悩ましい判断を要します。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

特にありませんでした。

このツアーで特に準備したこと

富士山の世界文化遺産の内容を調査、このお話を準備。特に山ろくの神社群の意味を。

このツアーで特に配慮したこと

奥様が足が悪くスムーズに動けませんでしたので、特別に配慮しました。
ただ、旦那さん+子供さん達は、元気な方で飛び跳ねておられ、グループを一つに纏めるのに苦労しました。

旅を終えた感想

奥さんは多少不満が残ったものの、リーダーの娘さんを含めた他の4名の皆様は喜んでおられたので、先ずはOkayだったのかなと思っています。

私のお勧め観光スポット

今回は特にありません。

Short Essay

一般論ですが、最近、お客様から、"仏教"についての質問を受けることが多くなってきました。
その為に、もっと知識だけは、取り敢えず、蓄積しておく必要があると思っています。
概説をすばやく理解するのには、"日本人なら知っておきたい仏教"(河出書房)、"日本の仏教とお経"(青春新書)など如何でしょうか。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

ガイド試験の合格は、ガイドになるための一つの登竜門で、合格後も引き続き精進することは大変大切だと感じております。一人で行うことが難しいなら、同じ方向性を志向している仲間と一緒に励ましあいながら行うことをお勧め致します。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ