« 私の通訳ガイド物語トップへ

田村 啓一さん

田村 啓一さん

富士アカデミー2011年度
合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)
神奈川県第EN01497号

自己紹介

2011年に63歳で退職。
在職中の2度の海外駐在経験(ニューヨークとバンコク)を活かすこと、また、組織の論理がどうしても優先する環境とは全く別の世界を一度経験したいという思いもあり、富士アカデミーの門をたたきました。英語と日本文化の両方を学べる楽しさは何にもかえがたいものです。この楽しさを教えていただいた富士アカデミーにはたいへん感謝しています。

<私のモットー>
特にご家族といった少人数のツアーでは一方的な説明でなく、お客様と会話の形になるように努めています。

旅行の概略

<富士・箱根カーツアー>

日時: 9月11日(月)
お客様: 米国人の3名(男性二人、女性一人、30〜40歳代)
6時間の東京カーツアー。
お仕事仲間とお見受けしました。日本は初めてだそうです。
お三方共に、笑顔がたえないもの静かな紳士・淑女でした。
女性がベジタリアン(しかも厳格な)でしたが、この点以外に、何かを要望されるということは殆どありませんでした。とても穏やかな方々でした。(ベジタリアン対応には後述のとおり無事終了しました)

ガイディングの実際

予定は9時〜18時。キャピトル東急ホテルを予定とおり9時に出発、富士ビジターセンターで小休憩、富士5合目到着11時15分、ハイランドホテル内洋食店で昼食(12時20分〜)、箱根ロープウェー14時15分乗船、大湧谷、芦ノ湖海賊船15時40分乗船、ホテル帰着は18時少し前となりました。
残念ながら終日ほぼ曇りでした。五合目は霧、ロープウェイ・海賊船辺りでは少し晴れ間も出ましたが、富士山の全景はほとんど見えず。日本が初めてのお客様でしたので、とても残念でした。
但し、逆に道路は終日渋滞が一切なし、車の移動は実にスムースでした。

ハプニング

ハプニングということではありませんが、リーダー格の男性は米国のアイダホ州から来日とのこと。
ご本人いわく、何にもない州だそうです。昔4年間米国に駐在した際もアイダホは出張したこともなく、話題になる様ことが思いつきません。帰宅してインターネットで調べてみましたが、確かに特徴がなさそうです。

新たな発見

特にありませんでした。
2020年オリンピックが東京に決まったことは勿論よくご存じでしたが、今年6月富士山が世界遺産に登録されたことはご存じありませんでした。世界遺産というのは、意外と当事国だけが沸き立っているものなのかな?、と想像した次第

面白い質問、意外な質問、難問、珍問

前日の新聞で、今年の富士山登山者(7・8月)が32万人、7月14日は1日で1万人以上が登頂、4ルートあり登山者の約6割が吉田口から、との記事があり、このことを説明。登山者数にびっくりされた様子でした。数はどうやって測るのかとの質問あり。たまたま同新聞記事の中で、現在は8合目付近で赤外線(infrared ray)カウンターが設置されていることが報じられていたので、助かりました。

このツアーで特に準備したこと

今回のツアー全体が判る手作りマップを用意しお渡しました。
女性がベジタリアンということをお聞きしておりましたので、次項にありますとおり、ハイランドホテル内のビュッフェ店が適当かと思い、確認のため同店へ電話したのですが、当日は団体客で貸切とのことでした。従い、同じホテル内にある洋食店を仮予約しました。
箱根ロープウェイの運行を確認したところ、定期点検のため当日の運行は早雲山駅から大湧谷までのみということが判明しました。従い、運転手さんには、大湧谷駅で待っていただくべく当日打合せました。

このツアーで特に配慮したこと

女性がベジタリアンということは事前にお聞きしておりました。社内の会話を通じて、卵・乳製品は問題なしということでしたが、肉・魚系の出汁やスープストックも一切ダメということで和食は断念しました。前日にハイランドホテル内の洋食店に電話したところ、ベジタリアン用の特別メニューはないが、充分に対応できるとのことでしたので、仮予約しておきました。
二名の男性も昼食は女性と同じ店でというご要望でした。従い、幸いにも食事の問題は一切起きず。
ベジタリアンの女性は、野菜サラダとスパゲッティカルボナーラを注文されました。因みに小生も、ものは試しと全く同じメニューを食しましたが、やはり我々には肉・魚一切なしでは物足りないですよね。

旅を終えた感想

天気が良くなかったのがとても残念でした。お客様は最後まで紳士・淑女で、お別れするときも笑顔で、とても面白かったと言ってくださったので少しほっとしました。

私のお勧め観光スポット

特に観光スポットということではありませんが、当日全く渋滞なく、帰りに少し時間の余裕があったので、渋谷のスクランブル交差点を経由しました。
ちょうど歩行者がどっと出たところで、お客様三人共とても興味深そうなご様子でした。

Short Essay

NHK教育テレビ「100分で名著」(水曜日午後11時〜25分間)、今月(9月)は「古事記」。
特にテキスト(550円)がとてもおもしろい。
最近読んだ本でおもしろかったもの。
橋爪大三郎著 「世界は宗教で動いている」光文社新書。とてもわかりやすい。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

英語と日本文化の両方を勉強できる、こんな楽しいことが他にあるでしょうか。
楽しみながら勉強されることがおすすめです。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ