« 私の通訳ガイド物語トップへ

辻村さん

辻村 学さん

富士アカデミー2005年度
合格者
通訳ガイド免許番号
(登録番号)
東京都第EN01998号

自己紹介

30年間勤めた会社を2006年いっぱいで早期退職し、高校生の頃から好きだった英語を活かして日本文化を紹介できるガイドの世界に飛び込みました。

<私のモットー>
出来るだけ事前に計画を立て、準備する。

旅行の概略

日程: 2008年6月14日(土)。
お客様: 通訳案内士の方1名(女性)と通訳案内士を目指して勉強中の方1 名(男性)の合計2名を英語で案内しました。
訪問箇所: 東京駅丸の内中央口〜和田倉噴水公園〜皇居(二重橋前)〜皇居(東御苑、
天守台跡、尚三館) 〜東西線「大手町」〜銀座線「浅草」〜案内所〜
浅草寺(雷門、仲見世、宝蔵門、本殿)〜浅草神社〜神谷バー付近で解散(16:40)

ガイディングの実際

  • 東京駅のリニューアル工事の説明。
  • 丸ビル、新丸ビルの紹介。
  • 和田倉噴水公園の説明。
  • 巽櫓の説明。
  • 何故、砂利が敷いてあるかの説明。
  • インターネットで申し込めば皇居の中に入れることを説明。また、1月2日と12月 23日には、許可なしで中に入れることを説明。
  • 二重橋の説明。
  • 富士見櫓の説明。 (東御苑)
  • 桝形の広場の説明。鯱の説明。
  • 番所の説明。
  • 二の丸庭園の「しょうぶ」が見事でした。ここには、日本庭園が必要としているもの が全て揃っていることを説明。
  • 各県の木のことを説明。
    天守台に行く前に、女性の方は、別の用事があるということで、お帰りになりました。
  • 桃華楽堂について説明。
  • 天守台について説明。 donjon という言葉には、prison という意味もあることを説 明。
  • 尚蔵館に入りました。売店でしばらく休憩。 (地下鉄にて移動)
  • 地下鉄の「大手町」まで歩き、東西線で「日本橋」まで移動。そこで銀座線に乗り換え。
    乗り換えの際、思った程は歩きませんでした。 (浅草)
  • まず、案内所に行き、資料をもらいました。
  • 雷門、風神(修理中)、雷神、提灯について説明。
  • 仲見世について説明。浅草寺の起こりについて説明。
  • 宝蔵門の仁王像について説明。大きなわらじについて説明。
  • 五重の塔について説明。
  • お守りについて説明。
  • 香炉について説明し、煙を体に付けるしぐさをするのを実演。
  • 本堂の天井の絵について説明。
  • 本堂の脇に回り、靴を脱いで上にあがり、しばらく座っていました。
  • 浅草神社について説明。
    浅草神社の近くで、サルの芸をしばらく見ていました。
  • 「今半別館」、「三定」、「尾張屋」、「神谷バー」を紹介しました。
  • アサヒビールの本社の建物、オブジェについて説明。
  • 浅草から出ている船について説明。
  • 神谷バーの近くで解散しました。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

パレス・ホテルは出来てから何年ぐらいか。

このツアーで特に準備したこと

年号や説明箇所について資料やノートを見て確認しました。

このツアーで特に配慮したこと

ちゃんとついて来るかを時々、振り返って確認しました。

旅を終えた感想

おせじだと思いますが、解散の時に、素晴らしいガイドでしたと言ってもらいました。

私のお勧め観光スポット

東御苑の菖蒲、あじさいがきれいでした。とても落ち着く場所です。

Short Essay

時々、レストランやバーで、まだ行ったことのないところに行ってみています。  最近のお勧めは、銀座ブルガリ本店10Fのバーです。少し高いですけど、ゆったりとし ていて、それほど混んでいないし、お勧めです。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

諦めないで勉強を続ければ、道は開けると思います。頑張ってください。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ