« 私の通訳ガイド物語トップへ

若松さん

若松 君江さん

2003年度富士アカデミー卒業生
通訳ガイド免許番号(登録番号) 千葉県第975号

自己紹介

千葉県、東京都公立中学校で勤務後、ガイドとして昨年デビュー。ガイドとしてはま だまだ経験も浅く、これからの研鑽が求められます。

<私のモットー>
日本文化、日本人を理解してもらうことで国際貢献につながればうれしい。

旅行の概略

日程: 東京駅(1:40)〜皇居東御苑2:00〜二重橋〜日比谷線日比谷駅〜4:00浅草寺
終了5:00
お客様: 日本人4名
訪問箇所: 訪問箇所:東御苑、浅草寺

ガイディングの実際

1:00東京駅到着、1:40旅程を渡し、今日の予定、東京駅の概略説明後、出発。丸の内ビジネス街説明、丸ビル、三菱地所所有のビルについて。2:05大手門到着 百人番所、二の丸庭園、都道府県の木、本丸跡、松の廊下跡(忠臣蔵の話)大手門に戻り二重橋へ。富士見櫓、皇居前広場の説明をしながら、主な皇居内の建物の説明、一般参賀の話、二重橋の名前の由来を話す。 南北朝時代後醍醐天皇忠臣、楠正成の話、楠公像が酸性雨の被害にあっていることなど。

3:30日比谷駅到着。3:40改札到着。4:10浅草雷門到着、電車の中で日本の宗教に触れる。雷門、仲見世、宝蔵門、香炉、五重塔、手水舎、本堂、浅草神社、二天門説明、おみくじ、招き猫、絵馬の話などをしながら雷門に戻る。5:00ガイディング終了。

ハプニング

前日午後ガイディング依頼の電話を受け取り、下見をするより、説明を頭に入れることを優先し準備にあたった。このため皇居東御苑内の潮見坂になかなか着かず、道順を間違えあわててしまった。また日比谷駅近くの第一生命館を間違えて指差し失敗。下見の重要性を再認識した。

面白い質問・意外な質問・難問・珍問

諏訪茶屋では今でも茶会が催されるのか。

このツアーで特に準備したこと

浅草寺のマップを準備。忠臣蔵、南北朝について確認をした。

このツアーで特に配慮したこと

ガイド志望の日本人のお客様ばかりであることも考慮し、忠臣蔵、楠公像を簡略に説明するために苦慮した。雨天の中歩きながらの説明が4名のお客様に届くよう、大きな声でやろうと思った。

旅を終えた感想

皇居は下見をしたことがあっても不安だった。不安が的中しお客様には迷惑をお掛けする事になってしまったが、無事終了することができほっとしました。

私のお勧め観光スポット

東御苑は雨天ながら、日本的な美を感じ取れる場所としてお勧め。参観客は少なく、ゆったり歩くには絶好の場所と思います

Short Essay

司馬遼太郎、山岡荘八などの歴史小説を読むのが好き。徳川家康25巻をもう一度読み返したい。海音寺潮五郎、吉川英治などにも手を伸ばしたい。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

ガイドをするといつの間にか自分が愛国主義者に変身する。日本人に生まれたことを誇りに思う瞬間かもしれません。自分のアイデンティティーを再認識することができる仕事です。生きてきたことがそのまま生かせます。自信を持って挑戦してください。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ