« 私の通訳ガイド物語トップへ

矢口さん

矢口 照雄さん

富士アカデミー2008年度
合格者
通訳ガイド免許番号(登録番号)
東京都第EN02576号

自己紹介

昭和18年生まれ、69歳、日蘭友好協会会員、青山学院大学洋学史研究会会員、青学カルチャーセンターにて古文書勉強中、国分寺市文化団体連合会役員、同市公民館運営審議副委員長、同市国際協会会員、同市いずみホール運営委員、趣味は、尺八、特に古典尺八(本曲)

<私のモットー>
至誠天に通ず、千里の道も一歩から、継続は力なり

旅行の概略

日程: 2013年12月3日(火)、9時〜17時
お客様: メキシコ人男性1名、アメリカ人男性1名
訪問箇所: 明治神宮〜皇居(二重橋、二の丸庭園、天守台跡、他)〜浅草〜隅田川遊覧
〜浜離宮恩賜庭園

ガイディングの実際

今回は、ウォーキングツアーのためメトロ、JRを利用して移動、電車乗換がかなりあるのでかなりハードな仕事です。御客もjet lagもあり、最後の浜離宮ではI am tired.を連発。

ハプニング

アメリカ人2人のはずだったが、実際はメキシコ人男性(30歳前後、離婚し今は独身)とアメリカ人男性(23歳、独身)、アメリカ人はメキシコ生まれで昨年大学を卒業、今はTexas州に住んでいるとのこと。2人の会話はすべてSpanish

新たな発見

今回の御客は日本人と一緒に写真を撮りたがり、明治神宮の警備員、昼食時に浅草の寿司屋のおかみさんにお願いして写真に加わってもらった。浅草の仲見世通りではお相撲さんが2人歩いていたが、別の観光客に先取りされチャンスを逃す。旅行の記念に旅先の人たちとの写真を望む観光客の気持ちを発見。

面白い質問、意外な質問、難問、珍問

明治神宮に向かう途中、お茶の水で総武線の一両目に乗りましたら、車内にWomen's onlyと書かれた張り紙をみて、Why?Why?と。9時を過ぎており、男性も何人か乗っていましたので、慌てず説明。
明治神宮では結婚式の行列を熱心に撮影、花嫁の白装束について、Why?Why?社殿では5〜6人が神主と祈祷をしていましたが、突然大太鼓がドーン、ドーンとなりだし、またWhy?
皇居二の丸庭園では水中写真はOKかと聞かれたので、OKと言うと、何とあのインドネシア鯉と日本の錦鯉のmixであるfinの大きな錦鯉を水中撮影。

このツアーで特に準備したこと

ウオーキングツアーなので、道順を前もって下見、浅草・吾妻橋発(2字40分)も調べておき、午後5時には御客の旅館に送り返せるよう時間割を準備しました。

このツアーで特に配慮したこと

二人とも日本ははじめてで日本語は全然解らないとのことなので、ありがとう、エキスキューズミーを教える。すると電車のなかで、早速実行された。1週間日本に滞在するというのでPolice Boxの有効活用を教える。案内場所が徳川幕府とすべて関係しているので近世、近代・現代史を復習。家康が17世紀始めメキシコ(当時はスペイン領)との通商を望み、商人を派遣した話をしたら2人とも真剣に聴いていました。(田中勝介、1615、アメリカ大陸に始めてわたった日本人)

旅を終えた感想

毎日ABC放送を聴いているので、話題に事欠くことがなく、ホッとしています。
ケネデイ大使が天皇陛下に面会したことや、東北の被災地を訪問したことをよく知っていました。

私のお勧め観光スポット

Sky Tree
浅草へ行くと、Sky Treeが否応なく目に入ります。御客は写真を撮り始めます。
もう少し陽が長ければ、浜離宮へ行く前に案内したいです。

Short Essay

今、読んでいるのは、「Sushi beyond What the Japanese know about Cooking by Michael Booth」,「Giants of Japan by Mark Weston」の2冊、「The Japan News」 は新聞で以前から続けています。
また、毎日聴いているのはABCとBBC、大事なことは読んでも解らない文章は聴いても解りません。
如何に読書が大事であるか。

勉強中の後輩へ励ましの言葉

頑張って下さい。1次試験合格を目指している方も、千里の道も一歩から、継続は力なりを座右の銘とし己を戒め頑張って下さい。

« 私の通訳ガイド物語トップへ このページのトップへ