通訳ガイドの喜怒哀楽-富士通訳ガイドアカデミー
富士通訳ガイドアカデミー
ホーム 学校紹介会社概要 アクセスマップ よくあるご質問 お問合せ
通訳ガイド 資料請求 説明会 授業見学 コース案内 入学申込 英検1級 通訳・翻訳派遣
通訳ガイド関連メニュー
合格関連情報
合格者体験談
合格者一覧
合格祝賀会
現役通訳ガイド講演会
合格インタビュー
通訳ガイドの喜怒哀楽
ガイド試験情報
通訳ガイドの意義
試験施行要領
試験日程
試験データ
試験傾向と対策
1次英語攻略法
1次社会攻略法
2次試験攻略法
ガイド試験問題
英語1次試験問題
社会1次試験問題
2次レポート
他外国語1次
使用テキスト
講師のご紹介
通訳ガイドの喜怒哀楽

私の通訳ガイド奮戦記(第3話)     

 |  第1話  |  第2話  | 第3話 | 第4話  | 第5話 | 第6話 | 第7話
 |  第8話  | 第9話  |  第10話  |

通訳ガイド岩波さん 高宮 暖子さん
(2002年度当校合格者)

フリー通訳ガイド

通訳ガイド体験記(番外編)


1.ツアー概要
お 客 様 欧州各国から招かれた VIP 夫妻はじめ7名+日本企業側数名
期   日 2005年4月20日
旅 行 地 熊本市 内(熊本城、水前寺公園)

2.体験記

2回目の熊本ツアーに向けて

3月28日に熊本で初めての通訳ガイドを経験してからおよそ3週間後、まだ入会して間もない九州通訳ガイド協会から、 熊本市 内観光ツアーの依頼をいただきました。今回はとある日本企業が取引先のお客様をおもてなしする大切なツアーです。前回家族ツアーを引き受けた時とはまた違った緊張感に包まれながら、事前準備に取りかかりました。

朝、大地震が発生

ツアー当日の4月20日、熊本の手前にある長洲という場所で、朝の9時から依頼主企業の方とその日の打ち合わせをすることになっていました。私の住む博多から長洲まで、特急列車で1時間半近くかかります。出発前に娘を保育園に預けることも考え、当日の朝は5時半には起きて支度を始めていました。

6時11分頃、身支度をしていた時、突然ガタガタと大きな音をたてて部屋が揺れ、コンロにあったヤカンからは沸かしたてのお湯が飛び出しました。わけもわからず床にうずくまって揺れがおさまるのを待ち、娘の寝ている部屋へ駆けつけると、当人は地震に気づきもせずスヤスヤと眠っていました。

電車が運行禁止に

続いてテレビをつけ、ニュースを追いました。一ヶ月前の福岡西方沖地震の余震で、震度は5強、電車は全面運行禁止、高速道路も通行止めということです。早速依頼主企業の方の携帯に連絡し指示を仰ぐと、電車の復旧を待ち、お昼から合流できるようであれば熊本空港に直接来てほしいということでした。まずはすぐ動ける体制にしようと思い、保育園に娘を預け、博多駅前へ行って待機しました。周りには同じように電車の復旧を待つ多くの通勤客が携帯を片手に立ち尽くし、駅前ビルの壁面にある大画面テレビが映し出す地震速報を食い入るように見つめていました。

予約タクシーと軽自動車で空港へ

30分程経過した頃、依頼主企業の方から連絡が入りました。高速道路が復旧したので手配する予約タクシーに乗って来てほしいということでした。次いでタクシー会社から車ナンバーや場所の指示があり、そこで待つこと数分間、到着した車に乗り込みました。その運転手さんは地震のため予定より早い出勤で、私をピックアップしに来るまでにも何人ものお客さんから乗せてほしいと頼まれたそうです。実際、タクシー乗り場には行列ができていました。無事タクシーに乗車した旨を依頼主企業の方に携帯電話で報告すると、途中の鳥栖JCTで別の車に乗り換えてほしいという指示がありました。

道路は予想に反して空いており、鳥栖JCTにはあっという間に到着しました。そこで待機していた軽自動車に乗り換え、熊本空港へ向かいました。ツアーのお客様が空港に到着されるのは午前11時過ぎです。ガラガラの高速道路を軽自動車で快走、無事15分前に熊本空港に無事到着、お客様、観光バスと合流しました。ここまでに携帯電話を何回かけ合ったことでしょう。依頼主企業の方と、タクシー会社の方と、軽自動車で迎えに来てくださる方と・・・20回は軽く越えたことと思います。携帯電話の便利さを改めて痛感しました。何よりも、道路が早く復旧したこと、携帯が不通にならなかったことは本当にありがたかったです。1ヶ月前の本震の際は、両方とも長時間にわたり途絶えていたのですから。

鯉の寿命は?

昼食を済ませたお客様をお迎えし、ようやくツアーが始まりました。今回は2度目の 熊本市 内観光で、初回よりもはるかに余裕を持って説明することができましたが、水前寺公園で鯉の寿命について尋ねられたときは答えにつまりました。幸い他のお客様が代わりに答えてくださり、ほっとした次第です。他には植物の名前についてよく聞かれます。代表的な木や花については説明できるようにしておかなければなりません。少なくとも `I don't know' と言ってお客様をがっかりさせてはいけないので、気転を利かせ、誠意ある回答をすることが大切です。この日はとても気持ちのよい天気で、お客様は終始にこやかにツアーを楽しまれました。

地震から学んだこと

まさかガイドの日に大地震が起こるなどとは予想もしていませんでした。本当に驚きましたし、当たり前ですが、こんなときの対応など学んだこともありません。それでも何とかできたのは、依頼主企業の方、タクシー会社の方が適切に指示を下さったからだと思います。またそれだけでなく、悪いですね、申し訳ありませんね、と電話のたびに一言添えてくださったのも、とてもうれしく勇気付けられました。ツアーの最中には、お客様のおもてなしで手一杯のはずの企業の方が、私がどうやって熊本まで来たのかと心配してくださいました。非常事態のときこそ人柄が出るものだと、改めて実感した次第です。それに比べ、私は指示を聞いて自分のことをするだけで精一杯だった気がします。今回お世話になった方たちのように、大変な時こそ他人を思いやれる余裕を身につけることが私の今後の課題です。

最後にお世話になった皆様へお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。


このページのトップへ▲

Copyright(C) FUJI ACADEMY. All Rights Reserved.
一覧に戻る